【2023 REGZA】 TVS REGZA(旧東芝)テレビの機能を比較評価|X9900M・Z970M・Z870M

本記事の一部リンクには広告が含まれています。
【2023 REGZA】 TVS REGZA(旧東芝)テレビの機能を比較評価|X9900M・Z970M・Z870M記事のアイキャッチ

この記事では、2023年発売モデルのTVS REGZA(旧東芝)のテレビブランドであるREGZA(レグザ)について、「標準機能の違いと各モデルの機能評価」を行いました。

標準機能の違いが直接モデル格差へつながるため、欲しい機能が実装されていることを把握することは重要です。

映像美を優先させるのか?それとも音響システムか?はたまた外部接続やテレビゲームとの相性か?価格が安いだけでテレビを選んだら次の買い替えまで数年間後悔することになりかねません。

TVS REGZA(旧東芝)・レグザ2023年モデル、X9900M・Z970M・Z870Mの標準機能とモデルごとの機能格差を知れば、見たい、やりたいが思い通りのテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2023年発売TVS REGZA(旧東芝)レグザ標準機能の把握
  • シリーズごとの標準機能の違い
    • 対象:X9900M・Z970M・Z870M
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

TVS REGZA(旧東芝)・レグザ2023モデル|X9900M・Z970M・Z870M|

TVS REGZA(旧東芝)レグザの2023年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
TVS REGZA(旧東芝) 4K有機ELレグザ X9900M本体正面の画像
X9900M
TVS REGZA(旧東芝) 4K液晶Mini LEDレグザ Z970M本体正面の画像
Z970M
TVS REGZA(旧東芝) 4K液晶Mini LEDレグザ Z870M本体正面の画像
Z870M
映像有機ELMini LED
液晶
Mini LED
液晶
音響立体音響立体音響立体音響
サイズ
展開
77v|65v
|55v
85v|75v
|65v
75v|65v
|55v
進化
レベル
デザイン普通普通
価格高い高い
詳細確認詳細確認詳細確認
レグザ2023年モデル概要

レグザ2023年モデル比較項目

「比較チェック」ボタンから各モデルの機能違い一覧へジャンプできます。

チューナー数比較チェック
ネットワーク比較チェック
外部端子&エンターテイメント連携比較チェック
映像機能比較チェック
音声機能比較チェック
その他機能比較チェック

↑ 目次へ戻る

2023年モデルレグザ機能比較TVS REGZA(旧東芝)・レグザ

2023年発売のTVS REGZA(旧東芝)・レグザの機能を全てのラインナップ(X9900M・Z970M・Z870M)で分かりやすく横並びで比較しました。

チューナー数

今や地デジやBS/CSチューナーのみならず、4K放送の受信に必要なチューナーも多チャンネル化が常識です。

特に沢山の番組を録り溜めて後で視聴することが多いテレビユーザーは、4K放送は2チューナー、地デジとBS/CSは3チューナーを備えた機種がおすすめです。

TVS REGZA(旧東芝)・レグザと言えば6番組を24時間録画可能な「タイムシフトマシン」なので、機能を備わった機種はもちろのこと、TVS REGZA(旧東芝)・レグザに適合する大容量外付けHDDを準備して見逃しを防ぎましょう。

2023年モデルのコンセンサス

2023年モデルのテレビに関するチューナー数のコンセンサスは、2022年モデルから変化はありません。

2023モデルのコンセンサス
  • 4K放送を見ながら別の4K放送が録画可能
  • 地デジ3チューナー/BSCS3チューナー/4K放送2チューナー
  • 2画面同時視聴

レグザ各モデルの比較

評価
項目
X9900MZ970MZ870L
地上波
デジタル
9
BS/CS
デジタル
3
BS/CS
4K
2
4K 2番組
同時録画
⭕️
2画面
対応
2023モデルレグザチューナー数比較
えだまめくん

レグザの場合、タイムシフトマシン搭載モデルは地デジ9チューナーで、非搭載モデルは3チューナとなります。

リーズナブル派

前期もそうだったけど、やっぱり2画面対応が廃止されているわ。でも、タイムシフトマシンは継続ね。

今期コンセンサスのチューナー数なら「裏録」はもちろん、「同時録画」も自由自在なので大容量の外付けHDDを同時に準備しましょう。

特にタイムシフトマシン搭載のTVS REGZA(旧東芝)レグザでは動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えることをおすすめします。

\ レグザ対応の外付けHDD情報はこちら! /

レグザに適合する電源レスのコンパクトHDDがおすすめです♪

↑ 目次へ戻る

ネットワーク

家庭内の無線LANへ接続することで、テレビ放送だけでなくVODも活用でき視聴の幅が大きく広がります。

また、無線で繋がるBluetoothの活用範囲も広がり、無線対応のスピーカーへ接続するだけではなく、リモコンにも採用されていれば反応の悪さに悩むことも無くなります。

2023年モデルのコンセンサス

2023年モデルのテレビに関するネットワークのコンセンサスは、2022年モデルから変化はありません。

2023モデルのコンセンサス
  • Bluetoothで外部接続&リモコン操作

レグザ各モデルの比較

評価
項目
X9900MZ970MZ870M
無線
LAN
⭕️
Bluetooth
オーディオ
⭕️
Bluetooth
リモコン
VOD
対応
⭕️
2023モデルレグザネットワーク機能比較
えだまめくん

今期もリモコンが未だに赤外線ということが、レグザの大きな弱点と言えます。

コスト重視派

レグザのリモコンは反応が悪いんだよね。なんでBluetoothへ改善しないのかな?

VODサービスについて、もっと詳しく知りたいならこちらを参考にして下さい。

Bluetoothで簡単にワイヤレスイヤホンも接続できます♪

ワイヤレスイヤホンを使用すれば、テレビの音量を気にせず大迫力の没入感に浸れます。

こちらのリンク→ワイヤレスイヤホン関連記事を参考にして下さい。

おすすめのワイヤレスイヤホンもレビュー!

↑ 目次へ戻る

外部端子&エンターテインメント連携

外付けHDD接続には無くてはならないUSB端子。マルチに活躍するHDMI端子は最新バージョンに対応していることが重要です。

特に高解像度のゲーム機を利用するなら、ゲーム機能の対応状況も見逃してはなりません。

2023年モデルのコンセンサス

2023年モデルのテレビに関する外部端子&エンターテインメント連携のコンセンサスは、2022年モデルから変化はありません。

2023モデルのコンセンサス
  • USB3.0/USB2.0各1つ以上
  • eARC対応(HDMI)
  • HDMI2.1規格と4K120p入力対応(ゲーム)

レグザ各モデルの比較

評価
項目
X9900MZ970MZ870M
USB
端子
4
HDMI
端子
4
eARC
HDMI
⭕️
HDMI2.1⭕️
4K/120p対応⭕️
VRR⭕️
2023モデルレグザ外部端子&エンターテイメント連携機能比較
えだまめくん

外部端子&エンターテインメント連携については、今期のコンセンサスを100%満たしています。

リーズナブル派

下位モデルが追加投入されると変わってくるかもね。レグザは新製品発表のキレの悪さがあるからね。

入力端子の役割を理解すれば、もっとテレビを活用できます。

↑ 目次へ戻る

映像機能

2023年のテレビ業界の話題は、液晶のバックライト精度を向上させ、有機ELに負けない高コントラスト化を実現する「Mini LED」技術です。

有機ELパネルの向上施策はもちろん、液晶パネルに「Mini LED」を採用した製品を発売しているのかも注目しましょう。

2023年モデルのコンセンサス

2023年モデルのテレビに関する映像機能のコンセンサスは、新たに「Mini LED液晶モデルの追加」が進化のカギとなります。

2023モデルのコンセンサス
  • AIアップコンバート
  • HDR10+ ADAPTIVE&Dolby Vision IQ対応
  • Mini LED液晶モデルの追加

TVS REGZA(旧東芝)・レグザでDVDを再生するなら「テレビで見るための【DVDプレーヤー4選】安く買って簡単に接続する方法」でまとめて紹介しています。

レグザ各モデルの比較

有機ELテレビ
評価項目X9900M
新モデル
X9900L
旧モデル
映像再現4K4K
パネル
方式
新開発 レグザ専用有機ELパネルモジュール新世代 レグザ専用高コントラスト有機ELパネル
輝度
アップ
レグザエンジン ZRαレグザエンジン ZRα
パネル
反射対策
ブルーライトカット
低反射 ARコート
ブルーライトカット
自動
画質調整
ミリ波レーダー高画質
レグザエンジン ZRα
AI ナチュラル フォーカス テクノロジーPRO
ナチュラルフェイストーンPRO
ネット動画ビューティPRO
地デジAIビューティPRO
おまかせAIピクチャーPRO
AIコンテンツ判別
アニメ顔検出
レグザエンジン ZRα
AI ナチュラル フォーカス テクノロジー
美肌AIフェイストーンZRα
ネット動画AIビューティZRα
地デジAIビューティZRα
おまかせAIピクチャーZRα
広色域3次元カラーリマスターPRO
64色軸リッチカラーイメージコントロール
3次元カラーリマスターZRα
64色軸リッチカラーイメージコントロール
高コント
ラスト
ディープブラックコントロールPROディープブラックコントロールPRO
HDR
規格対応
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
高精細AI HDRオプティマイザーPRO
ローカルコントラスト復元
AI HDRオプティマイザーZRα
ローカルコントラスト復元
倍速機能4K倍速有機ELパネル4K倍速有機ELパネル
映像
モード
プロユース映像分析・設定機能
瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
レグザUSBパワーデリバリー
プロユース映像分析・設定機能
有機EL瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
ポータブルゲーム機対応
AMD FreeSync™ Premium対応
2023モデル有機ELレグザ映像機能比較
えだまめくん

4K有機ELレグザは今期のコンセンサスを満たしています。

こだわり派

結構多彩に刷新しているだ。

液晶テレビ
評価項目Z970MZ870M
映像再現4K
パネル
方式
新開発 Mini LED液晶広色域量子ドットパネルモジュール
輝度アップレグザエンジン ZRαレグザエンジン ZR
パネル
反射対策
ブルーライトカット
低反射 ARコート
ブルーライトカット
低反射パネル
自動
画質調整
ミリ波レーダー高画質
レグザエンジン ZRα
AI ナチュラル フォーカス テクノロジーPRO
ナチュラルフェイストーンPRO
ネット動画ビューティPRO
地デジAIビューティPRO
おまかせAIピクチャーPRO
アニメ顔検出
レグザエンジン ZR
ナチュラルフェイストーン
ネット動画ビューティ
地デジAIビューティ
おまかせAIピクチャー
広色域3次元カラーリマスターPRO
64色軸リッチカラーイメージコントロール
3次元カラーリマスター
広色域量子ドット
高コント
ラスト
Mini LEDエリアコントロールPROMini LEDエリアコントロール
HDR
規格対応
HDR10
HDR10+ ADAPTIVE
HLG
Dolby Vision IQ
高精細AI HDRオプティマイザーPRO
ローカルコントラスト復元
HDRオプティマイザー
HDRリアライザー
倍速機能4K液晶倍速パネル
映像
モード
プロユース映像分析・設定機能
広視野角 ワイドアングルシート
瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
レグザUSBパワーデリバリー
瞬速ゲームモード
オートゲームアジャスト
AMD FreeSync™ Premium対応
レグザUSBパワーデリバリー
2023モデル液晶レグザ映像機能比較
えだまめくん

今期のレグザMini LEDモデルは、サイズ展開から見て普通の液晶テレビと違ったカテゴリーとなっています。

コスト重視派

明らかに機能差はあるけど、どちらのモデルも今期のコンセンサスは満たしているね。

こだわり派

同じフル装備であっても、中身に差がつくことが分かるのだ。

リーズナブル派

多くの機能を諦めずに選択肢の幅を広げられるなんて素晴らしいわ。

4Kはもちろん、せっかく美しいパネルでテレビを視聴できるなら、美しいままで録画できる東芝(TVS)レグザ適合の大容量外付けHDDを導入することをおすすめします。

\ レグザ対応の外付けHDD情報はこちら! /

レグザに適合する電源レスのコンパクトHDDがおすすめです♪

↑ 目次へ戻る

音声機能

ここ数年、ドルビーアトモスによる立体音響技術搭載の機種が当たり前となっています。

2021年モデルからは立体音響ソースのみならず、通常のステレオソースも立体音響化する傾向にあり、2023年モデルの展開も引き続き注目。

立体音響はデジタル技術で擬似的に表現されますが、例えばパナソニック・ビエラの上位機種は映画館に近いスピーカー構成で他社とは一線を画しています。

2023年モデルのコンセンサス

2023年モデルのテレビに関する音声機能のコンセンサスは、2022年モデルから変化はありません。

2023モデルのコンセンサス
  • Dolby ATMOS標準対応
  • ステレオ音声の立体化

レグザ各モデルの比較

有機ELテレビ
評価項目X9900M
新モデル
X9900L
旧モデル
立体音響Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
スピーカー
出力
90W90W
スピーカー
構成
7.1.2ch7.1.2ch
自動
音質調整
ミリ波レーダー高音質
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
その他ハイレゾ対応
2023モデル有機ELレグザ音声機能比較
えだまめくん

今期はスピーカー構成に進化はありませんが、ハイレゾ対応やミリ波レーダー対応で高音質化を図っています。

こだわり派

ステレオ音声の立体化についてまだ余地があるのだ。

液晶テレビ
評価項目Z970MZ870M
立体音響Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
スピーカー
出力
85v=82W
75v/65v=112W
60W
スピーカー
構成
85v=6.2.2ch
75v/65v=8.1.2ch
4.1.2ch
自動
音質調整
ミリ波レーダー高音質
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
オーディオキャリブレーション
おまかせAIサウンド
2023モデル液晶レグザ音声機能比較
えだまめくん

Z970Mは以前のレグザを彷彿とさせる構成ですが、立体音響はもう一歩進化が必要です。

コスト重視派

ハードは内容的に最高なんだな。

リーズナブル派

後出しで低位モデルが投入されると比較表も変わるわね。

↑ 目次へ戻る

2023年モデルレグザ機能評価TVS REGZA(旧東芝)・レグザ

2023年発売のTVS REGZA(旧東芝)・レグザの機能を全てのラインナップ(X9900M・Z970M・Z870M)で評価しました。

また、この記事独自の視点とそれぞれのモデルにマッチする購買層も明確にしています。

4K有機ELレグザ X9900Mシリーズの機能評価

TVS REGZA(旧東芝) 4K有機ELレグザ X9900M本体正面の画像
4K有機ELレグザ X9900M
X9900M機能評価

評価:4.5

こだわり派

今期も一部物足りない部分もあるが、細かい進化も見逃せないのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

前モデルの進化が大きかったから少し心配したけど、まだまだ良くなってるわね。でも、リモコンと立体音響の応用は不満。

評価:4.5

コスト重視派

すごい内容だと思う。でも、ちょっと独りよがりのような…

えだまめくん

前モデルからやっと立体音響にも対応しましたが、その先に少し不安が残ります。でも機能水準は高いですね。

X9900Mがおすすめの人
  • 映像も音響もレグザが好きな人
  • コストにこだわらない人

\ X9900Mの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ X9900Mに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ Z970Mシリーズの機能評価

TVS REGZA(旧東芝) 4K液晶Mini LEDレグザ Z970M本体正面の画像
4K液晶Mini LEDレグザ Z970M
Z970M機能評価

評価:4.5

こだわり派

有機ELのX9900Mとどっちがフラッグシップモデルか分からないのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

有機ELがどうしても気に入らないという人には重要な選択肢になるわ。

評価:4.5

コスト重視派

価格的には買えない領域だけど、Mini LED液晶の可能性を広げる良いモデルだと思う。

えだまめくん

ここまでやると何も言えませんね。あとはコンセンサスを満たせないレグザ全体の問題ですね。

Z970Mがおすすめの人
  • 最高機能のMini LED液晶テレビが欲しい人
  • タイムシフトマシンに魅力を感じる人
  • コストにこだわらない人

\ Z970Mの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ Z970Mに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶レグザ Z870Mシリーズの機能評価

TVS REGZA(旧東芝) 4K液晶Mini LEDレグザ Z870M本体正面の画像
4K液晶Mini LEDレグザ Z870M
Z870M機能評価

評価:4.5

こだわり派

わしは圧倒的にZ970M推しだが、Z870Mもなかなか良いモデルだと評価するのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

上位モデルときちんと棲み分けされているのに、機能的には満足感が高いのよね。

評価:4.5

コスト重視派

価格が安かったら買っちゃうかも。

えだまめくん

お手頃なMini LEDテレビですが、機能面で妥協しなくて済みそうなモデルです。

Z870Mがおすすめの人
  • Mini LEDの液晶テレビを安く買いたい人
  • タイムシフトマシンに魅力を感じる人
  • コストにこだわる人

\ Z870Mの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ Z870Mに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

標準機能の評価まとめ2023年モデルTVS REGZA(旧東芝)・レグザ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
X9900M4.5
4.5
4.5
Z970M4.5
4.5
4.5
Z870M4.5
4.5
4.5

この記事では2023年発売のTVS REGZA(旧東芝)・レグザの標準機能の違いと各モデルの機能評価を行いました。

今期のテレビ業界の目玉は、液晶テレビのバックライトに「Mini LED」を採用した機種を各社ラインナップしていることですが、TVS REGZA(旧東芝)・レグザもその1社。

昨年のモデル更新が若干薄かったこともあり、今期は大幅な刷新となりましたが、レグザらしさは踏襲しているので先ずは一安心です。

タイムシフトマシン搭載モデルか非搭載モデルか、どちらを選ぶか悩ましいのが今期のレグザでしょう。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

2023年TVS REGZA(旧東芝)・レグザ関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

新しいテレビと一緒に買いたい!

2023年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
【2023 REGZA】 TVS REGZA(旧東芝)テレビの機能を比較評価|X9900M・Z970M・Z870M記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!