4K液晶テレビ パナソニックビエラ HX750 ③機能はおすすめ評価できるか?

HX750 IC 3

Panasonic VIERA 液晶テレビ HX750の徹底評価。

4つの視点から分析する今回は、3回目「HX750の機能」を細かく見て行きましょう。

2回の分析で、HX750はパナソニック液晶ビエラ最廉価版の普及機であり、同じクラスの他社製品と比べサイズバリエーション少ない機種であることが分かりました。

果たして基本機能も劣るのか?

いつもの3人によるビエラHX750の評価を参考に、自身のライフスタイルにマッチした機種であるかを見極めて下さい!

登場人物

価格よりも機能を重視

こだわり派

こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派

リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。

機能そこそこで価格を重視

コスト重視派

コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

Click to Contents!!
Sponsored Links

4K液晶テレビ パナソニックビエラHX750の「機能」を徹底解剖

購入者層で大きく要望が異なる「機能」面について解説しましょう。求める機能とマッチするか慎重に見極める箇所ですね。

えだまめくん

先ずは機能面に関する皆さんの総合評価です。

基本機能の総合評価

評価:3.3

こだわり派

細かく間引きされてはいるが、基本機能として必要なものは標準装備で安心なのだ。

評価:3.1

リーズナブル派

機能全般は一応揃ってはいるけど、端子の数など用途に合わせ確認が必要よ。

評価:2.8

コスト重視派

特にチューナー数は要注意だね。ダブル録画が必要な場合は他の製品を選びましょう。

えだまめくん

このクラスは細かい点で上位機種との違いが多く、使途に合わせた標準機能の確認が必須です。また、質感も劣るので現物確認も重要。

ビエラHX750のチューナー数に係る機能評価

えだまめくん

チューナー数に関する総合評価を最初に教えて下さい。

チューナー数の評価

評価:3.0

こだわり派

ソニーと比べれば標準的だが、基本的には物足りない仕様なのだ。

評価:2.5

リーズナブル派

パナソニックのチューナー数とは思えない差別化だわ。

評価:2.3

コスト重視派

これが廉価版の宿命さ。

えだまめくん

HX750のチューナー数の個別評価内容は次の通りです。

チューナー数の個別評価

地上波デジダル

  • 2チューナー
こだわり派

2.0
3チューナーが基本なのだ。

リーズナブル派

2.0
パナソニックとは思えない。

コスト重視派

2.0
同じ時間に2番組録画出来ないじゃん。

BS/CSデジタル

  • 2チューナー
こだわり派

2.0
1つ少ないのだ。

リーズナブル派

2.0
少ないと不安だわ。

コスト重視派

2.0
BS見ないけど、なんか損した感じ。

BS/CS 4K

  • 2チューナー
こだわり派

5.0
4Kだけは標準的なのだ。

リーズナブル派

3.0
今やダブルチューナーが標準仕様ね。

コスト重視派

2.0
4Kつまんないし一つでいいね。

2画面対応

  • ⭕️
こだわり派

3.0
無いと始まらないのだ。

リーズナブル派

3.0
やっぱりあると便利ね。

コスト重視派

3.0
庶民はこういうのが好きなんだ。

ビエラは使用可能な容量(TB)の上限や、適合機種が他社のテレビよりも柔軟性に欠けるの適合するハードディスクを探すのが少し大変。

そこで、面倒が無いよう「HDD パナソニックビエラにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」でおすすめのHDD情報をまとめています。

パナソニックビエラ用のHDDをお探しの方は是非参考にして下さい。

裏録用のハードディスクは必ず準備!

えだまめくん

適合が明確な安心のハードディスクを選びましょう。
次はネットワークの機能評価です。

ビエラHX750のネットワークに係る機能評価

えだまめくん

ネットワークに関する総合評価を最初に教えて下さい。

ネットワークの評価

評価:3.8

こだわり派

スマート化対応が今期のカギで、HX750も標準的な仕様なのだ。

評価:3.8

リーズナブル派

他の機種とそん色無いわ。

評価:3.2

コスト重視派

HX750も標準仕様の代表例だ。

えだまめくん

HX750のネットワークの個別評価内容は次の通りです。

ネットワークの個別評価

無線LAN

  • IEEE802.11a/b/g/n/ac
こだわり派

3.0
「ac」規格まで準拠。当たり前に高速化は十分なのだ

リーズナブル派

3.0
最近の機種では当たり前ですね。

コスト重視派

3.0
最早これ以下は無い。

スマート化

  • google
  • Alexa
こだわり派

3.5
メジャーな2つはしっかり対応できてるのだ。

リーズナブル派

3.5
これならどんな家庭でも対応できるわ。

コスト重視派

3.5
タイムセールで買った僕のAlexaが活用できる…。

VOD(Video On Demand)

  • 未対応:Android TV/FOD
こだわり派

5.0
必要十分な対応なのだ。

リーズナブル派

5.0
Amazonプライム対応が重要よ。

コスト重視派

3.0
こんなもんでしょ。

えだまめくん

ネットワーク仕様については、パナソニックビエラHX750でも標準仕様。コストダウンを行っておらず安心ですね。

無線ルーターは大丈夫?最新の高速化対応製品を選ぼう!

えだまめくん

VOD(動画配信サービス)は、他にも多くの特典が付くAmazonプライムでプライイムビデオから試すのがおすすめです。

VOD(動画配信)は先ずプライムビデオから試そう♪

ビエラHX750の外部端子に係る機能

えだまめくん

外部端子機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。

外部端子の評価

評価:2.5

こだわり派

地味にHDMIの端子数が少なくなっているのだ。

評価:2.7

リーズナブル派

eARC未対応は当然として、まあ最低限の内容でしょう。

評価:2.7

コスト重視派

USB端子も少ないんだよ。見落とさないでね。

えだまめくん

HX750の外部端子の個別評価内容は次の通りです。

外部端子の個別評価

USB

  • USB3.0×1/USB2.0×1
こだわり派

2.0
よくある「最低レベル」仕様なのだ。

リーズナブル派

2.0
USB3.0があるのが救いね。

コスト重視派

2.0
ハブが必要になるかもね。でも、チューナー数少ないし問題無い?

HDMI

  • ARC対応×1
  • HDCP2.2×3
こだわり派

1.0
「eARC」未対応で、端子数も少ないこの機種を選ぶことは無いのだ。

リーズナブル派

2.0
廉価機種だから当然?

コスト重視派

2.0
ここも何か損した気分になるわ。

その他

  • 各1つ
    VIDEO/光デジタル音声出力/有線LAN/イヤホン・サブウーファー
こだわり派

3.0
あって当たり前なのだ

リーズナブル派

3.0
使う機会はないけど、一部には必要なんでしょうね。

コスト重視派

3.0
古い機器も繋げるし、あって当たり前だよね。

えだまめくん

この辺りは上位機種と相当差がある感じです。また、他社と比較すれば更にその差が大きくなりそう。

HDMIケーブルは最高級品を選ぶと間違いありません。

えだまめくん

端子類に必要なコードなど、買い忘れの確認にもおすすめです。

テレビ端子の基礎知識を再確認!

ビエラHX750の映像機能

えだまめくん

映像機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。

映像機能の評価

評価:3.7

こだわり派

HDRの幅のみ高く評価出来るのだ。

評価:3.9

リーズナブル派

クラスを考えれば頑張っている内容だと思うわ。

評価:3.9

コスト重視派

基本的な映像品質は今や綺麗で当たり前。そこにHDRの優位性があるから得点が高くなっただけ?とも言えるね。

えだまめくん

HX750の映像機能の個別評価内容は次の通りです。

映像機能の個別評価

受信機能

  • 4K放送まで対応
    ハイビジョン(HD)/フルハイビジョン(FHD)/4K/8K
こだわり派

4.3
4K対応は当たり前なんだな。でも、8K非対応は残念なのだ。

リーズナブル派

4.3
有機ELテレビなんだから4K対応でないとね。8Kは無くて普通だわ。

コスト重視派

4.3
8Kなんて映像ソース無いし未対応で普通だよ。4Kも当たり前。

パネル方式

  • IPS+LED
こだわり派

2.0
液晶なんてどれも同じなのだ。

リーズナブル派

3.0
IPSパネルはファミリー向けよ。

コスト重視派

3.0
僕はIPSパネルが一番好きだ。

パネル反射改善

  • ハーフグレア
こだわり派

4.0
まあ、液晶テレビは一般家庭には向いているのだ。

リーズナブル派

4.0
リビング視聴にはIPS液晶が一番よ!

コスト重視派

4.0
ごちゃごちゃ言い訳しなくても映り込みが少ないのが液晶の強みだ。

HDR対応

  • 10+/DV/HLG
こだわり派

5.0
Dolby Vision IQは未設定だが、フル装備なのだ。

リーズナブル派

5.0
パナソニックって、HDRについては業界最高の対応力なのよね。

コスト重視派

5.0
十分満点の内容だよ。

特異性

  • 映像美のこだわり
こだわり派

2.0
評価すべきところが無いのだ。

リーズナブル派

2.0
上位機種と比較すれば見劣りするだけ。

コスト重視派

2.0
パナソニック高画質技術の売り文句が何一つ搭載されていない。

えだまめくん

総合的に見れば、映像面の基本技術は及第点。でも、今期売り出し中のパナソニック技術が搭載されず、特異性が全く無い製品なのが残念。

パネルにホコリが溜ると見え難くなります。

ビエラHX750の音声機能

えだまめくん

音声機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。

音声機能の評価

評価:3.3

こだわり派

ドルビーアトモスが付いてるので高得点になるのだ。

評価:2.8

リーズナブル派

スピーカーユニットが貧者なのは、このクラスじゃ仕方ないの?

評価:2.3

コスト重視派

しょせん薄型テレビの音。スピーカーシステムにこだわっても無駄。

えだまめくん

HX750の音声機能の個別評価内容は次の通りです。

音声機能の個別評価

出力

  • 30W(15W×2)
こだわり派

2.5
それでもこのクラスで30Wまで対応したことは立派なのだ。

リーズナブル派

2.5
フルレンジ30Wって、このクラスじゃ良い方なのよね。

コスト重視派

2.5
フルレンジの30Wで一般使用なら十分だよ。

特異性

  • ドルビーアトモス
こだわり派

4.0
全クラスにドルビーアトモスを標準装備したパナソニックの対応は立派なのだ。

リーズナブル派

3.0
今期はアトモスがあれば標準点ね。

コスト重視派

2.0
このサイズでドルビーアトモスが必要なのか?答えは何れ分かる。

えだまめくん

パナソニックはドルビーアトモスが当たり前。最廉価機種のHX750にも付いちゃいました。

サブウーファーで更に音質は上げられます。

HX750のスピーカーは純正のシアターバー接続で更に強化!

4K液晶テレビ パナソニックビエラHX750の「省エネ」性能と想定寿命

ランニングコストは一般家庭にとっては重要です。視聴環境によっては、有機ELテレビは普通の液晶テレビより月間数千円高くなるのです。

そして、視聴環境がハードになれば当然パネル寿命も短くなりますよね。

ビエラHX750の省エネ性能

えだまめくん

先ずは「省エネ」性能の評価を見てみましょう。やっぱりこだわり派以外の評価は良さそうです。
HX750は43型/49型はちょっと悪いレベルですが、55型は最高レベルの省エネ性能。ちょっと不思議です。

省エネ性能の総合評価

評価:3.0

こだわり派

有機ELテレビの電気代は高くて当たり前だが、液晶テレビは低くて当たり前なのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

49型の数字は少し大きいけど、気にするほどの金額差にはならないわね。秀逸なのが55型!ソニー液晶ブラビアX8000Hと結構差が出るわ。

評価:4.5

コスト重視派

うん、大丈夫な内容だね。やっぱり有機ELテレビなんて買えないわ!

えだまめくん

今期発売でクラスが同等の、ソニー液晶ブラビア「X8000Hシリーズ」と比較してみました。年間消費電力量に惑わされず、しっかりシミュレーションしましょう。

サイズ機種消費電力年間消費電力量
49v型HX750144W105kWh/年
X8000H120W112kWh/年
55v型HX750145W115kWh/年
X8000H207W161kWh/年
リーズナブル派

数字を見ただけで凄い差ね。でも、年間消費電力量はあてにならないので、消費電力で計算して。

コスト重視派

家族構成など、家庭の事情を分けて比較しようね。

【生活パターンと月間視聴時間の前提】

  1. 共働き世帯|独身世帯282時間
  2. 引退世帯|老後世帯≫486時間
  3. 大学生やフリーターニートの子供が居る世帯≫382時間
  4. カタログ値の年間消費電力

 

【計算の前提】

  • 電力単価=24.00円/kWh
  • 使用電気量は消費電力の70%で計算
  • カタログ値 年間消費電力はそのままで計算
えだまめくん

液晶テレビ同士の比較だけど55型は結構差がつきます。また、48型のソニー有機ELブラビア A9S を49型と比較するとやはり1.8倍くらいの年間消費電力量となり、大きく乖離します。全体的には省エネ機種と言えそうですね。

49v型(インチ)の比較

パターンHX750X8000H
682円569円
1,176円980円
924円770円
210円224円

55v型(インチ)の比較

パターンHX750X8000H
687円981円
1,184円1,690円
931円1,328円
230円322円
リーズナブル派

55型の差はすこし驚きだわ。HX750は面白い機種ね。

こだわり派

差なんてどこにあるのだ?

えだまめくん

55型の電気代です!
でも、面白い結果が見れて良かったです。

ビエラHX750のパネル寿命

えだまめくん

「パネル寿命」に対する皆さんの評価です。やっぱり液晶テレビは評価が高いですね。

パネル寿命の総合評価

評価:5.0

こだわり派

素直に寿命の長さは認めるのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

やっぱり寿命を考えると液晶テレビになっちゃうわ。

評価:4.0

コスト重視派

ホント、寿命だけなら液晶テレビだね。でも、ライフスタイルも多様化してるから自身のスタイルで判断してね。

えだまめくん

では、引続きパネル寿命の評価状況を確認しましょう。一般的には有機ELパネルの寿命は液晶の半分と言われています。

液晶パネル有機ELパネルブラウン管
6万時間
前後
3万時間
前後
2万時間
前後
コスト重視派

生活パターンに当てはめてみなよ。液晶の方が断然有利なのが分るはず。

パターン 液晶
パネル
有機EL
パネル
ブラウン
昼間留守が多い
(共働き家庭など)
18年9年6年
一日中家にいる
(引退世帯など)
10年5年3年
昼夜逆転家族がいる13年7年4年
えだまめくん

パネル寿命については液晶テレビの場合は特に気にする必要はありませんね。

こだわり派

わしは同じテレビと10年も一緒に居たくないのだ。

えだまめくん

そういう人は経済活性化のため毎年買い替えてくださいね。

リーズナブル派

ガンガン付けっぱなしにしてもコストが気にならない液晶テレビはやっぱり良いわ。

コスト重視派

個人の主観はそれぞれだけど、一般の家庭なら液晶で十分だよ。いつ失業するか分からない時代だし、贅沢は敵だよ。

 

4K液晶テレビ パナソニックビエラHX750 現物確認の注意点

ここまでで、テレビ買替の絞り込みが行えました。HX750をターゲットにした人は「現物確認」で何を注意すれば良いのでしょうか?

えだまめくん

現物確認のポイントをは次の3点でしたね。基本に沿って、HX750の具体的な現物確認方法を解説しましょう。

3つの現物確認ポイント

  1. 映像の好み(品質)
  2. 音の特性(音質)
  3. そしてデザイン性

詳しくは「【失敗しない現物確認方法】テレビの選び方に関するおすすめ情報」で紹介しています。

映像の好み(品質)

えだまめくん

HX750は55型/49型/43型のスリーサイズ。他社の同クラスと比較してバリエーションは貧弱です。購入を検討している人はどのような点を確認すれば良いのでしょう?

こだわり派

液晶テレビならコントラストの良いVAパネル方式をわしは選ぶのだ。HX750はIPS方式のパネルなので、色鮮やだがコントラストが弱い。映像的に満足の行く内容かを見極めるのだ。

リーズナブル派

単純に「好みの色」なのかを他社としっかり比較すれば良いんじゃない?

コスト重視派

正直このクラスは映像面が貧弱。価格と共に他社の同クラスと比較することが最も重要じゃない。ブランドに惑わされないでね。

音の特性(音質)

えだまめくん

ドルビーアトモスは標準装備ですが、出力は15Wのフルレンジスピーカーが2つ。音の確認方法を教えて下さい?

こだわり派

テレビのスピーカーとしては標準的だし、いたずらに分散しているユニットでも無いので基本的には期待しても仕方が無いのだ。単純に「好きな音」であるか否かを他社の同クラスと比較するのだ。

リーズナブル派

毎日使うものだからやっぱり「聞き易さ」が重要だわ。いつも見てる番組で試してみてね。

コスト重視派

クラスを考えれば標準的な仕様だからこそ、上位機種や他社の同クラスと音の違いを感じて欲しいね。価格の差が納得出来るかがカギ

デザイン性

えだまめくん

エントリー機らしいデザインのHX750。実物はどこを見れば良いのでしょう?もちろん、毎日の掃除や家庭環境を加味して考えましょう。

こだわり派

パナソニックはデザインより会社名で買う人が多いブランドなのだ。HX750が置かれているクラスをよく理解し、全体のデザインと共に細部の作りをしっかりと見て欲しいのだ。

リーズナブル派

まあ価格も重要だけど、背面の「掃除のしやすさ」が主婦にとっては注目よ。

コスト重視派

支払う金額に見合うデザインかどうか判断しましょう。

えだまめくん

皆さんのアドバイス、赤字の部分がカギですね。
せっかくなら、HX750を最適な位置で視聴できるテレビスタンドも用意すれば完璧です。

「テレビ台」の選び方のコツはここから

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

4K液晶ビエラHX750に最適な視聴環境となるテレビスタンド

えだまめくん

セールスポイント、標準機能共に上位機種とは大きく差がつくHX750。価格対機能にどこまで妥協できるかがポイントです。最後にHX750の評価をまとめたので、以下のリンクから移動して下さい。

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

HX750 IC 3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる