4K有機ELテレビ東芝レグザ X9400 ①セールスポイントの評価

x9400 IC 1 有機ELテレビ
有機ELテレビ

2020-2021モデルの最新フラッグシップ東芝レグザ有機ELテレビ「X9400」の評価をここから開始。

前機種の「東芝有機ELレグザX930」は割高な他社製品を後目に価格破壊が進み、お買い得感の高い機種となった。

しかし2020-2021シーズンは様子がおかしい。

ライバルのパナソニックソニーのフラッグシップ有機ELテレビはモデルチェンジが行われず、セカンド機、サード機のみが刷新。

フラッグシップ機とは言え、1年以上経過すれば価格もこなれてくる。

その中にあって、モデルチェンジを行った「東芝有機ELレグザX9400」は大丈夫なのか?

4回にわたって全貌を解き明かして行きます。

第1回目は東芝レグザ有機ELテレビX9400の「セールスポイント」をじっくりと徹底評価。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

評価の前にまず「有機ELレグザ」のバリエーションを把握しよう♪

4Kチューナー内蔵のレグザ有機ELシリーズは2バリエーション構成。

今回は、フラッグシップモデルの「X9400」を解説します。

 

X9400 img06

4K有機ELテレビ東芝レグザ X9400とは

X9400 img01

 

モデルシリーズ分類サイズ展開
2020夏
(20’6月)
レグザ
X9400
有機EL
テレビ
77v/65v/55v/48v

 

データを見れば分かる通り、REGZAの有機ELテレビとしては2020年度で最も新しいテレビ(2020-2021モデル)。

また、東芝REGZAシリーズでの位置づけは「フラッグシップモデル」であり、TOSHIBAテレビの最高峰となります。

4K有機ELテレビ東芝レグザX9400のセールスポイント

  1. クラウドAI技術とそれを活かす高コントラスト新開発パネル
  2. 圧倒的な重低音レグザパワーオーディオX-PRO
  3. 放送済みの番組をいつでも見られる「タイムシフトマシン」

 

1.クラウドAI技術&高コントラスト新開発パネル

X9400 img02

 

リーズナブル派
リーズナブル派

2020年のレグザと言えば、膨大な映像資産から最適な画質をAIが作り出す「クラウドAI技術」ですね。フラッグシップ機のX9400はその画質を最大限に活かすため、パネルもリニューアルしたわけね。

えだまめくん
えだまめくん

「クラウドAI」については液晶レグザでも採用している今期の「売り」です。その中でもX9400は唯一「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を採用し、より早く、より正確な映像表現が可能になっています。

コスト重視派
コスト重視派

頻繁にアップデートしているみたいだけど、ホントに良いかの評価はまだまだ先になりそうだね。

こだわり派
こだわり派

いや、多分毎日見ている人たちは「慣れ」で分からないためなのだ。評価以前にまだまだ進化が望める面白い技術だとわしは思うのだ。

えだまめくん
えだまめくん

優秀な映像データもそれを表現するパネルも優秀でないと意味がありません。
X9400では更に高コントラスト化が進化した、放熱効果の高い新開発パネルを採用したことも注目です(65/55型のみ)。

リーズナブル派
リーズナブル派

物理的な対応として、効率的に熱を排出して色むらの発生を抑えたわけね。画質は新たにチューニングを行って進化させたのね。

 

​ 

X9400 img03

 

クラウドAI技術&高コントラスト新開発パネル

評価:

こだわり派
こだわり派

適格な進化に減点要素は無いのだ。この先も有機EL映像をどんどん良くして欲しいのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

モデルチェンジだからこれくらいしないと。フラッグシップ専用の「ダブルレグザエンジンCloud PRO」ってなんか魅力だわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

東芝レグザの「クラウドAI」は無料だしウエルカムだよ。でも、クラウドサーバーにお金かかってるよね?この先がちょっと心配かな。

 

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

 

2.レグザパワーオーディオX-PRO

X9400 img04

 

えだまめくん
えだまめくん

今期の有機ELレグザのサウンドは「有機ELレグザオーディオシステム PRO」から「レグザパワーオーディオX-PRO」へパワーアップ。しかし、最近は「パワーだけで良いの?」という疑問を持つユーザーも少なくありません。

リーズナブル派
リーズナブル派

そうなのよ。確かにバズーカーとかテレビ本体の音質は東芝レグザの評判は良いけど、疑似サラウンド、特に3Dサラウンドについては他社に見劣りするわ。

コスト重視派
コスト重視派

マズイよね。今期は東芝関係以外は当たり前に「ドルビーアトモス」を標準装備し始めたし、多くの購入検討者がその点を理解し初めているよね。

こだわり派
こだわり派

アトモス対応のサウンドバーを別に買えば済むのだ。でも、希望としてはレグザ品質のスピーカーで「ドルビーアトモス」を再生させたい気持ちもあるのだ。

えだまめくん
えだまめくん

今期はレグザの正念場ですね。この先流行に乗るのか?独自路線を続けるのか?
何れにしても「購入者目線」で来期は判断して欲しいものです。
でも、イネーブルドスピーカーっぽい試みは行ってますよ。

 

X9400 img07

 

こだわり派
こだわり派

トップツィーターを背面の壁に反射させてるのだ。イネーブルドスピーカーは天井を使うのでちょっと違うが、他社を意識していることは感じさせるのだ。
今回は10スピーカーで142W。数字だけを見れば他社を大きく圧倒しているので、是非頑張って欲しいのだ。

リーズナブル派
リーズナブル派

ディスプレイの下にスピーカーが付くというデザインも好みが分かれるわね。デザイン性を取るかスペックを取るか?これも今後大きく影響しそうだわ。

コスト重視派
コスト重視派

どうせプログラム上はアトモスの対応準備は終わってるんでしょ?

えだまめくん
えだまめくん

シアターバーも各社発売されているので、テレビ本体の音質にはこだわらない人も居るのでしょうね。

 

 

レグザパワーオーディオX-PRO

評価:

こだわり派
こだわり派

大容量、スピーカー数、数字を見れば高評価なのだ。前モデルX930の50Wからは大幅進化なのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

そうなのよね。数字は立派だし凄く考えたスピーカー構成だと思う。けど、やっぱりドルビーアトモスを何とかして欲しいわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

いたずらに容量を大きくすれば電気代が高くなるだけ。丁度いい場所にランディングして、中身の充実を図って欲しいね。

 

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

 

イヤホン端子に繋ぐだけ♪更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

 

3.タイムシフトマシン

X930-6

 

えだまめくん
えだまめくん

もし、東芝レグザにタイムシフトマシンが無かったら?
今やレグザの代名詞とも言える機能で、他社を圧倒する部分ですね。

リーズナブル派
リーズナブル派

タイムシフトがもし無かったら購入候補には上がらないかもね。

えだまめくん
えだまめくん

設定次第ですが、指定の時間帯とチャンネルを過去2~3週間遡れます。また、途中から見始めた番組も最初へ遡れたりもしますね。

 

X930-7

 

コスト重視派
コスト重視派

色々な使い方が出来て結構魅力的だね。

 

X930-8

 

リーズナブル派
リーズナブル派

後でじっくり見たい番組は通常の外付けハードディスクへ。見たい番組が集中する時間帯はタイムシフトマシンに録画して、番組がつまらない時に見てるわ。

こだわり派
こだわり派

わしはテレビの時間を気にせず入浴して、後追いで視聴することが多いのだ。

えだまめくん
えだまめくん

とは言え、タイムシフトマシンは24時間録画できるので、信頼のおける外付けハードディスクを選ぶ必要はあります。

 

純正ハードディスク(HD)「D2シリーズ」は1台でタイムシフトマシンも通常録画も両方楽しめます。

 

タイムシフトマシン用またはタイムシフトマシン増設用にぴったり!もちろん通常録画用としても使える「V3シリーズ」。

 

 

タイムシフトマシンの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

他社のテレビにこれを上回る技術が無い以上、ずっと満点なのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

タイムシフトマシンのせいで、新しいテレビを購入するときに東芝レグザが外せないのよね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

まだまだこのシステム人気があるよ。同レベルの有機ELテレビと変わらない価格でこれが使えるって、かなりコスパは高いね。

その他:サイズバリエーションの増加

えだまめくん
えだまめくん

今回、セールスポイントの評価対象から外しましたが、X9400はサイズバリエーションが4つに倍増し、選択の幅が広まったことも大きなニュースです。

 

X9400 img08

 

※48型(インチ)は2021年春に発売予定

 

リーズナブル派
リーズナブル派

有機ELレグザ最大の77型(インチ)と最小の48型(インチ)が加わったのね。

えだまめくん
えだまめくん

新サイズの投入はソニーと似ており、48型(インチ)という大型化から逆の動きになるのは消費者ニーズの分析結果なのでしょう。また、77型(インチ)もソニーとの競合が始まり、この先価格の低下が期待できますね。
視聴環境作り(置き場所)は以下を参考に進めて下さい♪

 

「テレビ台」の選び方のコツはここから

 

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

 

4K有機ELテレビ東芝レグザ X9400の受賞歴

TOSHIBA 有機EL REGZA X9400はAV機器を専門家が評価する「VGP」から高い評価を受けています(「Hivi」は選考中止)。

 

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

2020年夏モデルは、クラウドAI技術が高く評価されVGPから総合金賞を受賞。また、ディスプレイ部門でも3サイズが金賞という最高の評価を受けました。

 

Hivi ベストバイ
2020夏
172 HiVi BEST BUY 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
新型コロナウイルスの影響で中止
VGP
2020夏
200-172P VGP 2020 SUMMER logo
【特別賞】 総合金賞
クラウドAI高画質技術「レグザエンジンCloud」を搭載した有機ELテレビシリーズに対して。
【特別賞】 特別大賞 技術賞
◆クラウドAI高画質
有機ELテレビおよび液晶テレビシリーズに搭載された、AIを活用した高画質技術に対して。

【ディスプレイ部門】
◆有機EL(60型以上70型未満)金賞
◆有機EL(50型以上60型未満)金賞
◆有機EL(50型未満)金賞

【映像音響部会】企画賞
◆ネット動画ビューティPRO
ノイズを抑えて精細感を高める、ネット動画に特化した映像処理技術に対して。

 

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

情報が入り次第アップデート。

 

4K有機ELテレビ X9400の「セールスポイント」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認した有機ELレグザ X9400のセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

 

セールスポイントの総合評価

評価:4.7

こだわり派
こだわり派

相変わらず色の味付けが上手いのだ。地デジも綺麗に映るし、クラウドAIの今後も楽しみなのだ。

評価: 4.0

リーズナブル派
リーズナブル派

クラウドAIは未知の部分も多いけど良い意味で期待できるわ。でも、サウンド関係はこの先どうするのかしらね?

評価: 4.0

コスト重視派
コスト重視派

まだこの時点では「コスト」を加味していないから高得点を付けれるけど、価格が上がってたらちょっと辛口になりそう。

 

えだまめくん
えだまめくん

タイムシフトマシン、クラウドAIと非常に良い評価ですが、唯一ドルビーアトモスだけが皆さん残念なようです。引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価行いましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

TOSHIBA REGZA X9400の評価

 

今すぐ「X9400」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

この記事も読まれています!