12/2 9:00~12/8 23:59 ポイント2倍!Wポイントウィーク開催! 対象アイテムはこちら

【ブラビア A80K】A80Jとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

ソニー4K有機ELブラビア A80Kレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ソニー・ブラビアの4K有機ELテレビである「A80K」と前モデルのA80Jとの違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、A80Kのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、A80Kと同世代である2022年モデルの新4Kブラビア間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「A80Kを実際に操作」し「A80Kの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはA80KとA80Jの違いが知りたいね。

\ A80KとA80J違い /

進化ポイント残念ポイント
高コントラスト性能
映像・音声の自動最適化(OP)
倍速機能の強化
スピーカー強化
省エネ性能(除く55v)
重量の増加
一部の利便性
違うポイント

ソニー・ブラビアの4K有機ELテレビ A80Kシリーズは、前モデルのA80Jからあまり大きな変化の無いマイナーチェンジモデルです。

最も目に付く強化点がスピーカー構成と出力の強化で、その他進化ポイントは微々たる内容に留まっています。

今期発表された視聴性能をアップさせるブラビアカムも、オプションA80Kに設置可能。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ブラビア A80K】A80Jとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

A80K 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

A80K 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格5.02.51.5
セールスポイント4.04.03.0
視聴環境・設置4.04.03.0
全機能3.04.04.0
省エネ・寿命5.01.51.5
総合評価4.2
3.2
2.6
A80K総合評価結果

先ず最初に結論からお話しましょう。

A80Kはソニー有機ELブラビアのセカンドモデルです。

フルモデルチェンジを行った前モデルA80Jと同じサイズ展開で、今期は微改修のマイナーチェンジモデルです。

えだまめくん

前期は映像エンジンを中心に大変貌を遂げたブラビアなので、今期の進化は僅かです。

リーズナブル派

そんな訳で、前期の完成度が高かった分、特に大きく変化させる必要がなかったわけね。

こだわり派

マイナーチェンジでも前期の進化が大きかった分、内容的には一級品の有機ELブラビアセカンドモデルなのだ。

A80Kのメリット・デメリット

A80Kが優れる点⤴︎

  • コントラスト性能がアップデート*
  • 別売のブラビアカムによる映像・音声の最適化*
  • 倍速機能の強化*
  • スピーカー構成・出力強化*
  • Bluetoothリモコン
  • 省エネ性能向上(77v/65v)*
  • ゲーム性能(VRR/ALLM)
  • eARC対応
  • チューナー数がトップレベル
  • 卓上スタンド調整機能

A80Kが劣る点⤵︎

  • 本体&卓上スタンド込み重量が増加*
  • USB端子数減(3→2)*

*前モデルA80Jと比較した場合

えだまめくん

A80Kのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の有機ELテレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|A80Kの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

A80K有機ELブラビアの入門機と言えるセカンドモデルです。

前期大幅チェンジを果たした有機ELブラビアですが、フラッグシップモデルのA95Kは市場価格が高過ぎて手が出ない。

そんなブラビアにこだわりたいユーザーに丁度良いのがA80Kです。

今期は大幅モデルチェンジの翌年で小幅な進化に留まり、もし、市場価格が同等程度で推移すればお買い得と言えるでしょう。

そう、A80K前モデルA80J市場価格を下回るのか?そこがポイントになります。

価格の評価

評価:5.0

こだわり派

セカンドモデルだが、大進化の翌年なので内容的には十分なのだ。

評価:2.5

リーズナブル派

ちょっと高く始まり過ぎね。中盤以降に結論が出ると思うわ。

評価:1.5

コスト重視派

セカンドモデルなのに高いね。やっぱりソニーブラビアは高いという先入観が払拭されない…

えだまめくん

内容的には微々たる進化なので、前期と同じ価格帯以上だと割高感が出ます。慌てず注視しましょう。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

XRJ-77A80K(77v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K有機ELブラビア(BRAVIA) 77v型 A80KとA80Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
77v A80J vs. A80K最安値推移

77v型、XRJ-77A80Kの初値は前モデルのXRJ-77A80J150千円弱高い価格で始まりましたが、翌月には一気に値を下げています。

それでも、価格の開きは100千円前後あり、機能アップとのバランスから見てかなり割高だと言えるでしょう。

前モデルと同じ足跡を辿り、価格差が縮まらない場合は500千円を切ることなく推移することが予想されます。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

77v型のA80Kが直ぐにどうしても欲しいなら

  • 550千円前後で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • A80Jの安値付近である470千円前後付近を目安に待つ
  • 但し、目標から程遠い場合はA80Kを諦める

XRJ-65A80K(65v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K有機ELブラビア(BRAVIA) 65v型 A80KとA80Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
65v A80J vs. A80K最安値推移

65v型、XRJ-65A80Kの初値は前モデルのXRJ-65A90J40千円以上高い価格で始まりましたが、翌月には一気に値を下げています。

しかし、依然価格の開きは30千円前後あり、機能アップとのバランスを考えると価格差が埋まっていません。

前モデルの安値付近である270千円前後まで落ちるか微妙なところです。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

65v型のA80Kが直ぐにどうしても欲しいなら

  • 350千円前後で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • A80Jの安値付近である270千円前後付近を目安に待つ
  • 但し、下落が緩慢なら300千円前後で妥協する

XRJ-55A80K(55v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K有機ELブラビア(BRAVIA) 55v型 A80KとA80Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
55v A80J vs. A80K最安値推移

55v型のXRJ-55A80Kも65v型同様の動きで始まっています。

初値は70千円ほど高く、その後は20〜30千円の価格差で推移しているので、この差が機能アップ分として割り切れるかが購入のカギを握ります。

もちろん、前モデルXRJ-55A90Jの価格を下回ることがあればチャンスでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55v型のA80Kが直ぐにどうしても欲しいなら

  • 240千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • A80Jの安値付近である180千円+30千円前後を目安に待つ
  • 但し、前モデルを下回るタイミングがあれば購入を検討
えだまめくん

機能進化と新しさが前モデルの価格を上回る主な要素ですが、A80Kはそのバランスが取れているのかを冷静に判断して下さい。

↑ 目次へ戻る

評価②|A80Kのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

最新技術が搭載されないセカンドモデルに興味は無いが、寝室には使えそうなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

映像関係はセカンドモデルらしい出来だけど、音響関係は内容が良くなっているわ。

評価:3.0

コスト重視派

ビエラLZ1800と値段が変わらないなら買わないかな?まあ、有機ELテレビは買わないけどね。

えだまめくん

有機ELテレビのセカンドモデルは隠れたヒットが多く、A80Kは少し地味な印象なので心配です。

ソニー 4K有機ELブラビア A80Kとは

ソニー4K有機ELブラビア A80K本体正面の画像

ソニー・ブラビア:公式ページ

モデル2022秋(22'8月)
シリーズブラビア A80K
分類4K有機ELテレビ
サイズ展開77v/65v/55v

ソニー4K有機ELブラビアA80K」は、有機ELブラビアのセカンドモデルです。

今期の有機ELブラビアは、77v型から42v型まで幅広くラインナップされていますが、A80Kは最大の77v型とニーズの多い65v型、そしてボリュームゾーンの55v型と3サイズ展開となっています。

A80K 2つのセールスポイント

  1. 認知特性プロセッサー「XR」による映像と音響制御
  2. スピーカー構成の強化
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 前モデルA80Jと並べて視聴したが明るさも色合いも鮮やかになった印象。チューニングによる差でしょう
  • 音質は低音域が強化され底堅い音質になったと感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

認知プロセッサーは内容的にもこのままで良い感じね。音響システムの強化はポイントが高いわ。

えだまめくん

以前のブラビアは低出力のスピーカーをソフトで調整するイメージだったけど、最近は構成と出力が強化され物理的に安定した感じです。

ソニー・ブラビアに対応したHDDは「【ブラビアに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

A80Kの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ソニー 4K有機ELブラビアA80K」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

A80Kは、発売日の関係で2022年夏の審査の対象から外れているようです。

VGP
機種受賞結果部門・技術
XRJ-77A80K審査時期外ディスプレイ
XRJ-65A80K審査時期外ディスプレイ
XRJ-55A80K審査時期外ディスプレイ
A80K VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
XRJ-77A80K審査時期外ディスプレイ
XRJ-65A80K審査時期外ディスプレイ
XRJ-55A80K審査時期外ディスプレイ
A80K HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

評価が決まり次第掲載予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|A80Kに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

セカンドモデルらしいファミリー用途の仕上がりなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

卓上スタンドが調整できるから便利だわ。

評価:3.0

コスト重視派

パネルの見やすさに関しては対策が皆無だけど、設置性は申し分ないね。

えだまめくん

あらゆるニーズに応える設置性が嬉しいA80Kでした。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • デザインは卓上スタンドが低く薄いのでとても美しい
  • 明るい映像は反射を感じないが、暗い場面は反射が大きい
  • 環境光センサーによる色表現は少し違和感を感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

何と言っても幅が変えられる卓上スタンドが秀逸だわ。もちろん、全体のデザイン性も上品よ。

えだまめくん

省スペースにも対応するデザイン性の高いテレビはなかなかありませんね。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|A80JとA80Kの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
A80K機能評価

評価:3.0

こだわり派

進化内容が地味で前モデルとの違いが分かりずらいのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

映像・音響共にきちんとアップデートしてるわ。映像はちょっとだけどね。

評価:4.0

コスト重視派

前モデルの進化が大きかった分、地味に見えるけど市場価格次第ではお得になるかもね。有機ELは買えないけど。

えだまめくん

今期はマイナーチェンジなので大きな変化はありませんが、有機ELセカンドモデルとしては十分良い内容です。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth対応のリモコンはどんな角度からも反応して便利だった
  • 音質は低音域が強化され底堅い音質になったと感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

前モデルで進化し過ぎたからあまり言うことないわね。

えだまめくん

ブラビア最大の問題はチューナー数でしたが、これも前モデルで解決しています。

↑ 目次へ戻る

評価⑤|A80Kの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
A80K省エネ性能評価

評価:5.0

こだわり派

この程度は微々たる差なのだ。

評価:1.5

リーズナブル派

セカンドモデルなのにフラッグシップモデルより消費電力が大きいなんて許せないわ。

評価:1.5

コスト重視派

普通は機能が落ちる分消費電力は低くなるんだよね…

えだまめくん

意外と消費電力が高くでビックリですね。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

フラッグシップモデルより消費電力が大きいけど、実は前モデルよりはミニマイズしてるのよね。

えだまめくん

省エネ対策に手抜きは無いのですが、やはりセカンドモデルなのでお金がかけられなかったのでしょう。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ソニー 4K有機ELブラビア A80K評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ブラビア A80K】A80Jとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

前期大きく進化した影響で、今期の有機ELブラビアマイナーチェンジの色合いが強いと感じられるでしょう。

しかし、見落としがちな省エネ性能は機能を保ったまま改善されており、地味な部分で進化を果たした点は少し嬉しいところです。

ただ、フラッグシップモデルのA95Kよりも消費電力が大きいのは逆に残念ポイント。

イニシャルコストを取るか、ランニングコストを取るか、悩ましい今期の有機ELブラビアセカンドモデルのA80Kです。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

A80Kのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

A80Kが優れる点⤴︎

  • コントラスト性能がアップデート*
  • 別売のブラビアカムによる映像・音声の最適化*
  • 倍速機能の強化*
  • スピーカー構成・出力強化*
  • Bluetoothリモコン
  • 省エネ性能向上(77v/65v)*
  • ゲーム性能(VRR/ALLM)
  • eARC対応
  • チューナー数がトップレベル
  • 卓上スタンド調整機能

A80Kが劣る点⤵︎

  • 本体&卓上スタンド込み重量が増加*
  • USB端子数減(3→2)*

*前モデルA80Jと比較した場合

A80KとA80Jの違いまとめ

\ A80Jとの違いまとめ /

項目A80JA80K
サイズ77v/65v/55v77v/65v/55v
高画質化高照度有機ELパネル高照度有機ELパネル
XR OLED コントラストXR OLED コントラスト プロ
XR HDR リマスターXR HDR リマスター
認知特性プロセッサー「XR」認知特性プロセッサー「XR」
-ブラビアカム(OP)
XR 4K UpscalingXR 4K Upscaling
XR Super ResolutionXR Super Resolution
XR トリルミナス プロXR トリルミナス プロ
XR スムージングXR スムージング
倍速駆動パネル
XR モーション クラリティー
倍速駆動パネル
XR OLED モーション
HDR10/HLG
Dolby Vision
HDR10/HLG
Dolby Vision
高音質化Acoustic Surface Audio+Acoustic Surface Audio+
ドルビーアトモス対応ドルビーアトモス対応
3D Surround Upscaling3D Surround Upscaling
2.1.0ch
77v=60W
他=30W
3.2.0ch
77v=60W
他=50W
自動音場補正自動音場補正
Acoustic Center SyncAcoustic Center Sync
Bluetoothオーディオ連携Bluetoothオーディオ連携
ボイスズーム2ボイスズーム2
リモコンBluetooth対応Bluetooth対応
機能卓上スタンド調整卓上スタンド調整
スマートスピーカー連携スマートスピーカー連携
HDMI=4HDMI=4
USB=3USB=2
PlayStation(R)5
連携機能
PlayStation(R)5
連携機能
4K/120fps4K/120fps
VRR/ALLMVRR/ALLM
A80KとA80Jの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年ソニー・ブラビア関連記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
ソニー4K有機ELブラビア A80Kレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!