【ブラビア X90K】X90Jとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

ソニー4K液晶ブラビア X90Kレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ソニー・ブラビアの4K液晶テレビである「X90K」と前モデルのX90Jとの違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、X90Kのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、X90Kと同世代である2022年モデルの新4Kブラビア間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「X90Kを実際に操作」し「X90Kの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはX90KとX90Jの違いが知りたいね。

\ X90KとX90J違い /

進化ポイント残念ポイント
高コントラスト化
自動画質・音質調整機能(一部OP)
スピーカー出力
サイズ展開
2-Way卓上スタンド(サウンドポジション)
卓上スタンド幅調整不可
卓上スタンドワイドポジション
違うポイント

ソニー・ブラビアは前期の進化が大きかったため、今期はさほど大きな変化はありません

ただ、逆に残念ポイントとして卓上スタンドの変更が挙げられます。

前モデルのX90Jではテレビ台の広さや使用環境に合わせ、卓上スタンドの幅がワイドタイプと省スペースタイプの調整が行えました。

しかし、今期は高さが若干高くできるサウンドバーポジションへの対応が行えるのみで、この点が若干の不満と言えます。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ブラビア X90K】X90Jとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

X90K 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

X90K 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格4.03.02.0
セールスポイント4.04.54.0
視聴環境・設置4.04.04.0
全機能4.04.04.0
省エネ・寿命4.04.54.5
総合評価4.0
4.0
3.7
X90K総合評価結果

先ず最初に結論からお話しましょう。

冒頭解説した通り、4K液晶テレビX90K前モデルX90Jからさほど変化の無いモデルです。

上位モデルのX95KがMini LEDバックライトが採用されたので、通常の直下型LED部分駆動バックライト採用の4K液晶ブラビアでは最上位モデルとなります。

今期の4K液晶ブラビアのボリュームゾーンとなるモデルでしょう。

えだまめくん

Mini LEDモデルはまだまだ高価なので、今期買い替えを行う際はX90Kが高機能で最もお求めやすい液晶ブラビアですね。

リーズナブル派

前期の進化で基本的な性能は十分だし、微々たる進化でも仕方ないわね。でも卓上スタンドはちょっと不満だわ。

こだわり派

直下型LED部分駆動は最近までハイエンドモデルにしか搭載されていなかったのだ。人によっては十分な内容なのだ。

X90Kのメリット・デメリット

X90Kが優れる点⤴︎

  • 直下型LED部分駆動
  • 高コントラスト化*
  • 認知特性プロセッサー「XR」による制御技術
  • 自動画質・音質調整のブラビアカム対応(OP)*
  • スピーカー出力の強化
  • ゲーム性能
  • 卓上スタンド高さの調整機能
  • eARC*・HDCP2.1対応
  • Bluetoothリモコン

X90Kが劣る点⤵︎

  • HDR対応規格が少ない
  • 卓上スタンド幅の調整不可*

*前モデルX90Jと比較した場合

えだまめくん

X90Kのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|X90Kの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

ソニー・ブラビアの4K液晶テレビと言えば、高コントラストなVA方式パネルにこだわり、クラス最高レベルの高品質な映像を映し出す人気ブランドです。

特に4K液晶ブラビアのハイエンドモデルはその代表格で、前期は新たに認知特性プロセッサー「XR」搭載のフルモデルチェンジを果たし性能を大幅に進化させました。

そして今期は、液晶テレビの高画質化の切り札である「Mni LEDバックライト」をハイエンドモデルであるX95Kへ搭載したことが大いに注目されます。

X90Kはその下に位置し、従来のバックライト方式の中で最も高性能で、最も買いやすいモデルなので市場価格が気になります

価格の評価

評価:4.0

こだわり派

内容的には前モデルの液晶ブラビアハイエンドと同じなので、お買い得なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

う〜ん、他社のMini LEDモデルも魅力的だけど、現実を考えるとX90Kになっちゃうのよね。

評価:2.0

コスト重視派

このクラスが価格と機能のバランスを探るには丁度いいね。前モデル並みの価格なら買いかな?

えだまめくん

Mini LEDこそ搭載しませんが、内容的にはハイエンドモデルなのでボリュームゾーンとなることは間違い無いでしょう。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

XRJ-85X90K(85v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K液晶ブラビア(BRAVIA) 85v型X90KとX95Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
85v X95J vs. X90K最安値推移

XRJ-85X90Kの最大サイズである85v型については前モデルに比較サイズが無いため、旧モデルの液晶ハイエンドブラビアXRJ-85X95Jの価格推移と比較しました。

旧ハイエンドモデルとの比較なので、当然ながら初値は安く始まりましたがその差はたった13%弱

購入タイミングは難しいところですが、X95Jの価格に対し▲20%辺りがひとつの目処となるでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

85v型のX90Kがどうしても欲しいなら

  • 370千円前後の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルX95Jの安値付近の▲20%である352千円前後を目安に待つ

XRJ-75X90K(75v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K液晶ブラビア(BRAVIA) 75v型X90KとX90Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
75v X90J vs. X90K最安値推移

75v型のXRJ-75X90K前モデルXRJ-75X90J1.1倍付近で始まりました。

前モデルの安値狙いの購入タイミングを待っても実現は難しそうで、妥協できる価格帯を探ることがポイントになりそうです。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

75v型のX90Kがどうしても欲しいなら

  • 300千円付近の価格で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近1.1倍の286千円前後を目安に待つ
  • 但し、前モデルの安値付近である260千円前後があれば即買い

XRJ-65X90K(65v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K液晶ブラビア(BRAVIA) 65v型X90KとX90Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
65v X90J vs. X90K最安値推移

65v型のXRJ-65X90Kも75v型同様に前モデルXRJ-65X90J1.1倍付近で始まりました。

このサイズは流動性があるため前モデルの安値狙いの購入タイミングを待つ方法もあります。何にしても妥協できる価格帯を探ることがポイントになりそうです。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のX90Kがどうしても欲しいなら

  • 220千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近1.1倍程度の210千円前後を目安に待つ
  • 但し、前モデルの安値付近180千円前後があれば即買い

XRJ-55X90K(55v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K液晶ブラビア(BRAVIA) 55v型X90KとX90Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
55v X90J vs. X90K最安値推移

55v型のXRJ-55X90Kも65v型同様に前モデルXRJ-55X90J1.1倍付近で始まりました。

このサイズは65v型同様に流動性があるため、前モデルの安値狙いの購入タイミングを待つ方法もあります。何にしても妥協できる価格帯を探ることがポイントになりそうです。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のX90Kがどうしても欲しいなら

  • 170千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近1.1倍程度の160千円前後を目安に待つ
  • 但し、前モデルの安値付近145千円前後があれば即買い

XRJ-50X90K(50v型)の価格推移と買い時

ソニー(SONY)4K液晶ブラビア(BRAVIA) 50v型X90KとX90Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
50v X90J vs. X90K最安値推移

50v型のXRJ-50X90K前モデルXRJ-50X90Jさほど変わらない価格で始まりました。

価格が安定する発売3ヶ月後辺りまで暫く様子を見て、他のサイズ同様に購入戦略を立案しましょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

50型のX90Kがどうしても欲しいなら

  • 160千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 前モデルの安値付近1.1倍程度の140千円前後を目安に待つ
  • 但し、前モデルの安値付近130千円前後があれば即買い
えだまめくん

2022年モデルの液晶ブラビアではX90Kがボリュームゾーンとなりそうなので、前モデル並みの価格が望まれるところです。

↑ 目次へ戻る

評価②|X90Kのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

直下型LEDの液晶テレビでは機能が良い方なのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

Mini LEDの価格安定はまだ先だから、内容的に豪華なX90Jは魅力的だわ。

評価:4.0

コスト重視派

機能はこれくらいが良いよ。盛り込み過ぎると結局電気代が高くついちゃうしね。

えだまめくん

Mini LEDに目が奪われがちですが、機能的に安定し比較的安価(以前は高価)な直下型LEDテレビは狙い目かもしれません。

ソニー 4K液晶ブラビア X90Kとは

ソニー4K液晶ブラビア X90K本体正面の画像

ソニー・ブラビア:公式ページ

モデル2022秋冬(22'8~11月)
シリーズブラビア X90K
分類4K液晶テレビ
サイズ展開85v/75v/65v
55v/50v

ソニー4K液晶ブラビアX90K」は、4K液晶ブラビアのハイスペックセカンドモデルです。

サイズは85v/75v/65vの超大型サイズと、55v/50vの大型サイズで構成されています。

X90K 2つのセールスポイント

  1. 認知特性プロセッサー「XR」による映像と音響制御
  2. 豊富なサイズ展開
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 前モデルX90Jと並べて視聴したが新しい絵作りか?明るく煌びやかな映像になった感じ
  • 音響システムの違いはあまり感じられなかった

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

コントラストに関わるXR Contrast Boosterが5→10へアップデートしたから映像が綺麗になったのかしら?

えだまめくん

そうですね、前モデルではハイエンド用でしたので少しは影響があるでしょう。まあ、大半は絵作りの調整でしょうが。

ソニー・ブラビアに対応したHDDは「【ブラビアに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

X90Kに適合する電源レスのコンパクトHDDがおすすめです♪

ソニー・ブラビアでDVDを再生するなら「テレビで見るための【DVDプレーヤー4選】安く買って簡単に接続する方法」でまとめて紹介しています。

X90Kの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ソニー 4K液晶ブラビアX90K」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

X90Kは、発売日の関係で2022年夏の審査の対象から外れているようです。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ審査時期外ディスプレイ
X90K VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
全サイズ審査時期外ディスプレイ
X90K HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

X90Kは55v型と50v型が審査対象で、50v型がVGPで金賞を受賞しています。

機種受賞結果部門・技術
XRJ-85X90K審査時期外ディスプレイ
XRJ-75X90K審査時期外ディスプレイ
XRJ-65X90K審査時期外ディスプレイ
XRJ-55X90K受賞ディスプレイ
XRJ-50X90K金賞ディスプレイ
X90K VGP評価まとめ(冬)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
全サイズ審査時期外ディスプレイ
X90K HiVi評価まとめ(冬)

↑ 目次へ戻る

評価③|X90Kに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

普通の家でちょっと高機能なテレビが欲しければこれがいいのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

卓上スタンドは省スペースタイプとは言えないけど、意外と狭めなので置き場所には困らなそうだわ。

評価:4.0

コスト重視派

液晶だから見やすさは間違いないし、サイズバリエーションが豊富だから視聴環境に適したジャストなサイズが選べるね。

えだまめくん

視聴性能アップの大きな施策はありませんが、高輝度の液晶モデルなので問題ありません。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • デザインは凡庸だが55v型以上のサイズは卓上スタンドがストレートで美しい
  • 斜めからの視認性も良好
  • 環境光センサーによる色表現は少し違和感を感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

50v型の卓上スタンドが廉価版に多い形状でガッカリね。でも、全体的に一般家庭には最適な視聴性を確保してるわ。

えだまめくん

確かに、大型サイズの方がデザインのバランスが良い感じです。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|X90JとX90Kの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
X90K機能評価

評価:4.0

こだわり派

普通の家ならこれぐらいで十分なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

Mini LEDが登場したから、直下型LED部分駆動の液晶テレビが機能も良くて狙い目だわ。

評価:4.0

コスト重視派

僕はこのクラスの液晶ブラビアが一番好きだ。今期も機能は満足だね。

えだまめくん

Mini LED登場でこのクラスに注目が集まりそうです。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth対応のリモコンはどんな角度からも反応して便利だった
  • ステレオサウンドの立体化はきちんと機能していた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

前期の大幅モデルチェンジで基本機能は既に申し分ない段階に来ているわ。

えだまめくん

機能も安定して、故障の懸念が少ない熟成されたモデルに仕上がっていますね。

Bluetoothで簡単にワイヤレスイヤホンも接続できます♪

ワイヤレスイヤホンを使用すれば、テレビの音量を気にせず大迫力の没入感に浸れます。

こちらのリンク→ワイヤレスイヤホン関連記事を参考にして下さい。

おすすめのワイヤレスイヤホンもレビュー!

↑ 目次へ戻る

評価⑤|X90Kの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
X90K省エネ性能評価

評価:4.0

こだわり派

やっぱり液晶テレビは省エネなのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

性能アップの代償は仕方ないけど、有機ELテレビと比較すると省エネ性能は秀逸だわ。

評価:4.5

コスト重視派

性能を考えるとこのあたりが落とし所だね。

えだまめくん

他社の同クラスモデルと比較しても消費電力は小さいので、ボリュームゾーンのモデルとしておすすめできます。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

今期のソニー・ブラビアは新しい省エネ基準達成を意識している感じね。

えだまめくん

はい、新しい省エネ基準達成目標は2026年度なので、徐々に改善して行かないと間に合いません。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ソニー 4K液晶ブラビア X90K評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ブラビア X90K】X90Jとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

新しいX90Kは前期から大きな進化は見られません。

しかし、Mini LEDバックライト技術との変換点で、以前は高級機能であった直下型LED部分駆動が楽しめる高性能モデルとして今期のボリュームゾーンとなる可能性が高いでしょう。

各社、同様の方向性で動いており、Mini LEDモデルを除いた以前のハイエンドモデル並みの機種は間違いなく今期の狙い目となります。

でも、どうしてもMini LEDのテレビを試したい方は、割安なハイセンスのU9Hでトライするのも面白そうです。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

X90Kのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

X90Kが優れる点⤴︎

  • 直下型LED部分駆動
  • 高コントラスト化*
  • 認知特性プロセッサー「XR」による制御技術
  • 自動画質・音質調整のブラビアカム対応(OP)*
  • スピーカー出力の強化
  • ゲーム性能
  • 卓上スタンド高さの調整機能
  • eARC*・HDCP2.1対応
  • Bluetoothリモコン

X90Kが劣る点⤵︎

  • HDR対応規格が少ない
  • 卓上スタンド幅の調整不可*

*前モデルX90Jと比較した場合

X90KとX90Jの違いまとめ

\ X90Jとの違いまとめ /

項目X90JX90K
サイズ75v/65v/55v/50v85v/75v/65v/55v/50v
高画質化直下型LED部分駆動直下型LED部分駆動
XR Contrast Booster 5XR Contrast Booster 10
XR HDR リマスターXR HDR リマスター
認知特性プロセッサー「XR」認知特性プロセッサー「XR」
-ブラビアカム(OP)
XR 4K UpscalingXR 4K Upscaling
XR Super ResolutionXR Super Resolution
XR トリルミナス プロXR トリルミナス プロ
XR スムージングXR スムージング
倍速駆動パネル
XR モーション クラリティー
倍速駆動パネル
XR モーション クラリティー
HDR10/HLG
Dolby Vision
HDR10/HLG
Dolby Vision
高音質化Acoustic Multi-Audio
X-Balanced Speaker
Acoustic Multi-Audio
X-Balanced Speaker
ドルビーアトモス対応ドルビーアトモス対応
3D Surround Upscaling3D Surround Upscaling
4.0.0ch
20W
4.0.0ch
30W
50vのみ20W
自動音場補正自動音場補正
-Acoustic Center Sync
Bluetoothオーディオ連携Bluetoothオーディオ連携
ボイスズーム2ボイスズーム2
リモコンBluetooth対応Bluetooth対応
機能卓上スタンド幅調整サウンドポジションのみ
スマートスピーカー連携スマートスピーカー連携
ハンズフリー音声検索ハンズフリー音声検索
HDMI=4HDMI=4
USB=2USB=2
PlayStation(R)5
連携機能
PlayStation(R)5
連携機能
4K/120fps4K/120fps
VRR/ALLMVRR/ALLM
X-Wide AngleX-Wide Angle
X-Anti ReflectionX-Anti Reflection
X90KとX90Jの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年ソニー・ブラビア関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

X90Kと一緒に買いたい!

Sponsored Link
ソニー4K液晶ブラビア X90Kレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!