4K有機ELテレビ ソニーブラビア A9S ①セールスポイントの評価

A9S IC 1 有機ELテレビ
有機ELテレビ

2020-2021モデル、ソニーブラビアは有機ELのフラッグシップ機である「A9G」の全面刷新を行わず、48型(インチ)A9Sの追加投入に留まっている(2020/10現在)。

一方、有機ELセカンド機である「A8G」は、「ブラビアA8H」としてフルモデルチェンジを遂げた。

ソニーブラビア有機ELテレビの中でも「マスターシリーズ」という特別な位置づけは、A9GとこのA9Sだけ。

A9SはA9Gの単なる追加サイズの機種なのか?

4回にわたってA9Gとの違いを中心に解き明かして行きます。

第1回目はソニーブラビア有機ELテレビ A9Sの「セールスポイント」をじっくりと徹底評価。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

4K有機ELテレビソニーブラビア A9Sとは

A9S img02

 

モデルシリーズ分類サイズ展開
2020夏
(20’7月)
ブラビア
A9S
有機EL
テレビ
48v

 

ソニーブラビア有機ELテレビのフラッグシップ機は、2019-2020モデルとして発売された「A9G」で、77型、65型、55型のサイズ展開である。

「A9S」は同じマスターシリーズであり、フラッグシップ機のサイズバリエーションを広げるために追加された機種と考えられる。

ハイエンド有機ELテレビをもっと身近に、そして場所を選ばず使用することを想定した戦略的なモデルと言えるでしょう。

4K有機ELテレビソニーブラビア A9Sのセールスポイント

  1. 有機ELテレビの高画質が省スペースで楽しめるコンパクトさ
  2. 高画質プロッセッサー「X1 Ultimate」搭載
  3. 立体音響を実現する「ドルビーアトモス」搭載

1.有機ELテレビの高画質が省スペースで楽しめる

えだまめくん
えだまめくん

ブラビアA9Sの特徴は、何と言ってもコンパクトさに尽きるでしょう。最も48型(インチ)のワンサイズしか無いのですが、大型化に走るテレビ市場において、フラッグシップ有機ELテレビをサイズダウンしたことは、置き場に困るニーズへの布石と言えます。

 

A9S img03

 

 

リーズナブル派
リーズナブル派

今期は有機ELテレビの48型(インチ)が熱いわね。

えだまめくん
えだまめくん

ニッチなニーズを取り込めると見込んだ投入でしょう。逆を正せば、有機ELテレビの大型化より簡単なんですよね。
テレビ台やテレビスタンドも選びやすくなります。

 

「テレビ台」の選び方のコツはここから

 

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

 

サイズ展開の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

わしの家なら、子供部屋やキッチンに丁度良いのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

フラッグシップ機A9Gと大きな差が無ければ魅力的な1台ね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

こんな小さいサイズなら液晶でいいじゃん。

 

2.「X1 Ultimate」と4Kチューナーを搭載

A9G-2

 

リーズナブル派
リーズナブル派

ここはフラッグシップ機A9Gと同じ「高画質プロッセッサー」を搭載しているのね。

えだまめくん
えだまめくん

当然と言えば当然です。
同タイミングで発売されたセカンド機の「A8H」でも同じプロセッサを搭載しましたからね。

 

POINT
  • 下位の「X1 Extreme」と比較してリアルタイム処理能力が約2倍
  • 新規投入の8K液晶テレビ「Z9H」にも採用

 

「X1 Extreme」からの変化

向上箇所変化内容どのように
高精細オブジェクト型超解像従来では失われてしまうような質感も、現実に近い質感で再現
高精細向上デュアルデーターベース分析ノイズ低減のデータベースを追加し、X1 Ultimateの解像処理用のデータベースと合わせシナジー効果を狙う
高コントラスト向上HDRリマスター処理能力が向上したX1 Ultimateで、より細かく被写体のコントラスト調整が可能
豊かな色彩表現なしSuper Bit Mapping 4K HDR微妙な色合いもリアルに再現

 

「X1 Ultimate」搭載の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

まあ順当な内容なのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

ハイエンドのブラビア液晶テレビも同じよね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

次期ブラビアに向けて差がなくなり煮詰まってきました。

 

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

 

3.立体音響を実現する「ドルビーアトモス」搭載

A9G-6

 

えだまめくん
えだまめくん

セールスポイントとは言え、ここも変わり映えしません。注意点としては、スピーカーユニットがA8Hと同じ「アコースティック サーフェス オーディオ」で「プラス」が付かない25Wの貧弱ユニットです。

リーズナブル派
リーズナブル派

あらら、小型サイズになるとスピーカーユニットのクオリティが下がるけど、A9Sも同じなのね。

えだまめくん
えだまめくん

いえ、サブウーファーがA8Hよりも一つ少ないので、厳密にはA9Gどころか、A8Hよりも下です。但し、A8H同様に、見落としがちな「自動音場補正」も採用されているのでご安心を。
下図の通り、視聴環境に合わせた音響の最適化(に近い)を行える機能ですね。

 

A8H img02

 

コスト重視派
コスト重視派

ソニーブラビア独自の「アコースティック サーフェス オーディオ」とマッチして聞きやすい音になったけど、A9Gの60Wとつい比べちゃうよ。

こだわり派
こだわり派

なんでセカンド機のA8Hより出力が小さいのか?わしには理解できないのだ。

えだまめくん
えだまめくん

この他、A9Gに搭載された「センタースピーカーモード」とそれに必要な端子もありません。スピーカーユニットについては残念な内容です。シアターバーで強化することも考えましょう。

 

 

ドルビーアトモスの評価

評価:

こだわり派
こだわり派

ドルビーアトモスはあって当たり前の時代も近いのだ。ただ、その他は残念な面もあるのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

自動音場補正は普通の使用には最適ね。アトモスが聞きやすそう。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

ただで映画館みたいな音が聞けるドルビーアトモスはやっぱり嬉しいね。出力が付いてくるか心配だけど…。

 

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

 

イヤホン端子に繋ぐだけ♪更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

 

ソニー純正のサウンドバー HT-X8500でA9Sを更に進化!

出力が少し乏しいブラビアA9S。ソニーはそこを見越している?

優秀なサウンドバーを用意していることをご存じでしょうか?

もちろんドルビーアトモスにも対応し、価格もお手頃価格なのが嬉しい製品。

評判の良い、ソニー純正のサウンドバーHT-X8500と組み合わせれば、A9Sのサウンドは更にパワーアップ出来ますね

A9G-7

このソニー純正のサウンドバーHT-X8500って、ソニー以外のテレビでも相性抜群とAmazonでの評価が非常に高い。

ドルビーアトモスが無いテレビでも、ソニー純正のサウンドバーHT-X8500で実現可能!

そして意外と面白いのが、Bluetoothでスマホのスピーカーにもなっちゃうってところ。

お手頃価格なのにAmazonだとたまにこの商品のクーポンが出るから細目にチェックすることをおススメします♪

 

 

なお、ソニー純正のサウンドバーHT-X8500は独自の「Vertical Surround Engine」でドルビーアトモスや立体的な音響を実現しています。

物理的に考えた「イネーブルドスピーカー」本体とは違うので、誤解の無いようにして下さい。

ちなみに、HT-X8500はVGPで金賞とテレビシアター大賞を受賞しています。

4K有機ELテレビソニーブラビア A9Sの受賞歴

SONY 有機EL BRAVIA A9S はAV機器を専門家が評価する「VGP」夏のディスプレイ部門で「入賞」を果たしています(「Hivi」は選考中止)。

 

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

フラッグシップ機A9Gが昨年高い評価を受けましたが、A9Sは東芝レグザX9400の金賞に次いで受賞。

 

Hivi ベストバイ
2020夏
172 HiVi BEST BUY 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
新型コロナウイルスの影響で中止
VGP
2020夏
200-172P VGP 2020 SUMMER logo
【ディスプレイ部門】
◆有機EL(50型未満)受賞

 

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

情報が入り次第アップデート。

 

4K有機ELテレビ A9Sの「セールスポイント」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認した有機ELブラビア A9Sのセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

 

セールスポイントの総合評価

評価:4.0

こだわり派
こだわり派

フラッグシップ機A9Gと同じとまでは行かないが、高画質は維持しているのだ。

評価: 3.2

リーズナブル派
リーズナブル派

ハッキリ言えば、フラッグシップ機とセカンド機の間の子ね。

評価: 2.8

コスト重視派
コスト重視派

大型サイズじゃないからこんなもんじゃない。

 

えだまめくん
えだまめくん

セールスポイントだけを見れば目新しさも無く、内容的には確かにフラッグシップ機とセカンド機の間という感じの機種です。これでマスターシリーズ?
引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価行いましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

Sony BRAVIA A9Sの評価

 

今すぐ「A9S」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

この記事も読まれています!