Panasonic GZ1000 ②最適な視聴環境を整える

gz1000 IC 2 生活お得情報

Panasonic VIERA 有機ELテレビ GZ1000の徹底評価。

 

前回のセールスポイントに引続き、今回は視聴環境の点から評価を行います。

 

登場人物 派閥 こだわり
A氏1 こだわり派 価格よりも機能を重視。

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしない。

B子1 リーズナブル派 機能と価格のバランスを重視。

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しない。

C氏1 コスト重視派 機能よりも価格を重視。

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

GZ1000 おすすめの「視聴環境」

従来の有機ELテレビの弱点の内、「昼間のリビングでは見難い」と言う問題をPanasonic GZ1000は緩和する施策を講じています。

 

なお、内容はGZ2000、GZ1800と同様です。

 

  1. パネルの寿命が短い
  2. 消費電力が大きい
  3. パネルが焼き付く
  4. 昼間のリビングでは見難い
  5. 値段が高い(投資対効果が低い)

 

改善され一般的なリビングであれば問題なく視聴可

黒再現と暗部階調表現に優れた有機ELビエラならではの忠実性を、普段の明るいお部屋でも視聴いただくために、周囲の光と反射の影響を抑え、黒の締まりを良くするブラックフィルターを採用。ハイコントラストな映像を満喫できます。(Panasonic公式サイトより)

 

GZ2000は自社設計・組立によりハイコントラストパネルを実現しましたが、GZ1000は従来通り輸入パネルを自社で味付けしています。

 

ブラックフィルターの採用はGZ2000の特権かと思っていましたが、実はPasonic有機ELテレビGZシリーズ全体で採用されている視認性向上対策の自社技術です。

 

common_picture_blackfilter

 

 

 

 

 

 

 

 

視認性の高さや光の反射具合については現物確認が必要ですが、輝度アップにより明るいリビングへの適応力を増したことは間違いありません。

 

評価できるのは、Panasonic側がきちんと有機ELテレビの弱点を知り、対策を行ってきた所です。

 

この機種であれば、極端に反射する要素がなければ、通常の使用には差し支えないレベルとなりました。

 

リーズナブル派
リーズナブル派

自宅のリビングは採光が良くて、有機ELテレビは諦めていたけどこれなら大丈夫そうね。でも、必ず自分の眼で確かめなくっちゃね。

サイズの選び方

Panasonic GZ1000のサイズバリエーションは55型と65型の二つです。

 

購入サイズの選択方法は、4K映像を見るかHD映像を見るかソースによって異なってきます。

 

視聴距離 4K フルHD
200cm(6畳) 100型 52型
350cm(8畳) 190型 94型
  • 地デジ放送メインの狭い部屋であれば「55型」を視野に
  • それ以外の場合は「65型」がおすすめ(予算次第)

 

コスト重視派
コスト重視派

普通は地デジメインでしょ?65型なんて高過ぎで買う気にならないよ。

こだわり派
こだわり派

有機ELの特性上、超大画面が無いのが残念なんだな。

 

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

 

登場人物 評価 理由
A氏1 最低ランクだし、65型を寝室に置くのだ。
B子1 全モデルでデメリット対策を行う姿勢はヨシ!自分の眼で確かめて評価しないとね。
C氏1 見やすく改善されたことは評価が高いね。でも、値段は?だね。

 

GZ1000 おすすめの「設置スペース」

Panasonic GZ1000 を設置する際に必要な理想的なスペースを解説します。

 

TH-55GZ1000

スタンド含む本体質量=約27.5kg

size TH-55GZ1000

テレビ本体
理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行
1,250mm

(125cm)

800mm

(80cm)

350mm

(35cm)

 

テレビ台
理想的な横幅 理想的な高さ 理想的な奥行 耐荷重
1,800mm以上

(180cm)

360~450mm

(36~45cm)

400mm以上

(40cm)

30kg以上

 

55型の場合、質量が約27.5kgとPanasonic有機ELテレビでは最軽量のため、テレビ台の選択幅は多いです。

 

スタンドも問題なく使用出来るシンプルなデザイン。

 

 

TH-65GZ1000

スタンド含む本体質量=約33.5kg

size TH-65GZ1000

テレビ本体
理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行
1,500mm

(150cm)

950mm

(95cm)

350mm

(35cm)

 

テレビ台
理想的な横幅 理想的な高さ 理想的な奥行 耐荷重
2,700mm以上

(270cm)

360~450mm

(36~45cm)

400mm以上

(40cm)

35kg以上

 

ハイスペックの有機ELテレビ、影の弱点が重さです。

しかし、GZ1000の場合は65型でも33.5kgとPanasonic有機ELテレビの中では最軽量。

 

デザインもシンプルなため、スピーカーの出っ張りなどは気にせず、おしゃれなスタンド型も選択可能です。

 

また、ブラウン管テレビで使用していたテレビ台を流用する場合でも、脚部の設置面が小さいため特に問題なく流用ができますね。

 

テレビ台は現行品を流用したり、スタンド型へ変えたりすることが可能な機種ですが、やはり新しいテレビなので新しいテレビを購入することもおススメします。

 

BAROCCA(バロッカ)のような、耐荷重50kgと十分な性能を備えデザイン性も良い台が、高級な有機ELテレビとの相性が良いでしょう。

 

嬉しいのは「完成品」で納品される所です。細かい工夫もあり、完成品のため送料が高いのにかなりのヒット商品であることも頷けます。

 

 

更に、天然木に拘る人には嬉しい「無垢材」を使用した製品もあります。

 

 

コスト重視派
コスト重視派

これはシンプルで悩みも無くなって良いね。

こだわり派
こだわり派

まあ、うちなら寝室レベルなのだ。

えだまめくん
えだまめくん

軽い、シンプル。とても嬉しい内容です。あとは価格と耐久性かな?

リーズナブル派
リーズナブル派

普通のテレビ台なら選択肢は広いし、状況次第では余計な出費は必要ないかもしれないわね。

テレビ台の記事はこちらから‼

 

登場人物 評価 理由
A氏2 パソコンのディスプレイみたいだが、一応有機ELテレビなのだ。
B子1 テレビ台の選択肢が広がるし、現状品も流用出来る可能性があることは嬉しいわね。
C氏1 テレビを買うのに色々考えなくて良いね。シンプルイズベストだね。

 

有機ELテレビGZ1000の「視聴環境」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したGZ1000の視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

 

評価 理由
A氏1 4 お金に余裕があるので、どうせならGZ2000の方が良いのだ。
B子1 3.5 GZ2000とGZ1800の不満な面が一気に払拭されたわ。コスパ次第で選択肢って感じ。
C氏1 3 うん、価格を下げようとする努力は伺える。

 

えだまめくん
えだまめくん

コストを気にする人達の評価が高くなってきましたね。逆にこだわり派にはちょっと物足りないのかな?

では、「機能」についても違いがあるのか?評価しましょう。以下のリンクかこちらから移動して下さい。

 

 

Panasonic VIERA GZ1000の評価

 

今すぐ「GZ1000」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

テレビに関するまとめ記事