4Kチューナー内蔵テレビ|Panasonic GX850のスペック分析で意外な結果が

生活お得情報

先日、TOSHIBA REGZA Z720X を購入し、レビュー記事を書きました。

 

年末のBS4K紅白歌合戦の視聴、新大河ドラマの4K放送など連日美しい映像に感動しています。

 

 

REGZAを購入した理由は記事に書いてありますが、本来はPanasonicの購入を検討していました。

 

残念ながら、Panasonicの4Kチューナー内蔵テレビは当時発売されておらず、別にチューナーを置くと収納がすっきりしないことなどの理由でREGZAを購入。

 

そんなこんなで月日は経ち、2019年1月25日にやっとこさPanasonicからも4Kチューナー内蔵のVIERAが発売する運びとなった模様です。

 

早速Panasonic同士のスペック比較を行いましたので、購入する予定のある方は参考にして下さい。

 

Panasonic GX850 と Panasonic EX850

先ずは大人気だった同じPanasonicの「EX850」のおさらいから。

 

  • Panasonic EX850
  • 発売日=2017年10月20日
  • 価格推移=(最高値)374,295円~(最安値)145,975円(価格.com 2019年1月21日現在)

 

なんと販売当初は37万円もしたのですね。

 

Panasonic GX850 について、公式サイト写真を貼っておきます。

 

4Kチューナー内蔵ビエラ GX850シリーズ 65v/55v/49v/43v

 

「転倒防止スタンド付」って、前モデルの「FX750」と同じです。

 

公式ホームページの情報を読み解くと、FX750とEX850の中間に位置する機能を想像できますが、同じく前モデルの「FX800」とは一線を画す感じ。

 

スペック比較を見れば明らかですが、EX850の売りであった音響部分は全く踏襲されていません

 

Panasonic GX850 vs. Panasonic EX850

では大人気だった同じPanasonicの「EX850」とスペック比較を行ってみましょう。

 

なお、未確認情報もあるので、最終的にはご自分で詳細をご確認下さい。

 

比較項目 GX850 EX850 比較(差)
映像 パネル IPS×LED IPS×LED 目視、詳細確認要
パネルサイズ 55V型 55V型
画素数(水平×垂直) 3,840×2,160 3,840×2,160
音声 スピーカー 30W(15W+15W) 100W(12.5W+12.5W+12.5W+12.5W+25W+25W) ↓ダウン
放送メディア 地上デジタル放送 3 3
BSデジタル放送 3 3
110度CSデジタル放送 3 3
BS4K/110度CS4K放送 1 × 新機能
CATVパススルー対応
CATV受信
機能 VIERA Link対応
2画面機能
SD静止画再生 ↓ダウン
SD動画再生 HEVC/H.265、AVC/H.264、MPEG-2、AVCHD ↓ダウン
無線LAN内蔵
アクトビラ ○(ビデオ・フル) ○(ビデオ・フル)
DLNA ↓ダウン
オフタイマー/オンタイマー ○/○
録画 SD録画対応
USBハードディスク録画対応※3
端子群 HDMI端子 端子数 4※4(4K入力対応) 4(4K入力対応)
ARC対応 ○(HDMI1) ○(HDMI1)
HDCP2.2対応 ○(4系統全て) ○(4系統全て)
USB端子 3(うち1つは、USB3.0対応) 3(うち1つは、USB3.0対応)
D端子
ビデオ入力 1 1
コンポーネント入力
光デジタル音声出力 1 1
LAN端子 1 1
パソコン入力(RGB)
SDカードスロット ↓ダウン
イヤホン端子
画面寸法 幅:1210mm 幅:1210mm
高さ:680mm 高さ:680mm
対角:1388mm 対角:1388mm
外形寸法 テレビスタンド含む テレビスタンド含む
幅:1235mm 幅:1338mm コンパクト化
高さ:770mm 高さ:755mm
奥行:248mm 奥行:300mm コンパクト化
使用電源 AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
質量 約24kg(テレビスタンド含む) 約35.0kg(テレビスタンド含む) 軽量化
消費電力 176W 309W 省電力化
年間消費電力量 136kWh/年※5 159kWh/年※3 省電力化

 

変化点をまとめてみましょう。

 

  • 画質は詳細スペックと目視で比較確認すべし
  • 音質はスペック的には大幅低下
  • 新機能=4Kチューナー内蔵
  • SD使用については使途の幅が低下
  • 寸法、重量についてはコンパクト化
  • 省電力性能はスピーカーのスペックダウンの影響で向上

 

比較することで良く分かりますが、これは「EX850」の後継機とは言えませんね。

 

液晶パネルのハイエンドを想定していましたが、やっぱりミドルとハイの中間くらいの位置づけかもしれません。

 

Panasonic GX850 は買いなのか?

今後、画質は圧倒的、しかし省電力性能とパネル寿命が劣るフラッグシップの有機ELテレビを発売するのでしょうが、今までのような価格推移では消費者は満足しないような気がします。

 

ちなみに、発売前の予約価格設定は24万円~27万円程度なので、やはりEX850の後継機ではないと判断できます。

 

直ぐにでも4Kチューナー内蔵テレビを購入したい人は、価格的にもスペック的にもわざわざ発売したばかりで高額なPanasonicを選択する必要はないかもしれません。

 

TOSHIBA REGZA Z720X の内容が良く、価格もほぼPanasonicの旧型「EX850」と大差ないのだから。

 

これは、Z720Xについても比較してみる必要がありますね

 

 

テレビを買うなら必ず「クレジットカード」を使いポイントの取り逃しを無くそう!