4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500H ②最適な視聴環境を整える

X8500H IC 2 液晶テレビ
液晶テレビ

ソニーブラビア 液晶テレビ X8500Hの徹底評価。

前回のセールスポイントに引続き、2回目の今回は視聴環境の点から評価を行います。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500H おすすめの「視聴環境」

X8500Hは液晶テレビなので、一般的な家庭で正面から視聴する分にはパネル反射の問題などは気にする必要は無いでしょう。

スペック的にも反射対策について特別謳っていないため、従来通りハーフグレア的な対策は行っています。

但し、輝度の面についてはハイエンド機並とは行かないので、自宅の視聴環境を十分確認して下さい。

ほとんどの家庭では最大輝度で視聴することはありませんが、もし、そのような環境下なら視聴時に注意深く観察し、他製品と比較することをお勧めします。

更にもう一つの認識事項!

ソニーの液晶テレビと言えば頑なに「VAパネル」を採用していることで有名です。

しかし、4K液晶テレビ ブラビアX8500Hは、49型が「VAパネル」で43型は「IPSパネル」を採用。

大画面展開用のX8550Hは65型/55型共に「IPSパネル」なので、ソニー伝統のVAパネルを採用する49型はソニーファンにとっては嬉しい内容?

ちなみに最廉価機種のX8000Hも「IPSパネル」なので、X8500Hの49型はちょっと特別な存在ですね。

また、下位モデルと違う点が「モーションフローXR240」を搭載する「倍速駆動パネル」を採用していること。

スポーツ観戦など早い動きが観やすくなってる点は上位機種同等ということです。

 

  • X8500Hは液晶テレビなので明るい部屋でも見やすい
  • X8500Hは49型がVAで43型はIPSパネル
  • X8500Hは倍速駆動パネルなので早い動きが観やすい

 

X8500Hに搭載のIPSパネルとVAパネルの違いについて

有機ELテレビと比較して、LEDバックライトの液晶テレビは一般の視聴環境では見やすさの面でメリットが上回ります。

一方で、視野角、コントラストなどは有機ELテレビ が上回ります。

これら、液晶テレビ のデメリット同時に克服できる液晶パネルはないため、そのれぞれの弱点を緩和するパネルを好みで選択するしかありません。

 

視野角が狭いという弱点を克服したIPS液晶パネル

視野角の狭さは液晶パネルの弱点として当たり前となっていました。

正面からの視認性は問題無くても、横からの視認性は暗く見難くなるという弱点を克服したのが「IPS液晶パネル」です。

IPS液晶パネルの登場で、家族が集まるリビングなど、全員が正面から視認できないシチュエーションでも綺麗な映像を見ることが可能となりました。

しかし、鮮やかな映像となる一方、黒の白浮きが出るためコントラストは犠牲になったのです。

とは言え、日本国内の視聴環境では最も適したパネルであることは間違いありません。

発売当初は高級品でしたが、一時はほんどのハイエンド液晶テレビがIPS液晶パネルを採用していました。

しかし、今期より東芝Z740Xは全てVAパネル化され、VAパネルの歴史が長いSONYの優位性が際立ち始めました

なお、IPSパネルは有機ELテレビとほぼ同じ視野角ですが、有機ELの領域までは至っていません。

 

  • 鮮やかかつ優れた色再現
  • 視野角が広い(ほぼ有機EL並)

 

  • 遮光性が低い(黒がボケる)
  • コストが高め

 

深いコントラスト表現のVA液晶パネル

VA液晶パネルはIPS液晶パネルの弱点である「コントラスト」に強みがあります。しかし、視野角が狭いのが弱点。

有機ELテレビが発売される以前より、コントラストの高さからマニア向けの機種に搭載されることが多かったのが特徴。

ソニーはこだわりを持って「VA液晶パネル」を以前から採用しています。

ちなみに、コントラストのレベルを数値化すると以下の表になります。

 

パネル方式白の明るさ黒の明るさ
有機ELパネル1,000,0001
VAパネル5,0001
IPSパネル2,0001

 

結局はコントラストでも有機ELには遠く及ばないのが液晶パネルということになりますね。

 

  • 遮光性が高く黒の表現が秀逸
    (コントラストが高い)

 

  • 視野角が狭い
  • 色再現に偏りが生じやすい

 

えだまめくん
えだまめくん

個人的には廉価機種ほど、VAパネルは色が薄く、IPSパネルは少しギラつくと感じます。この辺りは好みや感じ方に差が出ますので、必ず自身で確認をしましょう。
サイズ的には高機能な部類に入るX8500Hは、同時期に発売されたパナソニック液晶ビエラ HX850と比較することをおすめします。

 

  • X8500HはサイズによってIPSとVAパネルに分かれるので注意
  • 中小型サイズでは高機能モデルなので同レベルの機種と比較する

 

テレビサイズの選び方

BRAVIA X8500Xのサイズバリエーションは49型、43型の二つのバリエーション。ちょっと小さめのサイズ展開ですね。

購入サイズの選択方法は、4K映像を見るかHD映像を見るかソースによって異なってきます。

 

視聴距離4KフルHD
200cm(6畳)100型(インチ)52型(インチ)
350cm(8畳)190型(インチ)94型(インチ)

 

  • 55型では少し大きいし置き場所に困る場合は「49型」がおすすめ
  • 「43型」はダイニングテーブルや二台目のテレビに最適

 

コスト重視派
コスト重視派

この辺りのサイズは色々な事情が絡むから一概にコメントは出来ないね。

こだわり派
こだわり派

まあ、小さいことには変わり無いのだ。

 

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

 

パネルの大きさと反射対策の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

しょせんは有機ELテレビに画質が劣る液晶テレビなのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

観やすさの観点から、下位機種のX8000Hには無い倍速機能に加点。サイズは…ちょっと迷うわね。私は49型だと少し小さいわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

前機種でも反射関係は特に問題を感じなかったし、このサイズ的が狙いの人にとっては良い機種だと思うよ。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500H おすすめの「設置スペース」

Sony BRAVIA X8500H を設置する際に必要な理想的なスペースと、最適な視聴高さを実現するテレビ台を解説します。

 

POINT
  • X8500Hの重量はクラスとしては標準的
  • X8500Hはデザイン的に「画面とテレビ台の設置距離が長い」(高くなる)
  • 卓上スタンド使用時はパネルが上方に傾くので目線を高くする

 

X8500Hの寸法仕様

BRAVIA X8500Hの各サイズに関して、基本の寸法、重量について確認すると共に、テレビを設置する上で最低必要なスペースを理解しましょう。

KJ-43X8500H(43型・インチ)

43X8500H size
X8500H 43型(インチ)の重量
総重量本体のみ卓上スタンドのみ
11.3kg10.8kg0.5kg
X8500H 43型(インチ) テレビ本体の必要スペース
理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,100mm
(110cm)
800mm
(80cm)
350mm
(35cm)

KJ-49X8500H(49型・インチ)

49X8500H size

X8500H 49型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
13.7kg13.2kg0.5kg

X8500H 49型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,200mm
(120cm)
900mm
(90cm)
350mm
(35cm)

 

X8500Hを理想的な高さで視聴できるテレビ台

ここでは、ブラビアX8500Hを最適な高さに関する理由と、理想的な高さで視聴するためのテレビ台の高さに言及します。

 

サイズ別理想的なテレビスタンド高さイメージ

 

上図は、一般家庭でテレビを視聴するパターン別に、テレビサイズ毎に目線の高さをイメージした内容です。

視点の高さから左下の様にテレビ台やテレビスタンドの数値を算出していますが、基本は座椅子の高さを目線の中心線に置けば大抵のパターンに当てはまるのが分かるでしょう。

この図を参考に、X8500Hにマッチする理想的な視聴高さを探ります。

X8500Hのテレビ台を選ぶ際の注意点

最適なテレビ台のサイズについて結論を出す前に、ソニー4K液晶ブラビア X8500Hを設置する際の注意点を確認しましょう。

ブラビアX8500H 卓上スタンドの特殊性
えだまめくん
えだまめくん

寸法図の通り、ブラビアX8500Hの卓上スタンドは、軽量且つほぼ標準的なスペースを必要とするタイプですね。設置面からベゼル下部まで55mmの高さがあることに注目しましょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

卓上スタンド単体の重量を考えると、高級タイプというわけでは無さそうね。

えだまめくん
えだまめくん

そうですね。特に特殊な材質でもなければ一般的なデザインです。転倒防止対策もテレビ台に接続するタイプです。

ブラビアX8500Hの卓上スタンドは軽い
えだまめくん
えだまめくん

卓上スタンド単体の重さはたった0.5kgで、ハイエンド機と比較すると相当軽いものです。パナソニックの転倒防止機能が付いた卓上スタンドと比較すると、ほぼ10分の1ですね。

コスト重視派
コスト重視派

卓上スタンドに特別な機能も無いし、サイズ的にも軽量タイプで十分じゃない。

えだまめくん
えだまめくん

そうですね。本体も標準レベルの重さですし、置き場所には困らない機種と言えそうです。

こだわり派
こだわり派

ソニーは標準機能が絞られているせいか、他社よりも多少軽めなのだ。

えだまめくん
えだまめくん

何れにしても、購入を検討している人は重量よりも設置面の幅を気にすることが重要なようです。

リーズナブル派
リーズナブル派

でも既存のテレビ台を流用する人は、一応耐荷重は気にしてね。

 

CHECK
  • ディスプレイ(ベゼル)下部まで55mmの高さがあることを考慮
  • 重量よりも置き場所の幅に注意

X8500H 理想的なテレビ台のスペック

これまでの情報を加味すると、同じサイズの買換えでは重量の違いに注意が必要。

「耐荷重」を満たすことを前提に、以下のサイズ前後が「X8500H」では適切なテレビ台の条件と言えます。

但し、あくまでも想定は一般家庭なので、使途に合わせてサイズ調整を行いましょう。

 

サイズ 理想的な横幅 TV台
理想的高さ
理想的な奥行き 耐荷重
43v1,300mm以上
(130cm)
451mm
(45.1cm)
400mm以上
(40cm)
15kg以上
49v1,500mm以上
(150cm)
414mm
(41.4cm)
400mm以上
(40cm)
20kg以上

 

「横幅」については画面の大きさに合わせたバランスで長さを設定していますが、基本的には「耐荷重」をクリアーし、バランスよく設置できればこだわる必要はありません。

「奥行き」についても同様で、「耐荷重」とバランスを考慮したテレビ台を選択しましょう。

そして、ストレス無く視聴できる高さについては、「理想的高さ」であれば一般家庭での視聴は概ね対応可能です。

和式中心、洋式中心という選択肢の中で「理想的高さ」を基準に高低を計算できるので、テレビ台選びの参考にして下さい。

X8500Hを理想的な高さで視聴できるテレビスタンド

基本的な考え方はテレビ台選びと同じです。

しかし、テレビスタンドの場合は「壁掛け」同様にテレビスタンドを接続するテレビ本体のVERSAというネジ位置が高さに影響を与えます。

ただ単に台の上に置くだけなら簡単ですが、テレビスタンドの場合、接続位置を確認するだけでは接続後のテレビ画面のセンター位置は分かりません。

各機種の各サイズでVESA位置が異なるため、テレビスタンドの選定は少し複雑なことを先ずは理解しましょう。

ブラビアX8500Hとテレビスタンドの相性

ソニーブラビアX8500Hのサイズバリエーションは49/43型の2種類で、どちらもそこそこ人気サイズのため適合するテレビスタンドの種類は多いです。

但し、テレビスタンドに本体を設置した際のセンター位置で最も適応範囲の多い「80cm」になる製品は限られます。

X8500Hに適合したテレビスタンドから、最適(もしくは自身が求める)な視聴高さになる製品を選びましょう。

ブラビアX8500Hはテレビスタンド使用時の視点がサイズ次第で変化
えだまめくん
えだまめくん

X8500Hのテレビスタンドは選択肢も豊富ですが、49型/43型の両サイズ共に設置位置がイメージより上側になります。

リーズナブル派
リーズナブル派

どうして位置が違うの?

えだまめくん
えだまめくん

テレビ背面にあるテレビスタンドと接続する「VESA位置」が影響しています。X8500HのVESA位置は、両サイズ共にセンターより下側にあるため、テレビスタンドへ設置するとテレビ本体が上側に長くなるのです。

 

コスト重視派
コスト重視派

テレビ台みたいに理想のセンター位置「80cm」をクリアーする適合製品も少ないんだね?

えだまめくん
えだまめくん

そうですね、残念ながらX8500Hは全体的に高くなる傾向で、選択肢は非常に狭くなります。ただ、テレビ台とは違いテレビスタンドは高さ調整が出来るメリットがあります。その高さ調整を逆手に取ると、以下の製品が理想的と言えます。

 

ハヤミ工業【HAMILeX】シリーズ

 

えだまめくん
えだまめくん

面白いのは下方向であれば無段階に調整が可能で、最大高さの取付位置は49型で106.2cm前後、43型で102.4cm前後と多少高いですが、下限へ調整すれば全ての視聴位置でベストな状態となります。総耐荷重も100kgと最高水準のレベルで安心ですね。但し、ディスプレイのみの耐荷重が20kgなので注意しましょう。

その他、センターが結構高くなりますが、EQUALSのWALLも適合します。

 

X8500Hにも適合するEQUALSのWALL

 

えだまめくん
えだまめくん

家庭用EQUALSのWALLなら、上記の「V2」以外でも使用可能です(S1/V3)。ただ、サイズと価格を考えるなら最も安い「V2」がコスパ的には最高です。

最低位置に設置した場合の目線の高さは49型で106.3cm前後、43型は102.5cmと和室使いでは高過ぎますが、低ソファー以外のソファー生活なら問題なく使用可能。総耐荷重50kg、ディスプレイ耐荷重40kgで、こちらも十分な強度を誇ります。

リーズナブル派
リーズナブル派

EQUALSのWALLはおしゃれで良いわ。しかも最廉価版のV2が使用出来るならコスパも十分満足ね。

コスト重視派
コスト重視派

テレビスタンド欲しかったけど、何が適合するか分からなかったんだ。こうやって適合する最適な製品を紹介されると選びやすいね。

えだまめくん
えだまめくん

テレビスタンドの選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

 

失敗しない「テレビスタンド」の選び方~7つの重要ポイントを解説

ブラビア純正テレビスタンドという選択肢

えだまめくん
えだまめくん

ソニーブラビアは、純正で壁に穴を開けることなく設置できる壁寄せタイプのテレビスタンドも用意されています。

 

A9G-8

 

こだわり派
こだわり派

高級感があるし、家の壁に穴を開けないのが良いのだ。

えだまめくん
えだまめくん

10万円以上するカデンツァ製のオリジナルAVラックなので高級感はバッチリです。ソニーストアで販売されているので、気になる方は調べてみましょう。

 

ソニーブラビア X8500H 設置スペースの最終評価

えだまめくん
えだまめくん

それでは、ソニーブラビア X8500Hの設置スペースに関して最終評価を行って下さい。

 

テレビの設置環境の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

小さい機種だから、まあ、こんなものなのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

可もなく不可も無い感じ。刺激が無いのが残念ね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

貧乏人の卓上スタンドは省スペースが希望なんだよね。まあ、X8500Hはそこそこ狭いけどさ。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8500Hの「視聴環境」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したソニーブラビア X8500H の視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

 

視聴環境の総合評価

評価:3.8

こだわり派
こだわり派

液晶テレビについてはどれも同じ得点なのだ。わしのレベルになると特に大きな違いは感じられないのだ。

評価: 3.3

リーズナブル派
リーズナブル派

X8550H同様に、下位モデルのX8000Hとの違いは倍速対応だけど、点数的に差は微々たるものと感じてるわ。根本的な仕様は同じですものね。あとは価格次第かしら?

評価: 3.3

コスト重視派
コスト重視派

僕はこの形状の卓上スタンドはあまり好きじゃないんで。でも、視聴環境は総合的に見て及第点だよ。

 

えだまめくん
えだまめくん

サイズ違いのX8550Hとの差よりも、相違点が「倍速対応」である下位モデルX8000Hとの違いが少し気になるようです。中小型サイズなので、全体的には大きな加点も限定もありません。
次は前作から特に進化が無いという「機能」について評価しましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

 

今すぐ「SonyブラビアX8500H」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪