4K液晶テレビ東芝レグザ M530X ②最適な視聴環境を整える

M530X IC 2

 

TOSHIBA REGZA 液晶テレビ M530Xの徹底評価。

前回のセールスポイントに引続き、2回目の今回は視聴環境の点から評価を行います。

登場人物

価格よりも機能を重視

こだわり派

こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派

リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。

機能そこそこで価格を重視

コスト重視派

コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

Click to Contents!!
Sponsored Links

4K液晶テレビ 東芝レグザ M530X おすすめの「視聴環境」

液晶テレビの最大メリットは「輝度」の高さにあります。

パネル表面の映り込み対策は当然必要ですが、コントラスト力が高くなれば高くなる程「黒」が強調され、パネルへの映り込みリスクは上がる

即ち、有機ELテレビは常にそのリスクに晒され、視聴環境(特に部屋の明るさ)の影響を受け易いテレビと言われる所以です。

一方で、バックライト方式の液晶テレビは自発光方式の有機ELテレビとは違い、高輝度である代わりに黒が締まりません(俗に言う「黒浮き」)。

とは言え、一般家庭のように昼間も夜も明るいリビングで視聴するテレビとしては最適

レグザM530Xが採用するパネル方式を理解する

M530Xは上位機種のZ730X(65型は同じ)とは違うパネル方式を採用しています。

違いを理解し、自身の視聴環境に適合するかをしっかり見極めて下さい。

液晶テレビのパネル方式には種類がある

一般的に昨今の液晶テレビは「IPSパネル」が主流となっています。

特徴は次の通り。

GOOD!!
  • 鮮やかかつ優れた色再現
  • 視野角が広い(ほぼ有機EL並)

鮮やかな色調表現で有名なノートパソコン「Mac Book Pro」にもIPS液晶が採用されています。

また、視野角もおよそ178度あり、一般家庭のリビングなど、人によっては横から見る角度でも綺麗で明るい映像を視聴出来ます。

BAD…
  • 遮光性が低い(黒がボケる)
  • コストが高め

しかし、構造上バックライトの光を全て遮断できるわけではないので、黒の表現が少しボヤけてしまいます。

バックライトによる影響で「黒浮き」した感じになるのですが、普通に視聴する分にはほとんどの人が気にならないレベルでしょう。

そして、有機ELパネルとは比べものにはなりませんが、液晶技術の中でIPSパネルは高価な部類に入ります。

REGZA M530XはそんなIPSパネルを使用していません

レグザM530Xのパネルは「VA」

パネル技術のメリットは、使途やメーカーの思惑で採用基準が変わってきます。

Sonyの場合はVAパネルのメリットを大切にし、VAパネルを使用した液晶ハイエンド機を生産していますが、他社の思惑は少し違います。

PanasonicやTOSHIBAの場合、コストを抑えた機種にVAパネルを採用する傾向にあると言わざるを得ません。

M530Xの場合、液晶のセカンド機という位置づけで、全シリーズ(サイズ)がVAパネルで、ハイエンド機のZ730Xは65型以外は全てIPSパネルというラインナップ。

両者一長一短ありますのが、テレビの主役はやはり「パネル」なので、内容を理解した上で、納得の行く買い物を目指して下さいね。

VAパネルの特徴

M530Xが使用するVAパネルの良い所と残念な点は次の通りです。

GOOD!!
  • 遮光性が高く黒の表現が秀逸
    (コントラストが高い)
BAD…
  • 視野角が狭い
  • 色再現に偏りが生じやすい

IPSパネルと全く逆だと思いませんか?

VAパネルの弱点を補う形で開発されたのがIPSパネルなので当たり前ですね。

但し、VAパネルだって弱点の改善を行って来なかったわけではありません。

最も重要な弱点である「視野角」の広さについて、50度程度まで改善を行っています。

M530Xの視聴環境を考えた場合、この「50度という視野角」を必ず考慮しましょう。

また、色再現力については、IPSパネルが鮮やかすぎるという意見もある一方、VAパネルは少し淡泊な色合いと感じる人も居ます。

もちろん、自然な表現と感じれば問題はありませんが、必ず自分の「好みの色」であるか確認することがポイントです。

ポイント
  • 視聴環境に合致した「視野角」で視聴できるかを確認
  • 色の表現が自分や家族の「好みの色」と一致しているかを確認
えだまめくん

M530Xは、上位機種のZ730Xが採用するIPSパネルではなく、「VAパネル」というもの採用していることをしっかり理解しましょう。

テレビサイズの選び方

TOSHIBA REGZA M530Xのサイズバリエーションは43型、50型、55型、65型の四つもあります。

特に注目が「50型」。

上位機種のZ730Xでは「49型」のバリエーションとなっているので、地味にサイズが違います。

もちろん、M530Xも様々な生活環境を想定してサイズバリエーションを展開!

予算と視聴環境が合致すれば出来るだけ大きなサイズを選びたいですね。

「価格面」と「設置場所の確保」をキーワードに、サイズ選びの基本を再確認して、各サイズの設置スペースを検証しましょう。

視聴距離4KフルHD
200cm
(6畳)
100型
(インチ)
52型
(インチ)
350cm
(8畳)
190型
(インチ)
94型
(インチ)
ポイント
  • 地デジ放送メインなら「55型以下」でもOK
  • 予算と設置スペースに余裕があれば出来るだけ大きなサイズを選びましょう
コスト重視派

M530Xは廉価版の位置づけなので、コスト的に期待大!8畳以上の部屋なら65型も視野に入るね。

こだわり派

たとえ液晶でも大きいことは良いことなのだ。特にVAパネルだから映画などを視聴するには相性が良いのだ。

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

パネルの大きさと反射対策の評価

評価:2.5

こだわり派

液晶テレビの視聴環境はどうでもいいのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

VAパネルのデメリットだけが独り歩きしてるけど、今時のリビングなら視野角内で視聴が十分行えるわ。それより、コントラストが良いことが気になるのよね。

評価:4.0

コスト重視派

うーん、自分は感じないけど友達はIPSのギラツキ感が馴染めないって言ってた。VAパネルは昔からマニア向けだし、注意点をしっかり確認すれば特に視聴環境は問題ないね。

4K液晶テレビ 東芝レグザ M530X おすすめの「設置スペース」

TOSHIBA REGZA M530X を設置する際に必要となる理想的なスペースを解説します。

43M530X(43型)

size 43M530X

M530X 43型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
10.0㎏9.0㎏1.0㎏

M530X 43型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
1,000㎜
(100㎝)
700㎜
(70㎝)
250㎜
(25㎝)

M530X 43型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
耐荷重
1,400㎜
以上
(140㎝)
500~600㎜
(50~60㎝)
300㎜
以上
(30㎝)
15㎏
以上
えだまめくん

凄い軽いですね。Z730Xもかなり軽量化されていましたが、43型M530Xは更に軽く置き場所には先ず困らないですね。

リーズナブル派

この手の中画面テレビは、「目線の高さ」に注意して置き場所を選ぶのよね。

えだまめくん

その通りです。大型テレビが中心の昨今、低めのテレビ台が多く、椅子やソファーから見下ろすことにもなり兼ねないので注意しましょう。

リーズナブル派

普段の視聴環境をよく理解して、最適な高さとなるよう選択することが大事ってことね♪

50M530X(50型)

size 50M530X

M530X 50型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
13.5㎏12.5㎏1.0㎏

M530X 50型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
1,200㎜
(120㎝)
800㎜
(80㎝)
300㎜
(30㎝)

M530X 50型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
耐荷重
1,600㎜
以上
(160㎝)
400~500㎜
(40~50㎝)
350㎜
以上
(35㎝)
15㎏
以上
えだまめくん

50型も凄く軽いですね。サイズ的には問題無いとは思いますが、目線が低くならないかを確認して置き場を選んで下さい。

55M530X(55型)

size 55M530X

M530X 55型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
15.5㎏14.5㎏1.0㎏

M530X 55型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
1,250㎜
(125㎝)
800㎜
(80㎝)
300㎜
(30㎝)

M530X 55型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
耐荷重
1,800㎜
以上
(180㎝)
360~450㎜
(36~45㎝)
350㎜
以上
(35㎝)
20㎏
以上
えだまめくん

55型まで見て気づいたのですが、卓上スタンドの重さは1.0kgでみんな同じですね。コストダウンには効果がありそうです。

コスト重視派

この大きさでも大分軽いね。スタンド型のテレビ台も余裕だし、古い台も流用出来そうだ。

えだまめくん

ちなみに後程解説する65型だけは若干大きさが違う卓上スタンドですが、重さは大差ありません。置き場の選択肢が広がります。

ポイント
  • 55型M530Xは置き場に困らない軽量設計

65M530X(65型)

size 65M530X

M530X 65型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
20.5㎏19.3㎏1.2㎏

M530X 65型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
1,500㎜
(150㎝)
950㎜
(95㎝)
300㎜
(30㎝)

M530X 65型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な
横幅
理想的な
縦幅
理想的な
奥行き
耐荷重
2,700㎜
以上
(270㎝)
360~450㎜
(36~45㎝)
400㎜以上
(40㎝)
25㎏
以上
えだまめくん

いやはや、65型は本体のみだと20kgを切るのですね。卓上スタンドも省スペースタイプなので、大画面の入門機としてもって来いです。

リーズナブル派

壁掛けは工事が面倒だし、高級なテレビ台って感じじゃないわね。私がM530Xを買うなら、せっかくなのでテレビスタンドに挑戦したいわ!

コスト重視派

VAパネルの弱点である「視野角の狭さ」を意識したセッティングだけは忘れないように。

M530Xを理想的な高さで視聴できるテレビ台

ここでは、レグザM530Xを最適な高さに関する理由と、理想的な高さで視聴するためのテレビ台の高さに言及します。

サイズ別理想的なテレビスタンド高さイメージ

上図は、一般家庭でテレビを視聴するパターン別に、テレビサイズ毎に目線の高さをイメージした内容です。

視点の高さから左下の様にテレビ台やテレビスタンドの数値を算出していますが、基本は座椅子の高さを目線の中心線に置けば大抵のパターンに当てはまるのが分かるでしょう。

この図を参考に、M530Xにマッチする理想的な視聴高さを探ります。

M530Xのテレビ台を選ぶ際の注意点

最適なテレビ台のサイズについて結論を出す前に、東芝レグザM530Xを設置する際の注意点を確認しましょう。

レグザM530X卓上スタンドの特殊性

えだまめくん

レグザM530Xは省スペースタイプなので置き場所には困らないでしょう。

リーズナブル派

レグザらしいわ。

えだまめくん

次に重さを確認しましょう。

レグザM530Xの卓上スタンド重量

えだまめくん

M530Xの卓上スタンドは普通の重さですね。

コスト重視派

セカンド機にしては重くない?

えだまめくん

確かに65型は1kgを超えますが、ほぼ標準的と考えて良いでしょう。

CHECK!

  • 卓上スタンドの幅は省スペース対応
  • 重さは標準的
えだまめくん

参考までに比較的リーズナブルなテレビ台を紹介しています。

コスト優先で選択するなら(最大65型)

  • 高さ28.2㎝でほぼ全サイズで最適な視聴高さを実現可能
  • 人気商品なのでクチコミ多数
  • 高級感が薄い

高さ調整可能で安心の朝日木材加工(最大65型)

  • 31.8㎝と43.8㎝の2つの高さが選べほぼ全サイズで最適な視聴高さを実現可能
  • 一部の色をおしゃれに変えられる
  • 耐荷重注意

最大77型まで対応可能な朝日木材加工のローボード

  • 高さ31.8㎝でほぼ全サイズで最適な視聴高さを実現可能
  • サイズは幅80㎝から177㎝まで6バリエーション
  • 組立必要

M530Xを理想的な高さで視聴できるテレビスタンド

基本的な考え方はテレビ台選びと同じです。

しかし、テレビスタンドの場合は「壁掛け」同様にテレビスタンドを接続するテレビ本体のVERSAというネジ位置が高さに影響を与えます。

ただ単に台の上に置くだけなら簡単ですが、テレビスタンドの場合、接続位置を確認するだけでは接続後のテレビ画面のセンター位置は分かりません。

各機種の各サイズでVESA位置が異なるため、テレビスタンドの選定は少し複雑なことを先ずは理解しましょう。

レグザM530Xとテレビスタンドの相性

サイズ的には売れ筋が中心なので、テレビスタンドの選択肢は多いでしょう。

但し、M530Xに適合したテレビスタンドから、最適(もしくは自身が求める)な視聴高さになる製品を選ぶことが重要です。

レグザM530Xはテレビスタンドがマッチする

えだまめくん

レグザM530Xをテレビスタンドに取り付けた際、目線の高さはイメージより高くなるでしょう。

リーズナブル派

どうして?

えだまめくん

テレビ背面にあるテレビスタンドと接続する「VESA位置」が影響しています。M530XのVESA位置は全サイズ下寄りに位置しており、設置後のセンター位置が高くなるのです。

コスト重視派

テレビ台みたいに理想のセンター位置「80cm」をクリアーする適合製品はどうなんだろう?

えだまめくん

65型と43型は若干限られますが、その他サイズのベスト3に入るテレビスタンド全てが高得点の内容でした。詳しくは以下のリンクで確認して下さい。

REGZAなら純正のテレビスタンドも選べる

X930-9

CHECK!

  • 壁掛け金具や壁への設置工事は不要
  • 大画面テレビを省スペースで設置
  • 左右に約8度テレビの向きが調整可能
  • ケーブル類はすべて裏側に配線
えだまめくん

安心を買うなら断然レグザ純正品ですね。

こだわり派

わしは価格が高くても純正品にこだわるのだ。

リーズナブル派

値段はもちろん考えるけど、トータル的なバランスを考えるならREGZA専用テレビスタンドを購入するのがベストね。

東芝レグザ純正テレビスタンド

えだまめくん

テレビスタンドの選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

失敗しない「テレビスタンド」の選び方~7つの重要ポイントを解説

レグザZ730X 設置スペースの最終評価

えだまめくん

それでは、M530Xの設置スペースに関して最終評価を行って下さい。

テレビの設置環境の評価

評価:5.0

こだわり派

軽くて卓上スタンドも省スペースタイプだから、あばら家でも置けるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

重めの機種だとテレビスタンドの設置に躊躇しちゃうけど、M530Xなら何とかなりそうね。

評価:3.0

コスト重視派

やっぱり卓上スタンドは省スペースタイプだね。昔のテレビ台をずっと流用できるね。

テレビ台、テレビスタンド選びは「おしゃれでおすすめなテレビ台選びで最も重要な基礎知識を忘れていませんか?」で書いた通り耐荷重性能が重要です。

4K液晶テレビ M530X の「視聴環境」総合評価

えだまめくん

では、これまで確認したM530Xの視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

視聴環境の総合評価

評価:3.8

こだわり派

VAパネルはこだわりと思っても良いのだ。有機ELの前はVAパネルを指定買いしてたのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

軽さ、卓上スタンド。省スペースに収まるし視聴環境は選ばないわ。

評価:3.5

コスト重視派

視聴環境は総合的に見て及第点。但し、VAパネルのデメリットが出ない対策を行うこと。

えだまめくん

M530Xも視聴環境については他製品との差は無いです。
次はお待ちかねの「機能」について評価を行うので、以下のリンクかこちらから移動して下さい。

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

M530X IC 2

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる