【ビエラ LX950】JX950との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

パナソニック4K液晶ビエラ LX950レビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、パナソニック・ビエラの4K液晶テレビである「LX950」と前モデルのJX950との違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、LX950のおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、LX950と同世代である2022年モデルの新4Kビエラ間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「LX950を実際に操作」し「LX950の機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはLX950とJX950の違いが知りたいね。

\ LX950とJX950違い /

進化ポイント残念ポイント
ゲーム性能
オートチャプター(録画)
卓上スタンド込みの重量
eARC対応
スィーベル(首振り)廃止
違うポイント

見ての通り、LX950はほぼ進化のない最低限のマイナーチェンジモデルです。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ビエラ LX950】JX950との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

LX950 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

LX950 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格4.03.02.0
セールスポイント4.04.54.0
視聴環境・設置4.04.04.0
全機能3.04.04.0
省エネ・寿命4.03.53.5
総合評価3.8
3.8
3.5
LX950総合評価結果

先ず最初に結論からお話しましょう。

冒頭解説した通り、4K液晶テレビLX950前モデルのJX950からほとんど進化の無いモデルです。

具体的にはゲーム性能、eARCの対応、録画機能の向上が進化点で、スィーベル(首振り)機能の廃止は劣化ポイントととも取れる変更かもしれません。

卓上スタンド込みの重量が下がったことも目につきますが、これはスィーベル機能の廃止に伴う誤差と考えられます。

また、スピーカーシステムは名称が変わっただけで構成には変化がありません。

ただ、消費電力が低く、省エネ性能を気にする人には最適。

細かい変化ポイントを気にしない場合は市場価格次第で前モデルのJX950も選択肢に入ります。

えだまめくん

他社はこのクラスに軒並みMini LEDバックライトを採用したモデルを投入しており、パナソニック・ビエラの遅れを感じます。

リーズナブル派

出したかったけど出せなかったんじゃない?だから仕方なく変化の少ないLX950を投入した感じだわ。

こだわり派

パナソニック4K液晶ビエラのハイエンドモデルのパネルは自社設計・自社組立でクオリティーは高いのだ。ん?Mini LEDはそれが間に合わなかったのか?

LX950のメリット・デメリット

LX950が優れる点⤴︎

  • プレミアム液晶ディスプレイ(IPS)
  • HDR規格フル装備はビエラだけ
  • ゲームコントロールボード*
  • ファイナルファンタジーXIV推奨テレビ*
  • イネーブルドスピーカー搭載
  • オートチャプター追加(録画機能)*
  • eARC*・HDCP2.2対応
  • Bluetoothリモコン
  • 2画面表示
  • JX950に対し卓上スタンドを含む重量が軽い
  • 省エネ性能向上*

LX950が劣る点⤵︎

  • スィーベル(首振り)非対応*

*前モデルJX950と比較した場合

えだまめくん

LX950のメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|LX950の価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

LX950には、パナソニック・ビエラ有機ELテレビのフラッグシップモデルと同じ、自社設計自社組立された液晶パネルが搭載されています。

この点だけでも他社の液晶テレビとは違うユニークな試みですが、さすがに新技術のMini LEDパネルと比較すると見劣りすることは否めません。

ただ、IPS方式のパネルが市場から減る中、パナソニック・ビエラは頑なにIPSにこだわっており、独自の明るい色合いや視認性好むユーザーにとって市場価格が気になるところでしょう。

価格の評価

評価:4.0

こだわり派

変化が少なくてつまらないのだ。でも装備は十分ハイエンドモデルなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

機能とブランドを考えるとどうしても高値になっちゃうわね。妥協点を見出すことが大事よ。

評価:2.0

コスト重視派

型番が変わっただけで、大して変わってもいないのにまだまだ高過ぎだよね。

えだまめくん

進化の少ないモデルは市場価格できちんと反映されます。しかしサイズによってバラつきもあるので、他社との比較を忘れずに。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

TH-75LX950(75v型)の価格推移と買い時

パナソニック4K液晶ビエラ 75型LX950とJX950の最安価格推移比較グラフ
75v JX950 vs. LX950最安値推移

TH-75LX950(75v型)は進化の少なさを反映し、予想通り初値から前モデルJX950の市場価格を下回っています

ただ、翌月には下回らず、発売2ヶ月後には再び前モデルを下回ったので、今後も凸凹した動きが起こる可能性があります。

パナソニック・ビエラのハイエンドモデルは初値翌月の下げから大きな下落は望めないため、上手に落とし所を探るのがポイントとなるでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

75型のLX950がどうしても欲しいなら

  • JX950の同時期価格を下回っているなら即買い

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX950の安値付近である230千円前後を目安に待つ
  • 但し、半年以内に購入したいなら280千円前後

TH-65LX950(65v型)の価格推移と買い時

パナソニック4K液晶ビエラ 65型LX950とJX950の最安価格推移比較グラフ
65v JX950 vs. LX950最安値推移

65v型(TH-65LX950)は初値から順当にJX950を下回る安値を更新しています。

既にJX950の安値ゾーンまで価格が下がっているので、この水準ならいつでも買い時と言えます。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のLX950がどうしても欲しいなら

  • 200千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX950の安値付近である190千円前後を目安に待つ

TH-55LX950(55v型)の価格推移と買い時

パナソニック4K液晶ビエラ 55型LX950とJX950の最安価格推移比較グラフ
55v JX950 vs. LX950最安値推移

55v型(TH-55LX950)は発売2ヶ月以降、JX950を下回る価格で推移し、グラフも形状も似通っているためこの先もトレースした動きになるかもしれません。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のLX950がどうしても欲しいなら

  • 160千円前後の価格を狙う(55vの方が安い?)

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX950の安値付近である150千円前後を目安に待つ
  • 但し、半年以内に購入したいなら160千円前後
えだまめくん

市場価格は正直です。前モデルから進化の少ないLX950は予想通りの動きで、買い替えを急ぐ人には狙い目のモデルと言えるでしょう。

↑ 目次へ戻る

評価②|LX950のセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

内容的には変化が無いのでマイナスなのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

前モデルの出来が良かったから内容的にはまだまだ色褪せないわ。テレビなんて毎年進化しなくても十分よ。

評価:4.0

コスト重視派

進化が無いことを責めてはいないよ。だって内容は他社のハイエンドモデルと遜色無いからね。

えだまめくん

テレビのモデルチェンジでメーカーも疲弊しています。大した技術進化も無い世界なのでこんな感じでいいのではないでしょうか?

パナソニック 4K液晶ビエラ LX950とは

パナソニック4K液晶ビエラ LX950本体正面の画像

パナソニック・ビエラ:公式ページ

モデル2022夏(22'5〜6月)
シリーズビエラ LX950
分類4K液晶テレビ
サイズ展開75v/65v/55v

パナソニック4K液晶ビエラ「LX950」は、4K液晶ビエラのハイエンドモデルです。

他社がMini LEDバックライト搭載の液晶テレビを発表する中、パナソニック・ビエラは引き続き通常のバックライトモデルが4K液晶テレビの最高峰として位置付けられています。

LX950 3つのセールスポイント

  1. 自社設計・組立のプレミアム液晶ディスプレイ
  2. 360立体音響サウンドシステム(イネーブルドスピーカー)
  3. 安全性を高める転倒防止機能
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 自社設計・組立のプレミアム液晶ディスプレイは他社のハイエンドモデルと引けを取らない明るさと美しさで、明らかに下位モデルよりクオリティーが高い
  • 前モデルJX950と映像比較すると色合いがより鮮やかにチューニングされた印象
  • イネーブルドスピーカーの効果はあまり感じられなかった(設置場所の問題もある)
  • 転倒防止スタンドの吸着性は非常に高いと感じた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LX950・LX900・LX800のセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

機能進化は少ないものの、セールスポイント的には色褪せない感じで良いわ。

えだまめくん

元々全部入りのビエラなので、たった1年古くなっても他社に引けは取りません。これがビエラの魅力です。

パナソニック・ビエラに対応したHDDは「【ビエラに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

LX950の受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

パナソニック 4K液晶ビエラ「LX950」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

LX950の各サイズ評価は良くも悪くも無い内容ですが、ほとんど進化していないモデルとしては上出来です。

一方、全サイズ共通で新技術の「ゲームコントロールボード」がVGPで企画賞を受賞しています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ企画賞ゲームコントロールボード
TH-75LX950受賞ディスプレイ
TH-65LX950受賞ディスプレイ
TH-55LX950受賞ディスプレイ
LX950 VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
TH-75LX9502位ディスプレイ
TH-65LX9503位ディスプレイ
TH-55LX9502位ディスプレイ
LX950 HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

評価が決まり次第掲載予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|LX950に最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

IPS液晶なので横からでも視聴性が良いのだ。でも有機ELテレビには負けるのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

省スペースタイプの卓上スタンドと安全装備が優秀ね。視聴性はかなり良さそうだわ。

評価:4.0

コスト重視派

僕はIPS方式の液晶が好きだから視聴性はOK。ただ、スィーベルが無くなったことがちょっとマイナスだね。

えだまめくん

スィーベル機能を廃止したので視聴性が少し悪くなった感じです。ただ貴重なIPS方式の液晶はビエラらしさ継続です。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 転倒防止スタンドは結構強力
  • 卓上スタンドは省スペースタイプで設置性も安定性も良い
  • IPS方式の液晶は横からの視聴性がやはり良い
  • オートAI画質調整は違和感が少ない感じ

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LX950・LX900・LX800の試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

最近のビエラらしい省スペースタイプの卓上スタンドは使いやすそうだけど、やっぱりデザインはイマイチだわ。

えだまめくん

LX950もスィーベル非搭載がマイナスポイントでもあります。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|JX950とLX950の違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
LX950機能評価

評価:3.0

こだわり派

根本論だが、有機ELパネルが最高なのだ。液晶は興味ないのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

全部入りね。進化が少なくても基本機能は1年前に十分な内容だったわ。

評価:4.0

コスト重視派

基本機能は言うことないよね。

えだまめくん

価格もそこそこまで落ちたので、買い替え候補になるモデルです。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 2画面対応は必要な人には便利な機能だとあらためて確認できた
  • Bluetooth対応のリモコンはどこへ向けて反応するので便利

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LX950・LX900・LX800の基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

基本機能がフル装備って大事よね。数年経っても使える安心感があるからね。

えだまめくん

パナソニック・ビエラは細かく見ると他社と同じ技術でも最新のバージョンで搭載されていることも多いですね。

↑ 目次へ戻る

評価⑤|LX950の省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
LX950省エネ性能評価

評価:4.0

こだわり派

有機ELテレビと比べればタダ同然なのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

消費電力は75v型は変わらず、65v型と55v型は少しだけ改善しているのでちょっとだけ進化しているわ。

評価:3.5

コスト重視派

65v型は他社のハイエンドモデルと比較してもトップクラスの省エネ性能だよ。55v型も悪く無いね。

えだまめくん

目に付く機能進化は少ないけど、地味に省エネ性能を上げてきたLX950です。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LX950・LX900・LX800の省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

機能進化ばかりフォーカスするけど、省エネ性能は電気代高騰で重要なファクターだわ。

えだまめくん

LX950はどのサイズも他社のハイエンドモデルより省エネ性能は高めです。特に65v型は今期トップクラスです。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

パナソニック 4K液晶ビエラ LX950評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ビエラ LX950】JX950との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

LX950は前モデルのJX950から進化の少ないモデルだと解説しましたが、地味ながら65v型55v型省エネ性能が向上したことをきちんと評価すべきでしょう。

美しい映像や良い音質を保ちつつ消費電力を下げることは、消費者にとってメリット以外ありません。

ポジティブに考えれば、進化ポイントが少ないことも実はメリットで、前モデルの内容に不満が無ければ製造品質はもちろん、価格も安定しお買い得なモデルと言えます。

前モデルのJX950の購入を諦めて、買い替えを保留していた人はチャンスです♪

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

LX950のメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

LX950が優れる点⤴︎

  • プレミアム液晶ディスプレイ(IPS)
  • HDR規格フル装備はビエラだけ
  • ゲームコントロールボード*
  • ファイナルファンタジーXIV推奨テレビ*
  • イネーブルドスピーカー搭載
  • オートチャプター追加(録画機能)*
  • eARC*・HDCP2.2対応
  • Bluetoothリモコン
  • 2画面表示
  • JX950に対し卓上スタンドを含む重量が軽い
  • 省エネ性能向上*

LX950が劣る点⤵︎

  • スィーベル(首振り)非対応*

*前モデルJX950と比較した場合

LX950とJX950の違いまとめ

\ JX950との違いまとめ /

項目JX950LX950
サイズ75v/65v/55v75v/65v/55v
高画質化プレミアム液晶ディスプレイプレミアム液晶ディスプレイ
オートAI画質オートAI画質
ヘキサクロマドライブ プラスヘキサクロマドライブ プラス
ハイブリッドトーンマッピングハイブリッドトーンマッピング
Wエリア制御Wエリア制御
測色チューニング測色チューニング
AI HDRリマスターAI HDRリマスター
HDR10/HDR10+ ADAPTIVE
HLG/Dolby Vision
Dolby Vision IQ/HLGフォト
HDR10/HDR10+ ADAPTIVE
HLG/Dolby Vision
Dolby Vision IQ/HLGフォト
ダイナミックメタデータクリエーションダイナミックメタデータクリエーション
素材解像度検出 4Kファインリマスターエンジン素材解像度検出 4Kファインリマスターエンジン
オブジェクト検出 倍速表示オブジェクト検出 倍速表示
高音質化イネーブルドスピーカー搭載
ダイナミックサウンドシステム
360立体音響サウンドシステム
ドルビーアトモス対応ドルビーアトモス対応
イネーブルドスピーカーイネーブルドスピーカー
60W60W
Bluetoothオーディオ連携Bluetoothオーディオ連携
オートAI音質オートAI音質
ボイスエンハンサーボイスエンハンサー
リモコンBluetooth対応Bluetooth対応
機能スイーベル(首振り)機能-
転倒防止スタンド転倒防止スタンド
2画面表示2画面表示
-オートチャプター(録画)
HDMI=4HDMI=4
4K/120p/HDR対応4K/120p/HDR対応
-ゲームコントロールボード
-ファイナルファンタジーXIV推奨テレビ
-eARC対応
LX950とJX950の違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年パナソニック・ビエラ関連記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
パナソニック4K液晶ビエラ LX950レビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!