4K液晶テレビ パナソニック ビエラ GX855 ③機能はおすすめ評価できるか?

gx855 IC 3

 

Panasonic VIERA 液晶テレビ GX855の徹底評価。

前回の視聴環境に引続き、今回は最も重要?な「機能」の点から評価を行います。

有機ELテレビGZシリーズとの違いが気になりますね。

登場人物

価格よりも機能を重視

こだわり派

こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派

リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。

機能そこそこで価格を重視

コスト重視派

コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

Click to Contents!!

4K液晶テレビ パナソニックビエラ GX855の「機能」を徹底解剖

購入者層で大きく要望が異なる「機能」面について解説しましょう。求める機能とマッチするか慎重に見極める箇所ですね。

えだまめくん

先ずは機能面に関する皆さんの総合評価です。

基本機能の総合評価

評価:3.3

こだわり派

GZ2000より見劣りするのは分かっていたのだが、GZ1000よりも魅力が無いかもしれないのだ。

評価:3.1

リーズナブル派

有機ELテレビの最廉価版GZ1000と同様と見る?画質は仕方ないので、音質がカギね。

評価:2.8

コスト重視派

基本性能は維持して、廉価版と言えど有機ELのGZ1000並みの内容なんだから評価はほぼ同じでは?

えだまめくん

皆さん本気の顔ですね。画質は理解した上での機能評価ですが、印象としてはGZ1000の下という考えが強そうです。

ビエラGX855のチューナー数に係る機能評価

えだまめくん

チューナー数に関する総合評価を最初に教えて下さい。

チューナー数の評価

評価:3.5

こだわり派

パナソニック有機ELテレビシリーズと同じなので同じ評価なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

他社同様の一般的な内容ですわ。

評価:3.2

コスト重視派

みんななんでかな?これって有機ELテレビじゃないし、頑張ってるって思わないの?

えだまめくん

GX855のチューナー数の個別評価内容は次の通りです。

チューナー数の個別評価

地上波デジダル

  • 3チューナー
こだわり派

3.0
当たり前の数なのだ

リーズナブル派

3.0
普通ですわ。

コスト重視派

3.0
裏録はマスト。

BS/CSデジタル

  • 3チューナー
こだわり派

3.0
当たり前の数なのだ。

リーズナブル派

3.0
あると便利ね。

コスト重視派

3.0
BS見ないけど、あれば後々便利かな。

BS/CS 4K

  • 2チューナー
こだわり派

5.0
4Kの視聴比率が高いから嬉しいのだ

リーズナブル派

3.0
将来のためにあると良いわ。

コスト重視派

2.0
4Kつまんないし一つでいいね。

2画面対応

  • ⭕️
こだわり派

3.0
あって当たり前なのだ。

リーズナブル派

3.0
年末年始は便利ね。

コスト重視派

3.0
ザッピングを減らせる。

えだまめくん

スペック的に有機ELテレビのGZシリーズと全く同じですね。

ビエラで注意したい外付けハードディスクの選び方

ビエラは使用可能な容量(TB)の上限や、適合機種が他社のテレビよりも柔軟性に欠けるので適合するハードディスクを探すのが少し大変。

そこで、面倒が無いよう「HDD パナソニックビエラにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」でおすすめのHDD情報をまとめています。

パナソニックビエラ用のHDDをお探しの方は是非参考にして下さい。

えだまめくん

適合が明確な安心のハードディスクを選びましょう。
次はネットワークの機能評価です。

裏録用のハードディスクは必ず準備!

ビエラGX855のネットワークに係る機能評価

えだまめくん

ネットワークに関する総合評価を最初に教えて下さい。

ネットワークの評価

評価:3.0

こだわり派

Bluetoothが相変わらずなのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

私もBluetooth以外は普通にOK。Bluetooth何に使うの?

評価:2.3

コスト重視派

有機ELテレビと変わんないじゃん。液晶で十分だよね。

えだまめくん

GX855のネットワークの個別評価内容は次の通りです。

ネットワークの個別評価

無線LAN

  • IEEE802.11a/b/g/n/ac
こだわり派

3.0
Wifi-5(ac)は今や当たり前なのだ。

リーズナブル派

3.0
ここは普通に満足ね。

コスト重視派

3.0
さすがにこの辺りは変なことはしないね。

Bluetooth

  • ⭕️
こだわり派

1.0
イヤホン未対応って何なのだ?

リーズナブル派

1.0
何のために付いているのか分からないわ。

コスト重視派

1.0
テレビに普通要らないでしょう。

VOD(Video On Demand)

  • 未対応:Android TV/FOD
こだわり派

5.0
見たいものは全て網羅しているのだ

リーズナブル派

5.0
Amazonプライム対応が嬉しいわ。

コスト重視派

3.0
まあまあだね。

えだまめくん

いやはや、有機ELテレビと全く同じ機能だからこそ、やはりBluetoothの評価も同じ様に低くなりますね・・・。

無線ルーターは大丈夫?最新の高速化対応製品を選ぼう!

えだまめくん

VOD(動画配信サービス)は、他にも多くの特典が付くAmazonプライムでプライイムビデオから試すのがおすすめです。

VOD(動画配信)は先ずプライムビデオから試そう♪

ビエラGX855の外部端子に係る機能

えだまめくん

外部端子機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。

外部端子の評価

評価:3.2

こだわり派

有機ELテレビと同じ内容なので同じ評価なのだ。

評価:3.2

リーズナブル派

フラッグシップ機と同じなのは良かったわ。

評価:3.0

コスト重視派

いちいちこんな所で差を付けてたら、かえって製造コストが上がるのさ。

えだまめくん

GX855の外部端子の個別評価内容は次の通りです。

外部端子の個別評価

USB

  • USB3.0×1/USB2.0×2
こだわり派

3.0
全部3.0規格じゃないんだな。

リーズナブル派

3.0
普通ですわ。

コスト重視派

3.0
当たり前。

HDMI

  • ARC対応×1
  • HDCP2.2×4
こだわり派

4.0
最先端の機器も接続可能なんだな。

リーズナブル派

4.0
周辺機器は高いけど余裕の将来性ですわ。

コスト重視派

3.0
HD録画とDVDで十分だけど仕様として必須。

その他

  • 各1つ
    VIDEO/光デジタル音声出力/有線LAN/イヤホン・サブウーファー
こだわり派

3.0
あって当たり前なのだ

リーズナブル派

3.0
使う機会はないけど、一部には必要なんでしょうね。

コスト重視派

3.0
古い機器も繋げるし、あって当たり前だよね。

えだまめくん

ここもPanasonic有機ELテレビと同じスペック。
これが標準って感じなので、他社との比較が必要ですね。

HDMIケーブルは最高級品を選ぶと間違いありません。

えだまめくん

端子類に必要なコードなど、買い忘れの確認にもおすすめです。

テレビ端子の基礎知識を再確認!

ビエラGX855の映像機能

えだまめくん

映像機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。

映像機能の評価

評価:3.9

こだわり派

有機ELパネルじゃないのが最大のネックなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

これを見ると液晶でも十分と思えちゃうわ。

評価:4.0

コスト重視派

有機ELテレビとか要らないよ。

えだまめくん

GX855の映像機能の個別評価内容は次の通りです。

映像機能の個別評価

受信機能

  • 4K放送まで対応
    ハイビジョン(HD)/フルハイビジョン(FHD)/4K/8K
こだわり派

4.3
当たり前なんだな。

リーズナブル派

4.3
4Kは当然ですわ。

コスト重視派

4.3
当たり前の4Kだね。

パネル方式

  • 液晶LED
こだわり派

2.0
もう有機ELテレビから戻れないのだ。

リーズナブル派

3.0
コスパを考えると有機ELと同じ評価に落ち着くわ。

コスト重視派

3.0
液晶で十分だって。

パネル反射改善

  • ⭕️
こだわり派

4.0
まあ、どっちでも良いのだ。

リーズナブル派

4.0
具体的な施策は見えないけど、ノングレアだしね。

コスト重視派

4.0
ノングレアの液晶なんでOK。

HDR対応

  • 10+/DV/HLG
こだわり派

5.0
液晶でも必要じゃろう。

リーズナブル派

5.0
流石Panasonicだわ。

コスト重視派

5.0
地味にこだわりが見えて嬉しいね。

特異性

  • 映像美のこだわり
こだわり派

3.0
有機ELテレビと同じこだわりなのだ。

リーズナブル派

3.0
コスパが良ければ、この程度で十分かな?

コスト重視派

3.0
前機種からどの程度良くなったか不明だ。

えだまめくん

パネルの違い以外は有機ELテレビと全く同じスペック。コスパ派の評価やはり高くなります。

PICKUP
  • 4K映像本来の色を忠実に描き出す高画質技術である「ヘキサクロマドライブ」を搭載
  • SDRをHDRへ。AI(人工知能)による高画質化(高コントラスト映像に変換)
  • Wエリア制御の高コントラスト化(バックライトエリア制御+エリアコントラスト制御)
  • 4方式のHDRフォーマットに対応+「Dolby Vision™(ドルビービジョン)」
  • 素材解像度検出 4Kファインリマスターエンジン
  • オブジェクト検出 倍速表示
  • 臨場感をアップするための「スポーツモード」を搭載

パネルにホコリが溜ると見え難くなります。

ビエラGX855の音声機能

えだまめくん

音声機能に関する総合評価を最初に教えて下さい。

音声機能の評価

評価:3.0

こだわり派

はっきり言ってしょぼいのだ。

評価:2.5

リーズナブル派

ドルビーアトモスは高評価だけど、この出力では音への期待感は低いわ。

評価:2.5

コスト重視派

スピーカーの位置、画面から音?なんかSonyの真似とか思っちゃうね。

えだまめくん

GX855の音声機能の個別評価内容は次の通りです。

音声機能の個別評価

出力

  • 30W
こだわり派

2.0
大音量だと音が割れそうで怖いのだ。

リーズナブル派

2.0
やっぱり見劣りするわ。

コスト重視派

2.0
一応、液晶のフラッグシップ機だよね?

特異性

  • ドルビーアトモス
こだわり派

4.0
有機ELテレビ同様で高評価なのだ。

リーズナブル派

3.0
効果が本当にあるかは疑おう。

コスト重視派

2.0
出力の低いスピーカーに必要なのか?

えだまめくん

やっぱり音についてはスピーカー出力が気になるようですね。購入予定の方は納得するまで聞き比べましょう。

サブウーファーで更に音質は上げられます。

GX855のスピーカーは純正のシアターバー接続で更に強化!

 

4K液晶テレビ パナソニックビエラ GX855の「省エネ」性能と想定寿命

有機ELテレビより月間2,000円以上は電気代を節約できる液晶テレビの最大メリットを深堀しましょう。

パネル寿命のメリットも見逃さないで下さいね。

ビエラGX855の省エネ性能

えだまめくん

先ずは「省エネ」性能の評価を見てみましょう。やっぱり液晶の評価は高くなりますね。

省エネ性能の総合評価

評価:3.0

こだわり派

電気代をケチっても仕方ないのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

これだけ見ちゃえば有機ELテレビで悩む必要なんて無いわね。液晶一択だわ。

評価:5.0

コスト重視派

やっぱりランニングコストは一番大事。無理して有機ELテレビを買って、維持費に苦しめられるより絶対ハッピーだ!

えだまめくん

せっかくなので、Panasonicの有機ELモデル「GZ1000」と比較してみました。有機ELの中では消費電力量が低い機種ですが、それでも液晶のメリットは大きいですね。

サイズ機種消費電力年間消費
電力量
55v型GX855176
W
136
kwh/年
GZ1000358
W
173
kwh/年
65v型GX855193
W
148
kwh/年
GZ1000469
W
206
kwh/年
リーズナブル派

年間消費電力量だけに惑わされないで!消費電力が燃費の良いGZ1000の更に半分ということに注目ね!

コスト重視派

家族構成などの家庭の事情で消費電力は大きく変わるから、いくつかのパターンを同じ前提で比較すべきだろうけど、推して知るべしだね。

【生活パターンと月間視聴時間の前提】

  1. 共働き世帯|独身世帯282時間
  2. 引退世帯|老後世帯≫486時間
  3. 大学生やフリーターニートの子供が居る世帯≫382時間
  4. カタログ値の年間消費電力

 

【計算の前提】

  • 電力単価=24.00円/kWh
  • 使用電気量は消費電力の70%で計算
  • カタログ値 年間消費電力はそのままで計算
えだまめくん

計算結果はやっぱり年間消費電力量と大きく乖離します。また、やはり有機ELテレビは液晶と比較すると2~3倍の電気代がかかることが分り、液晶の優位性が確認できます。

55v型(インチ)の比較

パターンGX855GZ1000
834円1,696円
1,437円2,923円
1,129円2,298円
272円346円

65v型(インチ)の比較

パターンGX855GZ1000
914円2,222円
1,576円3,829円
1,239円3,010円
296円412円
リーズナブル派

本体も安いし、ランニングコストも安いし、やっぱり液晶は言うこと無いわね。

こだわり派

良い物を得ようとすればお金はかかるのだ。妥協出来る人は「どうぞ」なのだ。

ビエラGX855のパネル寿命

えだまめくん

「パネル寿命」に対する皆さんの評価です。結果は見えてますね。

パネル寿命の総合評価

評価:5.0

こだわり派

技術的な内容だけを評価すれば当然満点なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

生活の一部となっているテレビに気を遣う生活なんてできません。

評価:4.0

コスト重視派

なんかパネルが10年もっても、他が壊れるっていう人がいるけど、わたしはそんな経験ないよ。やっぱ、パネル寿命が大事だね。

えだまめくん

では、引続きパネル寿命の評価状況を確認しましょう。一般的には有機ELパネルの寿命は液晶の半分と言われています。

液晶
パネル
有機EL
パネル
ブラウン管
6万時間
前後
3万時間
前後
2万時間
前後
コスト重視派

生活パターンに当てはめてみなよ。液晶の方が断然有利なのが分るはず。

パターン 液晶
パネル
有機EL
パネル
ブラウン
昼間留守が多い
(共働き家庭など)
18年9年6年
一日中家にいる
(引退世帯など)
10年5年3年
昼夜逆転家族がいる13年7年4年
えだまめくん

安くて頑丈な液晶テレビは嬉しいですよね。

こだわり派

液晶なんて買わないし、壊れたら買い替えるからどうでもいいのだ。

えだまめくん

皆さんそんなに裕福じゃないですよ…。投資対効果は人によって大きく違いますね。

リーズナブル派

共働き世帯とか、昼間はテレビを観ない世帯だとあまり差は感じないわね。

コスト重視派

いずれにしても有機ELテレビの異常な価格と比較してはダメだね。

4K液晶テレビ パナソニックビエラGX855 現物確認の注意点

ここまでで、テレビ買替の絞り込みが行えました。GX855をターゲットにした人は「現物確認」で何を注意すれば良いのでしょうか?

えだまめくん

現物確認のポイントをは次の3点でしたね。基本に沿って、GX855の具体的な現物確認方法を解説しましょう。

3つの現物確認ポイント

  1. 映像の好み(品質)
  2. 音の特性(音質)
  3. そしてデザイン性

詳しくは「【失敗しない現物確認方法】テレビの選び方に関するおすすめ情報」で紹介しています。

映像の好み(品質)

えだまめくん

GX855は液晶テレビなので、有機ELテレビとは根本的に違うことを理解しましょう。その上で「Panasonicが納得できる内容」であるかを先ずは判断します。

こだわり派

まず、他社製品との比較は単純に「好みの色」になっているかを確認するのだ。

リーズナブル派

下位機種の「GX755との比較」は行うべきね。価格差を埋めるメリットがあるかを確認しましょう。

コスト重視派

液晶テレビでも、こだわり派さんの云う通り「好みの色」かどうかが重要だね。他社との比較はマストです。

音の特性(音質)

えだまめくん

スピーカーが少しチープだけど、ドルビーアトモスが付いたGX855はどう評価しましょうか?

こだわり派

音にも好みがあるぞ。ワット数が大きいことだけに惑わされず「好きな音」として感じるか感性を磨くのだ。

リーズナブル派

何と言っても「ドルビーアトモス」。これが本当に体感でき、楽しめるなら絶対買いじゃないの?

コスト重視派

薄型テレビの音なんて大して変わりません。でも、比較して違いが分かれば選択肢として選ぶべきだね。良ければ価格的には買いでしょう。

えだまめくん

ここも他社との比較が大事。他社はもっと大容量のスピーカーを採用してたりします。

デザイン性

えだまめくん

有機ELテレビのGZシリーズと比較してあまり個性が無いGX855です。

こだわり派

有機ELテレビより厚くなる液晶テレビは「横幅が綺麗か?」確認するのだ。前面が好みなら全て良しなのだ。

リーズナブル派

GZシリーズはテレビの「裏側にもこだわりがある」の。GX855の裏側は満足できるかも確認しましょう。

コスト重視派

テレビを支える「卓上スタンド」だね。GX855は全体が黒いので、却って安っぽくなっていたりしないか注意して見てね。

えだまめくん

皆さんのアドバイス、赤字の部分がカギですね。
せっかくなら、GX855を最適な位置で視聴できるテレビスタンドも用意すれば完璧です。

「テレビ台」の選び方のコツはここから

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

4K有機ELビエラGX855に最適な視聴環境となるテレビスタンド

えだまめくん

最後にGX855の評価をまとめたので、以下のリンクから移動して下さい。

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

Click to Contents!!
閉じる