【2022 BRAVIA】 SONYテレビの機能を比較評価|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK

【2022 BRAVIA】 SONYテレビの機能を比較評価|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK記事のアイキャッチ

この記事では、2022年発売モデルのSONY(ソニー)のテレビブランドであるBRAVIA(ブラビア)について、「標準機能の違いと各モデルの機能評価」を行いました。

標準機能の違いが直接モデル格差へつながるため、欲しい機能が実装されていることを把握することは重要です。

映像美を優先させるのか?それとも音響システムか?はたまた外部接続やテレビゲームとの相性か?価格が安いだけでテレビを選んだら次の買い替えまで数年間後悔することになりかねません。

ソニー・ブラビア2022年モデル、A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WKの標準機能とモデルごとの機能格差を知れば、見たい、やりたいが思い通りのテレビが選べます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2022年発売ソニーブラビア標準機能の把握
  • シリーズごとの標準機能の違い
    • 対象:A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

ソニーブラビア2022モデル|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK|

ソニーブラビアの2022年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

スクロールできます
ソニー4K有機ELブラビア A95K本体正面の画像
A95K
ソニー4K有機ELブラビア A80K本体正面の画像
A80K
ソニー4K有機ELブラビア A90K本体正面の画像
A90K
ソニー4K液晶Mini LEDブラビア X95K本体正面の画像
X95K
ソニー4K液晶ブラビア X90K本体正面の画像
X90K
ソニー4K液晶ブラビア X85K本体正面の画像
X85K
ソニー4K液晶ブラビア X80K本体正面の画像
X80K
ソニー4K液晶ブラビア X80WK本体正面の画像
X80WK
映像有機EL有機EL有機ELMini LED
液晶
液晶液晶液晶液晶
音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響立体音響
サイズ
展開
65v|55v77v|65v|55v48v|42v85v|75v
|65v
85v|75v
|65v|55v
|50v
55v|50v
|43v
75v|65v
|55v|50v
|43v
75v|65v
|55v|50v
|43v
進化
レベル
普通普通普通極小
デザイン普通微妙微妙微妙
価格高い高い高い高い高い普通安い安い
詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認詳細確認
ブラビア2022年モデル概要

ブラビア2022年モデル比較項目

「比較チェック」ボタンから各モデルの機能違い一覧へジャンプできます。

チューナー数比較チェック
ネットワーク比較チェック
外部端子&エンターテイメント連携比較チェック
映像機能比較チェック
音声機能比較チェック
その他機能比較チェック

↑ 目次へ戻る

2022年モデルブラビア機能比較ソニー・ブラビア

2022年発売のソニー・ブラビアの機能を全てのラインナップ(A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK)で分かりやすく横並びで比較しました。

チューナー数

今や地デジやBS/CSチューナーのみならず、4K放送の受信に必要なチューナーも多チャンネル化が常識です。

特に沢山の番組を録り溜めて後で視聴することが多いテレビユーザーは、4K放送は2チューナー、地デジとBS/CSは3チューナーを備えた機種がおすすめです。

ソニー・ブラビアに適合する大容量外付けHDDを準備して見逃しを防ぎましょう。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関するチューナー数のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • 4K放送を見ながら別の4K放送が録画可能
  • 地デジ3チューナー/BSCS3チューナー/4K放送2チューナー
  • 2画面同時視聴

ブラビア各モデルの比較

評価
項目
A95KA80KA90KX95KX90KX85KX80K
X80WK
地上波
デジタル
3333333
BS/CS
デジタル
3333333
BS/CS
4K
3333333
4K 2番組
同時録画
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
2画面
対応
2022モデルブラビアチューナー数比較
えだまめくん

チューナー数に関する機能は全てのモデルでトリプルチューナー内蔵で差がありませんが、ブラビアは2画面対応ができません。

リーズナブル派

モデルの上下に関係なくトリプルチューナー搭載は凄いわね。2画面についてはGoogleTVの宿命だわ。

今期コンセンサスのチューナー数なら「裏録」はもちろん、「同時録画」も自由自在なので大容量の外付けHDDを同時に準備しましょう。

ソニーブラビアでは動作適合した安全な外付けHDDで視聴環境を整えることをおすすめします。

\ ブラビア対応の外付けHDD情報はこちら! /

↑ 目次へ戻る

ネットワーク

家庭内の無線LANへ接続することで、テレビ放送だけでなくVODも活用でき視聴の幅が大きく広がります。

また、無線で繋がるBluetoothの活用範囲も広がり、無線対応のスピーカーへ接続するだけではなく、リモコンにも採用されていれば反応の悪さに悩むことも無くなります。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関するネットワークのコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • Bluetoothで外部接続&リモコン操作

ブラビア各モデルの比較

評価
項目
A95KA80KA90KX95KX90KX85KX80K
X80WK
無線
LAN
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
Bluetooth
オーディオ
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
Bluetooth
リモコン
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
VOD
対応
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
2022モデルブラビアネットワーク機能比較
えだまめくん

ネットワークに関する機能もモデル間の格差がありません。全てのモデルで今期のコンセンサスを100%満たしています。

コスト重視派

この表には無いけど、音声検索機能がX80WKがリモコン対応で、その他はテレビ本体が対応しているんだよね。

テレビの音が聞き取り難い場合にも便利な、ワイヤレスネックタイプのBluetoothスピーカーを導入すると便利!

ワイヤレストランスミッターが付属するので、2022年モデルブラビアに関係なく使用可能なのが嬉しいポイントですね。

↑ 目次へ戻る

外部端子&エンターテインメント連携

外付けHDD接続には無くてはならないUSB端子。マルチに活躍するHDMI端子は最新バージョンに対応していることが重要です。

特に高解像度のゲーム機を利用するなら、ゲーム機能の対応状況も見逃してはなりません。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する外部端子&エンターテインメント連携のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • USB3.0/USB2.0各1つ以上
  • eARC対応(HDMI)
  • HDMI2.1規格と4K120p入力対応(ゲーム)

ブラビア各モデルの比較

評価
項目
A95KA80KA90KX95KX90KX85KX80K
X80WK
USB
端子
2222222
HDMI
端子
4444444
eARC
HDMI
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
HDMI2.1
120p対応
⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️⭕️
2022モデルブラビア外部端子&エンターテイメント連携機能比較
えだまめくん

外部端子&エンターテインメント連携についても、2022年モデルのブラビアではモデル格差はなく、今期のコンセンサスを100%満たしています。

リーズナブル派

細かいことを言えば、X80KとX80WKにはゲームプレイを向上させる「VRR」が無いんだけどね。

↑ 目次へ戻る

映像機能

2022年のテレビ業界の話題は、液晶のバックライト精度を向上させ、有機ELに負けない高コントラスト化を実現する「Mini LED」技術です。

有機ELパネルの向上施策はもちろん、液晶パネルに「Mini LED」を採用した製品を発売しているのかも注目しましょう。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する映像機能のコンセンサスは、新たに「Mini LED液晶モデルの追加」が進化のカギとなります。

2022モデルのコンセンサス
  • AIアップコンバート
  • HDR10+ ADAPTIVE&Dolby Vision IQ対応
  • Mini LED液晶モデルの追加

ブラビア各モデルの比較

有機ELテレビ
評価項目A95KA80KA90K
映像再現4K4K4K
パネル
方式
QD-OLED有機EL有機EL
輝度
アップ
認知特性プロセッサー「XR」認知特性プロセッサー「XR」認知特性プロセッサー「XR
パネル
反射対策
従来通り従来通り従来通り
自動
画質調整
認知特性プロセッサー「XR」
環境光センサー
ブラビアカム
認知特性プロセッサー「XR」
ブラビアカム(別売)
認知特性プロセッサー「XR」
ブラビアカム(別売)
広色域XR トリルミナス マックス
XR スムージング
XR トリルミナス プロ
XR スムージング
XR トリルミナス プロ
XR スムージング
高コント
ラスト
XR OLED コントラスト プロ
XR HDR リマスター
XR OLED コントラスト プロ
XR HDR リマスター
XR OLED コントラスト プロ
XR HDR リマスター
HDR
規格対応
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
高精細XR 4K Upscaling

XR Super Resolution
XR 4K Upscaling

XR Super Resolution
XR 4K Upscaling

XR Super Resolution
倍速機能XR OLED モーションXR OLED モーションXR OLED モーション
映像
モード
PlayStation(R)5との連携機能PlayStation(R)5との連携機能PlayStation(R)5との連携機能
2022モデル有機ELブラビア映像機能比較
えだまめくん

今期のコンセンサスとの差はHDR規格対応範囲のみで、その他機能は全ての有機ELブラビアで満たしています。

こだわり派

A95Kのパネル進化が目に付くが、A90Kは前モデルと比較すると大幅に内容が変わったことを忘れてはならないのだ。

液晶テレビ
評価項目X95KX90KX85KX80K
X80WK
映像再現4K4K4K4K
パネル
方式
Mini LEDバックライト液晶エリア制御LEDバックライト液晶LEDバックライト液晶LEDバックライト液晶
輝度アップ認知特性プロセッサー「XR」認知特性プロセッサー「XR」高画質プロセッサー「HDR X1」高画質プロセッサー「HDR X1」
パネル
反射対策
X-Anti Reflection
自動
画質調整
認知特性プロセッサー「XR」
環境光センサー
ブラビアカム(別売)
認知特性プロセッサー「XR」
ブラビアカム(別売)
高画質プロセッサー「HDR X1」高画質プロセッサー「HDR X1」
広色域XR トリルミナス プロ
XR スムージング
XR トリルミナス プロ
XR スムージング
トリルミナス プロトリルミナス プロ
高コント
ラスト
XR Backlight Master Drive

XR Contrast Booster 15

XR HDR リマスター
XR Contrast Booster 10
XR HDR リマスター
HDRリマスターHDRリマスター
HDR
規格対応
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
HDR10
HLG
Dolby Vision
高精細XR 4K Upscaling

XR Super Resolution
XR 4K Upscaling

XR Super Resolution
X-Reality PROX-Reality PRO
倍速機能XR モーション クラリティーXR モーション クラリティーMotionflow XR240なし
映像
モード
PlayStation(R)5との連携機能
X-Wide Angle
PlayStation(R)5との連携機能PlayStation(R)5との連携機能PlayStation(R)5との連携機能
2022モデル液晶ブラビア映像機能比較
えだまめくん

ブラビアはハイエンド液晶モデルをMini LEDへ置き換えてきました。HDRには不満がありますが、ほぼコンセンサス通りの動きです。

コスト重視派

機能の差を色分けすると、液晶はモデルごとの画質格差がよく分かるね。

こだわり派

細かいことはいいのだ。Mini LEDを出すことに意味があるのだ。

リーズナブル派

結論を言えばHDRだけがダメなんだわ。

4Kはもちろん、せっかく美しいパネルでテレビを視聴できるなら、美しいままで録画できるソニーブラビア適合の大容量外付けHDDを導入することをおすすめします。

\ ブラビア対応の外付けHDD情報はこちら! /

↑ 目次へ戻る

音声機能

ここ数年、ドルビーアトモスによる立体音響技術搭載の機種が当たり前となっています。

2021年モデルからは立体音響ソースのみならず、通常のステレオソースも立体音響化する傾向にあり、2022年モデルの展開も引き続き注目。

立体音響はデジタル技術で擬似的に表現されますが、パナソニック・ビエラの上位機種は映画館に近いスピーカー構成で他社とは一線を画しています。

2022年モデルのコンセンサス

2022年モデルのテレビに関する音声機能のコンセンサスは、2021年モデルから変化はありません。

2022モデルのコンセンサス
  • Dolby ATMOS標準対応
  • ステレオ音声の立体化

ブラビア各モデルの比較

有機ELテレビ
評価項目A95KA80KA90K
立体音響Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
⭕️⭕️⭕️
スピーカー
出力
60W77v=60W
他=50W
25W
スピーカー
構成
2.2.0ch3.2.0ch2.1.0ch
自動
音質調整
認知特性プロセッサー「XR」
部屋環境補正+位置補正
ブラビアカム
認知特性プロセッサー「XR」
部屋環境補正+位置補正
ブラビアカム(別売)
認知特性プロセッサー「XR」
部屋環境補正+位置補正
ブラビアカム(別売)
2022モデル有機ELブラビア音声機能比較
えだまめくん

有機ELモデルは100%コンセンサスを満たしています。

こだわり派

内容的にはやはりパナソニックビエラには劣るのだ。

液晶テレビ
評価項目X95KX90KX85KX80K
X80WK
立体音響Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
Dolby
ATMOS
ステレオ音声
立体音響化
⭕️⭕️
スピーカー
出力
60W30W
50v=20W
20W20W
スピーカー
構成
4.2.0ch4.0.0ch2.0.0ch2.0.0ch
自動
音質調整
認知特性プロセッサー「XR」
部屋環境補正+位置補正
ブラビアカム
認知特性プロセッサー「XR」
部屋環境補正+位置補正
ブラビアカム
部屋環境補正部屋環境補正
2022モデル液晶ブラビア音声機能比較
えだまめくん

認知特性プロセッサー「XR」搭載モデルの上位2機種はコンセンサスを満たしていますが、下位2モデルはアトモスだけですね。

コスト重視派

スピーカー出力で徐々に順位づけしているみないな感じ。

リーズナブル派

心臓部次第ってことね。

基本的にブラビアは「音響に不満があればサウンドバーを導入して下さい」って感じなので、好みによって導入することをおすすめします。

\ ハイグレードタイプ /

\ エントリータイプ /

↑ 目次へ戻る

2022年モデルブラビア機能評価ソニー・ブラビア

2022年発売のソニー・ブラビアの機能を全てのラインナップ(A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK)で評価しました。

また、この記事独自の視点とそれぞれのモデルにマッチする購買層も明確にしています。

4K有機ELブラビア A95Kシリーズの機能評価

ソニー4K有機ELブラビア A95K本体正面の画像
A95K機能評価

評価:5.0

こだわり派

前期がフルチェンジだった割に満足な進化を遂げてるのだ。

評価:4.5

リーズナブル派

ブラビアのフラッグシップらしい出来ね。やりすぎ感が無いから好感が持てるわ。

評価:4.5

コスト重視派

盛り盛りのビエラと比較すると見劣りするけど、バランス的には十分な内容だと思う。買えないけど。

えだまめくん

有機ELのハイエンドモデルはパネルの放熱を行い高輝度化するのがトレンドです。A95Kもちゃんと流れに乗っていますね。

A95Kがおすすめの人
  • 映像も音響もソニーが好きな人
  • 追加機器で機能アップしたい人
  • コストにこだわらない人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K有機ELブラビア A80Kシリーズの機能評価

ソニー4K有機ELブラビア A80K本体正面の画像
A80K機能評価

評価:3.0

こだわり派

進化内容が地味で前モデルとの違いが分かりずらいのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

映像・音響共にきちんとアップデートしてるわ。ちょっとだけどね。

評価:4.0

コスト重視派

前モデルの進化が大きかった分、地味に見えるけど市場価格次第ではお得になるかもね。有機ELは買えないけど。

えだまめくん

今期はマイナーチェンジなので大きな変化はありませんが、有機ELセカンドモデルとしては十分良い内容です。

A80Kがおすすめの人
  • ソニーの有機ELテレビを安く買いたい人
  • 初めて有機ELテレビを購入する人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K有機ELブラビア A90Kシリーズの機能評価

ソニー4K有機ELブラビア A90K本体正面の画像
A90K機能評価

評価:3.0

こだわり派

小さい有機ELテレビも最新機能になって満足なのだ。でも、内容的にはハイエンド並みにして欲しかったのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

前モデルのライフスパンが長かったから大きく変わった感じだけど、実質A80Kの小型版って感じ。

評価:4.0

コスト重視派

内容的にはA80Kそのものなんで評価も同じ。

えだまめくん

ビッグチェンジを果たした小型版の有機ELブラビアですが、今回はマスターシリーズ的な要素はありません。

A90Kがおすすめの人
  • 小型最新機能の有機ELテレビが欲しい人
  • プライベートルームで有機ELテレビを楽しみたい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K Mini LED液晶ブラビア X95Kシリーズの機能評価

ソニー4K液晶Mini LEDブラビア X95K本体正面の画像
X95K機能評価

評価:4.0

こだわり派

わしは有機ELテレビ信者だが、Mini LED液晶の美しさは認めているのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

バックライトがMini LEDへ刷新されて、その性能を引き出す機能が贅沢に盛り込まれているわ。

評価:5.0

コスト重視派

これが最初のソニーの答えなんだね。

えだまめくん

注目のMini LEDバックライト搭載のブラビアです。性能を引き出す機能はこれから益々進化しそうです。

X95Xがおすすめの人
  • 最新のMini LEDテレビが欲しい人
  • コストにこだわらない人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶ブラビア X90Kシリーズの機能評価

ソニー4K液晶ブラビア X90K本体正面の画像
X90K機能評価

評価:4.0

こだわり派

普通の家ならこれぐらいで十分なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

Mini LEDが登場したから、直下型LED部分駆動の液晶テレビが機能も良くて狙い目だわ。

評価:4.0

コスト重視派

僕はこのクラスの液晶ブラビアが一番好きだ。今期も機能は満足だね。

えだまめくん

Mini LED登場でこのクラスに注目が集まりそうです。

X90Xがおすすめの人
  • 機能豊富な液晶ブラビアが欲しい人
  • 超大型のハイクラス液晶が欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶ブラビア X85Kシリーズの機能評価

ソニー4K液晶ブラビア X85K本体正面の画像
X85K機能評価

評価:3.0

こだわり派

機能的に寂しいのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

ニッチなモデル感は否めないわね。

評価:3.0

コスト重視派

全体的に中途半端なんだよね。やっぱりXR搭載機種の方がいいね。

えだまめくん

倍速パネルが唯一の売りですが、やっぱりプロセッサーの古さが気になります。

X85Xがおすすめの人
  • 倍速パネル付きの最安モデルが欲しい人
  • 小型のミドルスペック液晶が欲しい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

4K液晶ブラビア X80K・X80WKシリーズの機能評価

X80K・X80WK機能評価

評価:2.0

こだわり派

貧弱過ぎるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

エントリーモデルとしては上々の機能構成だわ。

評価:3.5

コスト重視派

XR搭載機種が買えないならこれで十分かも?でも倍速が無いと気になる人には無理かな。

えだまめくん

エントリーモデルなので派手な部分は削除されてますが、立体音響も搭載されお得な機種と言えます。

X80X・X80WKがおすすめの人
  • 倍速パネルにこだわらない人
  • 超大型の液晶テレビを安く買いたい人

\ 前モデルの情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

標準機能の評価まとめ2022年モデルソニー・ブラビア


評価モデル
A氏1B子1C氏1
A95K5.0
4.5
4.5
A80K3.0
4.0
4.0
A90K3.0
4.0
4.0
X95K4.0
5.0
5.0
X90K4.0
4.0
4.0
X85K3.0
3.0
3.0
X80K2.0
3.0
3.5
X80WK2.0
3.0
3.5

この記事では2022年発売のソニー・ブラビアの標準機能の違いと各モデルの機能評価を行いました。

今期のテレビ業界の目玉は、液晶テレビのバックライトに「Mini LED」を採用した機種を各社ラインナップしていることですが、ソニー・ブラビアもその1社。

前モデルがフルモデルチェンジだったことで、今期は全体的にマイナーチェンジ感は否めませんが、小型有機ELモデルのA90KとMini LEDを採用したA95Kは全面刷新されています。

マイナーチェンジモデルと最新モデル、どれを選ぶか悩ましいのが今期のブラビアでしょう。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

2022年ソニーブラビア関連記事

Sponsored Link
【2022 BRAVIA】 SONYテレビの機能を比較評価|A95K・A80K・A90K・X95K・X90K・X85K・X80K・X80WK記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!