Amazonスマイル GW sale 4/19〜4/22 23:59まで エントリーはこちら

【2023 HISENSE】 ハイセンステレビのセールスポイントを比較評価|UX・U8K

本記事の一部リンクには広告が含まれています。
【2023 HISENSE】 ハイセンス・テレビのセールスポイントを比較評価|UX・U8K記事のアイキャッチ

この記事では、2023年発売モデルのハイセンスのテレビについて、最大の特徴を示す「セールスポイント」を明確化し評価を行いました。

セールスポイントとはそのテレビの「売り」であって、欲しいテレビを見定める重要なキーワードです。

映像を徹底的にこだわるなら、先端の技術で映像美を全面に出すモデル。

迫力ある音響システムが欲しいなら、スピーカー構成や出力の大きいことを掲げた機種を絞れる。

ハイセンス2023年モデル、UX・U8Kのセールスポイントを知れば、テレビ選びの的が絞れます。

solution_article

【この記事で解決する疑問と悩み】

  • 2023年発売のハイセンステレビの特徴
  • シリーズごとのセールスポイントの違い
    • 対象:UX・U8K
この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

ハイセンスに適合する外付けHDDの情報もご活用下さい♪

Sponsored Link
Click to Contents!!

ハイセンス2023モデル|UX・U8K|

ハイセンスの2023年発売モデルの概要は以下の通り。

「詳細確認」ボタンから各モデルの詳細へジャンプできます。

ハイセンス 4K液晶Mini LEDテレビ UX本体正面の画像
UX
ハイセンス 4K液晶Mini LEDテレビ U8K本体正面の画像
U8K
映像Mini LED
液晶
Mini LED
液晶
音響立体音響立体音響
サイズ
展開
75v|65v75v|65v
|55v
進化
レベル
デザイン普通普通
価格普通安い
詳細確認詳細確認
ハイセンス2023年モデル概要

サイズ構成の変化

サイズ2022
モデル
2023
モデル
85v型U7H-
75v型U9H
U7H
A6H
UX
U8K
65v型U9H
U7H
A6H
UX
U8K
55v型U7H
A6H
U8K
50v型U7H
A6H
-
43v型U7H
A6H
-

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス Mini LEDモデル]

UXシリーズ|サイズ展開:75v・65v|

ハイセンス 4K液晶Mini LEDテレビ UX本体正面の画像

[UX セールスポイント]

ダイナミックXディスプレイ & HI-VIEWエンジンX

立体音響対応をリアルに再現するイネーブルドスピーカー搭載

快適なゲーム機能


進化を遂げたMini LED技術

2世代目となるハイセンスのMini LEDバックライト搭載4K液晶テレビは、高機能モデルと普及モデルの2バリエーション展開。

UX」は高機能モデルの位置付けで、2023年ハイセンスのフラッグシップモデルと言えます。

新開発の「ダイナミックXディスプレイ」は高輝度&高コントラストを実現し、新たな超改造処理エンジンによってポテンシャルを如何なく発揮します。

ダイナミックXディスプレイ

新たなハイセンスMini LED液晶モデルのUXは、Mini LEDライトの小型化を図り、前モデルのU9Hに対し約2倍のLEDを配置し、1.5倍の高輝度を実現しました。

当然ながら、リアルな色表現に必須の「量子ドット(量子ドットダイナミックカラー)」も搭載されています。

2023年モデルハイセンスの新開発ダイナミックXディスプレイ
ダイナミックXディスプレイ

ハイセンス・テレビ公式ページより

2倍に配置されたMini LEDも制御技術が貧弱では宝の持ち腐れです。

UXではバックライトをエリアごとに分割して点灯を制御するローカデミング技術も進化し、制御範囲のエリア分割数が従来の約3倍に細分化された「ローカルディミングアドバンスト」へアップデートされました。

ハイセンス・テレビ公式ページより

また、従来通り斜めからも見やすいADS方式を採用し、新開発の低反射倍速XDRパネルによって約75%の映り込み防止(反射防止)対策も実施。

2023年モデルハイセンスの新開発低反射倍速XDRパネル
低反射倍速XDRパネル

ハイセンス・テレビ公式ページより

最新の4K液晶 Mini LED ハイセンスである「UX」は、ディスプレイ本体の性能が根本的に見直されたこと。

更に次項で解説する新しい映像エンジンによって、そのポテンシャルを十二分に発揮できる構成が大きなセールポイントです。

最新映像エンジン

4K液晶 Mini LED ハイセンスである「UX」では映像エンジンも刷新され、新開発のパネル性能を漏れなく発揮すべく映像のアップスケーリングが図られます。

2023年モデルハイセンスに初めて搭載された16ビットHI-VIEWエンジンX
16ビットHI-VIEWエンジンX

ハイセンス・テレビ公式ページより

新エンジンの「HI-VIEWエンジンX」によって具現化される主な高画質化要素は次の通り。

高画質効果新技術
高精細AIナチュラルリアリティー
AI 放送映像高画質処理アドバンスト
AI ネット映像高画質処理アドバンスト
広色域美肌リアリティーアドバンスト
高コントラストローカルデミングアドバンス
えだまめくん

TVS REGZA同様に大きな進化を果たした、今期のMini LEDハイセンステレビです。

強化された音響システムでリアルな立体音響を再現

4K液晶 Mini LED ハイセンスで「UX」の進化で驚きなのが音響システムの強化で、間違いなくセールスポイントの一つとなる内容です。

前モデルU9Hの7スピーカーから10スピーカーへ増加され、最大出力も70Wから82Wと物理的に大幅強化されました。

立体音響をリアルの再現するために必要な上部のイネーブルドスピーカーは当然ながら、包み込むように左右から音を纏わせるサイドスピーカーも搭載

また、薄型テレビの弱点である低音を強化するウーファーも搭載されているため、全体的に安定した高品質なサウンドが期待てきる構成となっています。

2023年モデルハイセンスUXに搭載された10スピーカーシステムのイメージ
10スピーカーシステム

ハイセンス・テレビ公式ページより

えだまめくん

音響面も信じられないくらいの進化です。イネーブルドスピーカーのみならずサイドスピーカーも搭載するモデルは希少です。

最新ゲームも快適にプレイ可能

ハイセンスUXは引き続き快適なゲーム性能を有していることもセールスポイントの一つです。

2023年モデルハイセンスUXにも搭載されたAMD FreeSync Premiumのイメージ
AMD FreeSync Premium

ハイセンス・テレビ公式ページより

対応技術効果
AMD FreeSync Premiumフレームレート(fps)とリフレッシュレート(Hz)を同期させ滑らかな映像を実現。
HDMI2.1規格の4K 120P入力に対応ちらつき、カクツキ防止。低遅延モードと高画質モードの自動切り替え。
VRR(可変リフレッシュレート)描画ずれのない滑らかな映像にする。
ALLM設定入力機器の情報に連動し自動的に遅延モードの設定に切り替える。
UXのゲーム性を向上させる技術
えだまめくん

前モデルから変化は無いものの、セールスポイントとして挙げておきます。

快適な録画を実現するチューナー数

ハイセンスUXは今期のコンセンサスを満たすチューナー数を有しているので、裏録やダブル録画が快適に行えます。

ただし、外付けHDDを選ぶ際にはトラブルを避けるために、ハイセンスUXに適合する外付けHDDを選ぶことをおすすめします。

\ ハイセンスに適合する外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

ハイセンスに適合するのはもちろん、高画質であるUXには4Kも沢山録画できる4TB以上を選びたいところです。

ハイセンスに適合する電源レスのコンパクトHDDもおすすめです♪

UXセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.5

こだわり派

素晴らしい進化なのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

国内メーカーの最高峰Mini LEDモデルと比較しても遜色のない内容だわ。

評価:5.0

コスト重視派

凄い内容だね。価格次第だけど、セールスポイントだけなら満点だよ。65v型以上しか選べないのが少し残念だね。

えだまめくん

ハイセンスの本気を感じるMini LEDモデルのUXです。

UXがおすすめの人
  • 高品質で最新のMini LEDテレビを楽しみたい人
  • テレビのスピーカーだけで高音質を楽しみたい人
  • 最新ゲームをプレイする人

\ UXの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ UXに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

[4K液晶ハイセンス Mini LEDモデル]

U8Kシリーズ|サイズ展開:75v・65v・55v|

ハイセンス 4K液晶Mini LEDテレビ U8K本体正面の画像

[U8K セールスポイント]

Mini LEDの普及モデル

Mini LED+量子ドットディスプレイ & 最新HI-VIEWエンジン

快適なゲーム機能


コスパ優先のMini LEDモデル

2世代目となるハイセンスのMini LEDバックライト搭載4K液晶テレビは、高機能モデルと普及モデルの2バリエーション展開。

U8K」は普及モデルの位置付けで、2023年ハイセンスMini LEDテレビのセカンドモデルと言えます。

お求めやすい価格でMini LEDバックライト搭載の4K液晶テレビが欲しいなら、U8Kは外せないモデルでしょう。

Mini LEDバックライト搭載という内容だけでも、セールスポイントとして十分に評価できます。

Mini LED搭載テレビの更なる価格破壊を目指す

前モデルのU9Hは機能的にもバランスの良い4K液晶Mini LEDモデルでしたが、他社モデルと比較しても価格の安さが際立っていました。

U8KU9Hを比較した場合、U8Kは細かい機能が削られており、更なるMini LEDモデルの価格破壊が期待できる機種であることが伺えます。

参考までに、主なMini LEDモデルの初値から執筆時までの平均価格(最安値)をまとめたのが以下の表です。

前モデルU9Hの平均価格は他社モデルよりも大幅に安く、ハイエンド液晶テレビに近い価格であることが分かるでしょう。

U8Kは機能のミニマム化により更なる価格低下が期待でき、国内メーカーのハイエンド液晶よりもお手軽なモデルになることが予想されます。

メーカーモデル75v型65v型55v型
AQUOSDP1-286226
EP1586343259
REGZAZ875L365271-
Z870L--183
BRAVIAX95K548318-
HISENSEU9H255179-
Mini LED TVの平均価格(千円)

液晶なのに高品質な映像が期待できるMini LEDバックライト搭載のテレビが安く買える。これはU8Kの大きなセールスポイントでしょう。

えだまめくん

液晶テレビのバックライトとしてMini LEDが普及価格となる「実績」が必要です。U8Kはその大事なモデルでしょう。

Mini LED+量子ドット & 最新エンジン

U8Kのパネル構成は前モデルU9Hほぼ同じ水準と思って差し支え無いでしょう。

大きな違いは映像エンジンが最新の「HI-VIEWエンジン」へ置き換わり、Mini LED本来のポテンシャルを発揮可能な制御技術へ進化した点がセールスポイントとなります。

但し、音響面に関しては3スピーカー&40Wへダウングレードされ、Mini LED普及モデルのメリットへ包括されています。

2023年モデルハイセンスに初めて搭載されたHI-VIEWエンジン
HI-VIEWエンジン

ハイセンス・テレビ公式ページより

えだまめくん

パネル本体はMini LEDバックライトで十分なレベルとなっているので、映像エンジンの刷新はとても大きいと言えます。

最新ゲームも快適にプレイ可能

ハイセンスU8Kは、上位モデルや国内メーカーのハイエンドモデルに劣らない、快適なゲーム性能を有していることもセールスポイントの一つです。

2023年モデルハイセンスUXにも搭載されたAMD FreeSync Premiumのイメージ
AMD FreeSync Premium

ハイセンス・テレビ公式ページより

対応技術効果
AMD FreeSync Premiumフレームレート(fps)とリフレッシュレート(Hz)を同期させ滑らかな映像を実現。
HDMI2.1規格の4K 120P入力に対応ちらつき、カクツキ防止。低遅延モードと高画質モードの自動切り替え。
VRR(可変リフレッシュレート)描画ずれのない滑らかな映像にする。
ALLM設定入力機器の情報に連動し自動的に遅延モードの設定に切り替える。
U9Hのゲーム性を向上させる技術
えだまめくん

ゲーム性能については機能低下がありません。

快適な録画を実現するチューナー数

ハイセンスU8Kは今期のコンセンサスを満たすチューナー数を有しているので、裏録やダブル録画が快適に行えます。

ただし、外付けHDDを選ぶ際にはトラブルを避けるために、ハイセンスU8Kに適合する外付けHDDを選ぶことをおすすめします。

\ ハイセンスに適合する外付けHDDを探すならこちら!/

えだまめくん

ハイセンスに適合するのはもちろん、高画質であるU8Kには4Kも沢山録画できる4TB以上を選びたいところです。

ハイセンスに適合する電源レスのコンパクトHDDもおすすめです♪

U8Kセールスポイントの評価

セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

庶民にもMini LEDの感動を味わってもらいたいのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

セールスポイントだけを見れば地味だけど、Mini LEDを安くすることに注力していることが大事なのよね。

評価:5.0

コスト重視派

僕的にはこの内容で十分。今期は部分駆動のLEDモデルよりも安く買える可能性があるね。

えだまめくん

価格優先なのでセールスポイント的には辛口になるのは仕方ありません。

U8Kがおすすめの人
  • リーズナブルにMini LEDテレビを楽しみたい人
  • 最新ゲームをプレイする人

\ U8Kの総合評価はこちら /

\ 前モデルの情報はこちら /

\ U8Kに適合するHDD & TV-stand情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

セールスポイント評価まとめ2023年モデルハイセンス・テレビ


評価モデル
A氏1B子1C氏1
UX4.5
5.0
5.0
U8K4.0
3.5
5.0

2023年発売のハイセンス・テレビのセールスポイントを見ると、Mini LEDバックライト搭載の4K液晶テレビに大きな注力を注いでいることが分かります。

今期は高機能モデルと普及モデルで消費者の選択肢を増やし、その内容も満足度の高い機能を有しているので割高な国内メーカーを選択するか大いに悩ましいところでしょう。

ハイセンスブランドに不安がある人が多いこともネックとなりますが、ハイセンス独自の3年保証があることも加味して考えることが肝要です。

今期のハイセンスは機能に対し割安な価格が魅力の、引き続きコスパの高いモデルと言えます。

良い買い物をして下さい♪

↑ 目次へ戻る

ハイセンスに適合する外付けHDDをお探しならこちらの記事をご活用下さい♪

ハイセンスに適合する電源レスのコンパクトHDDもおすすめです♪

2023年ハイセンス・テレビ関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

新しいテレビと一緒に買いたい!

2023年モデル・他社のテレビ記事

モデル間の比較記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
【2023 HISENSE】 ハイセンス・テレビのセールスポイントを比較評価|UX・U8K記事のアイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!