【ハイセンス U8K】U9Hとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

本記事の一部リンクには広告が含まれています。
ハイセンス4K Mini LED液晶テレビ U8Kレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、ハイセンスの4K Mini LED液晶テレビである「U8K」と前モデルのU9Hとの違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、U8Kのおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、U8Kと同世代である2023年モデルの新4Kハイセンス・テレビ間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「U8Kを実際に操作」し「U8Kの機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはU8KとU9Hの違いが知りたいね。

\ U8KとU9H違い /

進化ポイント残念ポイント
映像エンジン

自動画質調整
音質調整
省エネ性能
軽量化
その他利便性
音響性能
違うポイント

ハイセンスの新しいMini LED搭載4K液晶テレビ U8Kシリーズは、前期初登場したMini LEDバックライト搭載モデルをほぼ同程度エントリーモデルです。

大まかには音響性能をダウングレードし、ほぼ同じ映像性能を維持した新モデル。

コスト面で他社と戦うことができる、新しいハイセンスのコスパモデルです。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ハイセンス U8K】U9Hとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

U8K 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

U8K 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格4.05.05.0
セールスポイント4.03.55.0
視聴環境・設置3.04.04.0
全機能3.03.03.0
省エネ・寿命4.55.04.5
総合評価3.7
4.1
4.3
U8K総合評価結果

冒頭で解説したとおり、U8Kはハイセンス4K Mini LED液晶テレビのエントリーモデルです。

サイズ展開は、画質の美しさを堪能できる75v型65v型の超大型サイズと一般的な55v型の3サイズで、基本機能もフル装備を実現しています。

えだまめくん

今期のハイセンスMini LEDテレビは、ハイエンドとエントリーの2モデル展開です。

リーズナブル派

Mini LEDの価格低下がどこまで進むか?とても興味があるわ。

こだわり派

早速市場の多様性に対応してきたのだ。サイズ展開も良い感じなのだ。

U8Kのメリット・デメリット

U8Kが優れる点⤴︎

  • ADS / RGB Mini LED/ローカルディミング Pro 量子ドット
  • 新映像エンジン*
  • 高精細度/自動画質調整がアップ*
  • 環境光センサー*
  • HDR規格全てに対応
  • オーディオキャリブレーション*
  • Bluetoothリモコン/オーディオ連携
  • ゲーム性能強化
  • eARC対応
  • HDCP2.1対応
  • Mini LEDバックライト搭載モデルなのに安い
  • U9Hに対し省エネ*
  • U9Hに対し総重量と本体重量が軽い*
  • 55v型の追加
  • 省スペースも対応可能な調整式卓上スタンド(55v/65v)*

U8Kが劣る点⤵︎

  • バックライトブーストフィルム非搭載*
  • スィーベル/二画面に非対応*
  • 一部の高画質化技術が劣る*
  • イネーブルスピーカー非対応
  • スピーカー構成が貧弱*
  • スピーカー出力が低い*

*前モデルU9Hと比較した場合

えだまめくん

U8Kのメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|U8Kの価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

次世代の液晶バックライト技術である「Mini LED」は、2021年モデルとしてシャープアクオスが先行発表し、2022年は他社も追随し2023年でほぼ出揃った感じです。

映像水準は期待通りの高コントラスで、有機ELテレビに勝るとも劣らない美しさ。

ここからは低価格化と省エネ性能の向上そして高機能化がカギとなり、その一翼を担うのがハイセンスのMini LEDテレビです。

前モデルでは低価格化に楔を打ち、今期その遺伝子を受け継ぐU8K更に市場価格を席巻するかが大きな注目点でしょう。

価格の評価

評価:4.0

こだわり派

Mini LEDの価格破壊は止められないのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

エントリーMini LEDテレビとは言え、一気にまた下がったわね。

評価:5.0

コスト重視派

こりゃあ、普通の液晶テレビを選ぶ理由が無くなったわ。

えだまめくん

U9Hが一気にMini LEDの価格を下げてくれましたが、U8Kは更にその基準を下げてきました。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

75U8K(75v型)の価格推移と買い時

75v U9H vs. U8K最安値推移

75v型U8Kの初値は、前モデルU9Hに対し約27%下落して始まりました。

翌月には既に200千円台の価格まで下がり、国内メーカーと比較した場合、普通のエントリー液晶テレビとほぼ同じ価格帯になっています。

他社のハイエンド液晶テレビを買うなら、U8Kを選択肢として比較するべきでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

75型のU8Kがどうしても欲しいなら

  • 220千円前後で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値から3ヶ月後の安値付近200千円以下を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意

65U8K(65v型)の価格推移と買い時

65v U9H vs. U8K最安値推移

65v型(65U8K)も75v型と近い状況で、初値の価格差は約24%低く始まりました。

2ヶ月後には150千円台の価格まで下がり、65v型も国内メーカーと比較した場合、普通のエントリー液晶テレビとほぼ同じ価格帯になっています。

選択肢が広がり、非常に悩ましい状況です。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のUXがどうしても欲しいなら

  • 180千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値から3ヶ月後の安値付近150千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意
えだまめくん

ハッキリ言って55v型の国内ハイエンド液晶テレビと変わらない価格です。

55U8K(55v型)の価格推移と買い時

55v U9H vs. U8K最安値推移

55v型は前モデルでサイズ展開が無いため、普通の液晶テレビである「55U7H」と比較しました。

明らかにクラスが下の機種と比較したためグラフ上は高く見えますが、3ヶ月後には一時120千円台の安値をつけ、55v型も国内液晶で言うエントリークラス並みの価格です。

間違いなくU8KはMini LEDの価格破壊モデルと言えるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のU8Kがどうしても欲しいなら

  • 150千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値から3ヶ月後の安値付近120千円前後を狙う
  • ハイセンスはAmazonで安値を更新することが多いので注視
  • ハイセンスは価格安定後は大きく下がらないので注意
えだまめくん

55v型の直下型LED液晶モデルが一昔前まで150千円前後だったので、U8Kの市場価格はゲームチェンジと言えます。
国内メーカーが追随すれば面白くなりそうですね。

↑ 目次へ戻る

評価②|U8Kのセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

目新しい内容は無いのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

U9Hの焼き直しって感じね。映像エンジンは新しいけど、随所にコストダウン対策が見え隠れするわ。

評価:5.0

コスト重視派

内容的にはこれだけあれば十分じゃない?問題は3年保証以降の耐久性だよね。

えだまめくん

市場価格的には普通の液晶テレビのエントリーモデルですが、機能的にはハイエンド並みですね。

ハイセンス 4K Mini LED液晶テレビ U8Kとは

ハイセンス 4K液晶Mini LEDテレビ U8K本体正面の画像
4K液晶Mini LEDハイセンス U8K

ハイセンス・テレビ:公式ページ

モデル2023夏(23'5月)
シリーズハイセンス U8K
分類4K Mini LED
液晶テレビ
サイズ展開75v/65v/55v

ハイセンスの最新テレビ「U8K」は、最先端のバックライト技術であるMini LEDを採用したMini LEDエントリーモデルです。

ハイセンステレビは価格が安い分機能の制約が多い印象でしたが、前期のモデルからその差は埋まり、U8Kも国内ブランドの同一機種と同等のレベルの仕上がりです。

U8K 3つのセールスポイント

  1. Mini LEDの普及モデル
  2. Mini LED+量子ドットディスプレイ & 最新HI-VIEWエンジン
  3. 快適なゲーム機能
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 映像品質は前モデルU9H並みと感じた
  • 音響システムは普通の出来

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2023年モデル、UX・U8Kのセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

U9Hの質を落とさず上手のコストを削いだ感じだわ。

えだまめくん

上位モデルの内容が良いので、単純なエントリーモデルではなく質も担保しています。

ハイセンス・テレビに対応したHDDは「【ハイセンスに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

U8Kに適合する電源レスのコンパクトHDDがおすすめです♪

ハイセンスでDVDを再生するなら「テレビで見るための【DVDプレーヤー4選】安く買って簡単に接続する方法」でまとめて紹介しています。

U8Kの受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

ハイセンス 4K Mini LED液晶テレビU8K」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2023 SUMMER(2023年「夏」)

U8KはVGPから高評価を受けています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズコスパ大賞U8Kシリーズ
75U8K受賞ディスプレイ
65U8K受賞ディスプレイ
55U8K金賞ディスプレイ
U8K VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
75U8K対象外ディスプレイ
65U8K対象外ディスプレイ
55U8K対象外ディスプレイ
U8K HiVi評価まとめ(夏)

2023 WINTER(2023年「冬」~2024年)

決定次第で更新予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|U8Kに最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

試聴性能は普通なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

卓上スタンドはワイドとナローに調整可能だし設置性は問題ないわね。ただ、55v型は調整できないのが残念だわ。

評価:4.0

コスト重視派

UXと同じで、ADSパネルでMini LEDなので最強?Bluetoothリモコンも反応が良いし便利だね。

えだまめくん

反射対策は採用されていませんが環境光センサー対応なので特に問題ないでしょう。卓上スタンドは55v型を除き調整可能なので置き場所を選びません。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 環境光センサーの効果によって明るい場所でも見やすく感じた
  • ADS方式のパネルは横からの視聴性に問題なし
  • 卓上スタンドは少し安っぽいが調整可能で設置性も安定性も良い(除く55v)

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2023年モデル、UX・U8Kの試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

反射対策についてはコストダウンの影響ね。卓上スタンドも同じだけど、調整機能があるだけ親切だわ。

えだまめくん

反射はそんなに気にならないと思いますが、55v型は設置場所を気にした方が良さそうです。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

\ U8Kに適合するHDDとSTAND情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

評価④|U9HとU8Kの違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
U8K機能評価

評価:3.0

こだわり派

基本機能は手抜きを感じないのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

相変わらず、4K放送の2番組同時録画に制約があるのがちょっとネックだわ。

評価:3.0

コスト重視派

これだけ盛り込めば不便さは感じないだろうね。

えだまめくん

昨年のモデルから機能の漏れが無くなりつつあります。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth対応のリモコンはどんな方向でも反応していた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2023年モデル、UX・U8Kの基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

う〜ん、フル装備だわ。あとは耐久性が気になるところね。

えだまめくん

安かろう悪かろうのイメージも何れ払拭されるでしょう。

Bluetoothで簡単にワイヤレスイヤホンも接続できます♪

ワイヤレスイヤホンを使用すれば、テレビの音量を気にせず大迫力の没入感に浸れます。

こちらのリンク→ワイヤレスイヤホン関連記事を参考にして下さい。

おすすめのワイヤレスイヤホンもレビュー!

↑ 目次へ戻る

評価⑤|U8Kの省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
U8K省エネ性能評価

評価:4.5

こだわり派

エコな時代にマッチしているのだ。

評価:5.0

リーズナブル派

価格と同じで消費電力もエントリー普通液晶モデル並みだわ。

評価:4.5

コスト重視派

イニシャル/ランニングコスト共に優秀だ。

消費電力と年間消費電力量の比較

U8K前モデルU9Hと比較して消費電力はダウンし、年間消費電力量は若干悪化しています。

消費電力の比較(W)

SIZEU8KU9H
75v型285W400W
65v型235W350W
55v型180W-
消費電力比較

年間消費電力量の比較(kWh)

SIZEU8KU9H
75v型205kWh240kWh
65v型185kWh220kWh
55v型160kWh-
年間消費電力量比較

他社有機ELテレビとの比較

Mini LEDでサイズ展開の多い75v型と65v型で、他社の最新液晶Mini LEDテレビと省エネ性能を比較しました。

性能を最大限発揮させた際に影響の大きい消費電力に着目すると、U8Kの省エネ性能はハイスペックMini LEDの中で最高レベルであることが分かります。

他社有機ELテレビとの比較表

上段:消費電力
下段:年間消費電力量

モデル75v型65v型
HISENSE
U8K
285W
205kWh
235W
185kWh
HISENSE
UX
340W
290kWh
290W
245kWh
VIERA
MX950
325W
214kWh
270W
182kWh
BRAVIA
X95L
459W
228kWh
376W
219kWh
REGZA
Z970M
344W
210kWh
288W
209kWh
REGZA
Z870M
291W
166kWh
249W
165kWh
AQUOS
EP1
548W
252kWh
416W
218kWh
省エネ性能比較
えだまめくん

Mini LED液晶テレビの省エネ化もハイセンスが一歩抜きん出ています。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

ハイセンス・テレビ2023年モデル、UX・U8Kの省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

価格も安いし電気代も安いし映像も綺麗だし、何か騙されている感じだわ。

えだまめくん

騙されたかどうかは故障するまで分かりませんね。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

ハイセンス 4K液晶テレビ U8K評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ハイセンス U8K】U9Hとの違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

ハイセンスは昨年からMini LEDバックライト搭載の液晶テレビへ本格参入し、今期はその経験を活かし色々と冒険をしてきた感じです。

今期発売のMini LEDモデルは2タイプで、U8Kはエントリモデルとして期待通りの結果になりつつあります。

もう、省エネ性能が悪く価格の高い有機ELテレビを選ぶ理由が無くなるかもしれません。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

U8Kのメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

U8Kが優れる点⤴︎

  • ADS / RGB Mini LED/ローカルディミング Pro 量子ドット
  • 新映像エンジン*
  • 高精細度/自動画質調整がアップ*
  • 環境光センサー*
  • HDR規格全てに対応
  • オーディオキャリブレーション*
  • Bluetoothリモコン/オーディオ連携
  • ゲーム性能強化
  • eARC対応
  • HDCP2.1対応
  • Mini LEDバックライト搭載モデルなのに安い
  • U9Hに対し省エネ*
  • U9Hに対し総重量と本体重量が軽い*
  • 55v型の追加
  • 省スペースも対応可能な調整式卓上スタンド(55v/65v)*

U8Kが劣る点⤵︎

  • バックライトブーストフィルム非搭載*
  • スィーベル/二画面に非対応*
  • 一部の高画質化技術が劣る*
  • イネーブルスピーカー非対応
  • スピーカー構成が貧弱*
  • スピーカー出力が低い*

*前モデルU9Hと比較した場合

U8KとU9Hの違いまとめ

\ U9Hとの違いまとめ /

項目U9HU8K
サイズ75v/65v75v/65v/55v
高画質化Mini LED/ローカルディミング Pro 量子ドット
バックライトブーストフィルム-
NEOエンジン ProHI-VIEWエンジン
AI 放送映像高画質処理
AI ネット映像高画質処理
AIオート画質調整
AIシーン別超解像処理
AIモーション別超解像処理
3段階超解像処理
輝き復元Pro
エリア別適性露出復元
高精細ノイズ処理
-環境光センサー
HDMI®入力自動画質調整
テクスチャー復元
量子ドット
64色軸色彩コントロール-
美肌リアリティーPro
ローカルデミング Pro
HDR再現処理 plus
HDR10/HDR10+/HLG
HDR10+Adaptive
Dolby Vision/Dolby Vision IQ
倍速パネル&クリアモーション 120Hz
高音質化4.1.2ch2.1.0ch
イネーブルドスピーカー-
70W40W
自動音量制御
-オートボリューム
Bluetoothオーディオ連携
Eilex PRISM
Eilex FOCUS
-オーディオキャリブレーション
リモコンBluetooth対応
-VODダイレクトボタン
機能スィーベル❌
省スペース設計
(55vは除く)
-スマートデバイス連携
二画面対応❌
HDMI=4
ゲームモードPro
HDMI2.1 VRR/ALLM対応
AMD FreeSync Premium™対応
-Anyviewホームサーバー機能
-スクリーンシェア
U8KとU9Hの違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2023年ハイセンス・テレビ関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

2023年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

U8Kと一緒に買いたい!

Sponsored Link
ハイセンス4K Mini LED液晶テレビ U8Kレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!