4K液晶テレビ パナソニック ビエラ HX850 ①セールスポイントの評価

HX850 IC 1

2020-2021最新モデルのパナソニック4K液晶ビエラ「HX850」。

今期のパナソニック4K液晶ビエララインナップはなんと4種類!!全てが2020-2021の最新モデルとして登場です。

液晶のセカンド機についてはHX900がその位置に来るのでしょうが、サイズバリエーションが55型以上の大型機のみ。

50型未満の小型サイズは「HX850」が担当し、HX900と連携を果たしてる感じ。

ソニーブラビアの液晶シリーズとよく似たラインナップですね。

分類ソニーパナソニック
ハイエンド機X9500HHX950
セカンド機(大型)X8550HHX900
セカンド機(中小型)X8500HHX850
サード機X8000HHX750

正直、大型機と小型機では本体のサイズによる影響で細かい機能差がつき、特に音響システムに違いが目立つのでこの方がスッキリするかもしれません。

そんな50型未満で最新のパナソニック ビエラ 4K液晶テレビ「HX850」の評価をここから開始。4回にわたって全貌を解き明かして行きます。

大型モデルのHK900とは多くの機能差があるのか?気になりますね。

第1回目はパナソニック ビエラ 4K液晶テレビ HX850の「セールスポイント」をじっくりと徹底評価。

登場人物

価格よりも機能を重視

こだわり派

こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派

リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。

機能そこそこで価格を重視

コスト重視派

コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

Click to Contents!!
Sponsored Links

4液晶テレビ パナソニック ビエラ HX850とは

HX850 img01
項目内容
モデル2020夏(20’6月)
シリーズビエラHX850
分類4K液晶テレビ
サイズ展開49v/43v

「HX850」は、2020-2021モデルパナソニック4K液晶ビエラの最新機種として発売された、50型未満の小型機モデル。

内容としては、液晶セカンド機「HX900」の小型サイズモデルと言えます。

前モデルに該当するのはハイエンド機GX855の同サイズモデルでしょう。

ハイエンド機の後継がセカンド機?

疑問もありますが、今期パナソニックは大きく液晶のバリエーションを変えてきたので仕方ありません。

49型と43型のサイズだけで考えれば、HX850が液晶ビエラで最も機能豊富な機種なのです。

4液晶テレビ パナソニック ビエラ HX850のセールスポイント

  1. 高画質技術
  2. 立体音響 Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)搭載
  3. 転倒防止スタンド機能

1.こだわりの高画質技術

えだまめくん

HX850の高画質技術はハイエンド機HX950の内容と同じです。大きく違うところは「プレミアム液晶ディスプレイ」の有無で、ピーク輝度は多少落ちますが、普段使いでは全く気にならない範囲です。

AI HDRリマスター

HX950 img11
えだまめくん

HX950とはパネルに大きな差がありますが、基礎的な高画質化技術はほぼ共通で、特に今期はAIによりSDR(普通画像)をHDR(明暗が細かい高画質)へ変換する「AI HDRリマスター」が注目です。

リーズナブル派

HDRってBlu-rayとかのソースが無いと関係ないんじゃない?

えだまめくん

そこがカギなんです。「AI HDRリマスター」はAIが学習したデータを活用し、独自の変換アルゴリズムで、地デジなどの通常放送もHDR並に高コントラスト化するんです。

コスト重視派

いいね~。ハイエンド機を買わなくても済む。

Wエリア制御

えだまめくん

更にハイエンド機と同じ「Wエリア制御」も搭載するので、高コントラストの高画質化を実現します。

HX950 img10
HX950 img05
こだわり派

今回のパナソニック液晶ビエラは大幅な刷新なのだ。

ヘキサクロマドライブ

えだまめくん

そして当然ながら高画質エンジンは「ヘキサクロマドライブ」をHX850も搭載しています。

HX950 img09
コスト重視派

IPS液晶の弱点であるコントラストを徹底的に改善してきた感じだね。

フル装備のHDR規格

えだまめくん

そしてパナソニックと言えば、他に類を見ないHDR4方式のフォーマットに対応しているのが大きな強みで、HX850も漏れなく付いてきます。

HX850 img02
こだわり派

暗い場所の再現、明るい場所の再現、これらを実現する「HDR」技術で最も真価を発揮するのだ。でも、気づいたんだが有機ELシリーズの新機能「Dolby Vision IQ」の採用は見送っているのだ。

リーズナブル派

確かにその通りだわ。同じ技術でもバックライトの性能がアップすれば、より精細な映像になるはずね。新機能「Dolby Vision IQ」が非採用なのは、液晶が輝度で優位だから必要無いのかもね。

こだわりの高画質技術の評価

評価:2.0

こだわり派

頑張ってはいるが、しょせんは液晶テレビ有機ELテレビには劣るのだ。

評価:2.0

リーズナブル派

「プレミアム」なHX950とはさすがに差があるわね。

評価:2.0

コスト重視派

標準的なスペックだけど、ハイエンド機と比較すれば「こだわり」と言うほどのレベルではないね。

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

2.Dolby Atmos®(ドルビーアトモス)に対応

GZ1800-5
えだまめくん

いよいよ今期モデルより、液晶ビエラを含め、パナソニックは主要機種にDolby Atmos(ドルビーアトモス)を標準搭載してきました。

リーズナブル派

49型と43型って今や小型サイズだけど、そこまでちゃんとアトモスを搭載するパナソニックは素晴らしいわね。

えだまめくん

まあ、疑似の3Dサラウンドなんで、組込みはどんなサイズでも可能です。さすがにイネーブルドスピーカーまでは付きませんが。

コスト重視派

パナソニックはいよいよ小型(中型?)液晶テレビにまでドルビーアトモスを初搭載したんだ!徹底した横展開だね。ただ、スピーカーユニットは…かな。

HX850 img03
こだわり派

安いテレビは間違いなくスピーカーユニットがプアーなのだ。

えだまめくん

ハイエンド機のHX950を見れば大きな差を感じますが、ソニー液晶ブラビアのハイエンド機X9500Hと同じ出力なんですよ。普段使いなら十分です。それよりも着目すべきは、今期の液晶ビエラには独立した音声処理回路が付いたことです。

HX850 img04
えだまめくん

単純に出力だけでスピーカー性能を決めちゃダメですよ。ただ、限界性能が低いことは確かなので、純正のサウンドバーでレベルアップするのもおすすめ。
それでは、音響関係の評価をお願いします。

  

ドルビーアトモスの評価

評価:5.0

こだわり派

ミドルレンジの液晶テレビでも、今やドルビーアトモスが当たり前なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

さすがにイネーブルドスピーカーは無いけど、アトモスがあるから楽しめそうね。

評価:4.0

コスト重視派

こうやってどんどん内容が濃くなるんだね。

3.転倒防止スタンド機能

HX850 img05
えだまめくん

パナソニックの転倒防止スタンドについては、4K液晶テレビGX855でも採用されていた技術です。小さなお子さんが居る世帯では重宝するでしょう。

GX855-07
リーズナブル派

今期のパナソニックはこの技術も横展開ね。

えだまめくん

テレビの大画面化によって転倒事故も増えています。昔のブラウン管テレビなら倒れることは少なかったですが、薄型テレビは軽いので小さいお子さんが体重をかければ容易に転倒します。最先端の安全対策と言えますね。
残念ながらスイーベル(首ふり機能)は付いていません。そのため、卓上スタンドのデザインが相違します。

リーズナブル派

首振り機能が無いのもコストダウンかな?まあ、どうでもいいけど。でも、丸い卓上スタンドと比べると随分デザインが違う印象だわ。

えだまめくん

パナソニックビエラのデザインは昔から少し地味な印象ですね。比較的年齢の高い方々の間でブランドバリューが高く、自然と落ち着いたデザインになるのでしょう。
話は変わりますが、録画用外付けハードディスクはHX850に適合した信頼のある製品を選びましょう。パナソニックはちょっと気難しいのです。

 

ビエラは使用可能な容量(TB)の上限や、適合機種が他社のテレビよりも柔軟性に欠けるの適合するハードディスクを探すのが少し大変。

そこで、面倒が無いよう「HDD パナソニックビエラにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」でおすすめのHDD情報をまとめています。

パナソニックビエラ用のHDDをお探しの方は是非参考にして下さい。

 

えだまめくん

適合が明確な安心のハードディスクを選びましょう。
では、転倒防止スタンド機能の評価をお願いします。

転倒防止スタンド機能の評価

評価:3.0

こだわり派

安全対策は重要なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

安全性を考えるパナソニックの企業姿勢は素敵ね。

評価:3.0

コスト重視派

昨年採用したこのシステム、評判が良かったのかな?

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

その他:サイズバリエーションの確認

えだまめくん

HX850は小型(中型)サイズの展開のみ。「49型(インチ)」と「43型(インチ)」のツーサイズバリエーション。

HX850 img06

 

リーズナブル派

このサイズも根強い人気があるわ。全ての人が大型テレビを置ける環境じゃないしね。

えだまめくん

49型と43型も人気のあるサイズなので、テレビを設置する際のテレビ台やテレビスタンドの選択には困らないでしょう。
視聴環境作り(置き場所)は以下を参考に進めて下さい♪

「テレビ台」の選び方のコツはここから

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

えだまめくん

HX850に最適なおすすめのテレビスタンドも探せます♪

 

4液晶テレビ パナソニック ビエラ HX850の受賞歴

Panasonic 4K液晶 VIERA HX850はAV機器を専門家が評価する「VGP」から高い評価を受けています(「Hivi」は選考中止)。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

2020年夏の審査では、パナソニックテレビ全体の技術である「お部屋ジャンプリンク4K対応」が高く評価され、VGPから企画賞を受賞。

更にHX850は単独で、ディスプレイ部門の金賞を49型と43型の両サイズで受賞しています。

VGPの評価

受賞受賞内容
企画賞お部屋ジャンプリンク4K対応:4K放送の録画コンテンツを家じゅうでシェアできるネットワーク機能に対して。
金賞ディスプレイ部門
TH-49HX850/4K液晶テレビ(45型以上50型未満)
TH-43HX850/4K液晶テレビ(45型未満)

Hiviの評価

評価なし。

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

VGPの評価

受賞受賞内容
受賞ディスプレイ部門
TH-43HX850/4K液晶テレビ(45型未満)

Hiviの評価

受賞受賞理由
4位TH-49HX850/ディスプレイ部門Ⅰ(液晶、50型以下)

4液晶テレビ ビエラ HX850の「セールスポイント」総合評価

えだまめくん

では、これまで確認した4K液晶ビエラ HX850のセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

セールスポイントの総合評価

評価:3.3

こだわり派

このサイズでは考えられない多機能な液晶テレビと言えるのだ。でもわしは液晶テレビに興味は無いのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

普通に満足できるセールスポイントと言えるわ。及第点ね。

評価:3.0

コスト重視派

あまりこのサイズに注目していないけど、ちゃんと必要なものが揃ってるんだね。パナソニックは隙が無いよ。あとは「価格」次第…。

えだまめくん

ハイエンド機のHX950を見た後だから少し厳しめの採点かな?でも、このサイズもしっかりと必要機能を備えてます。引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価を行いましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

HX850 IC 1

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる