4K有機ELテレビ パナソニックビエラ HZ1800 ②最適な視聴環境を整える

HZ1800 IC 2 有機ELテレビ
有機ELテレビ

Panasonic VIERA 4K有機ELテレビ HZ1800の徹底評価。

前回のセールスポイントに引続き、今回は視聴環境の点から評価を行います。

前回の記事はこちら⇒「4K有機ELテレビ パナソニックビエラ HZ1800 ①セールスポイントの評価

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

4K有機ELテレビ パナソニックビエラ HZ1800 おすすめの「視聴環境」

パナソニック有機ELテレビのパネル反射対策は、前モデルのGZ1800で明確な対策を謳っており、最新のHZ1800も同様の技術を搭載。

また、有機ELパネルなどのハード面は変わらないものの、通常時の輝度アップを図るチューニングを施しているので反射問題は軽減されています。

とは言え、有機ELテレビの弱点である「昼間のリビングでの反射(見難い)」ことを含め、再度有機ELテレビの弱みを再確認しましょう。

 

  1. パネルの寿命が短い
  2. 消費電力が大きい
  3. パネルが焼き付く
  4. 昼間のリビングでは見難い
  5. 値段が高い(投資対効果が低い)

 

リーズナブル派
リーズナブル派

前モデルGZ1800でも話題になったけど、パネル表面の反射対策を明言したパナソニックは立派だったわ。

 

common_picture_blackfilter

 

えだまめくん
えだまめくん

他のメーカーが何もやっていない訳じゃないでしょうが、きちんとユーザーに届くよう、分かり易くHPやカタログに載せたことは安心に繋がります。

コスト重視派
コスト重視派

そうなんだよね。一度オープンにすればその後の改善も分かり易いし、逆に今後改善を行わないと、いつまでも同じものを載せることになるから緊張感が生まれる。

えだまめくん
えだまめくん

有機ELテレビの弱点に不安をかかえ、選択を躊躇するユーザーの取り込みにも繋がる立派なマーケティング戦略です。今後も弱点改善を明示して欲しいですね。
では、次に基本の「テレビサイズの選び方」を再確認しつつ、サイズバリエーションを見てみましょう。

 

HZ1800 テレビサイズの選び方

VIERA HZ1800のサイズバリエーションは65型、55型の二つのバリエーション。

購入サイズの選択方法は、4K映像を見るかHD映像を見るかソースによって異なってきます。

 

視聴距離4KフルHD
200cm(6畳)100型(インチ)52型(インチ)
350cm(8畳)190型(インチ)94型(インチ)

 

  • 地デジ放送メインの狭い部屋であれば「55型」を視野に
  • それ以外の場合は「65型」がおすすめ(予算次第)

 

えだまめくん
えだまめくん

昨年まで一般的だった王道のサイズ展開です。

コスト重視派
コスト重視派

ソニーブラビア東芝レグザは、48型のダウンサイズと77型の大型サイズを展開しているのに少し寂しいね。

こだわり派
こだわり派

多分計画はあったのだろうが、コロナショックや大人の事情で旧態依然のサイズ展開を余儀なくされたのだ。

 

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

 

パネルの大きさと反射対策の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

反射対策、サイズ展開は引続きの内容だが、独自のパネル制御技術で見易さはアップしているのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

パナソニックの反射対策には引続き好感が持てるわ。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

セカンド機?フラッグシップ機?標準的な有機ELテレビだよね。

4K有機ELテレビ パナソニックビエラ HZ1800 おすすめの「設置スペース」

Panasonic VIERA HZ1800 を設置する際に必要な理想的なスペースと、最適な視聴高さを実現するテレビ台を解説します。

 

POINT
  • HZ1800は「卓上スタンド」の重量に注意
  • HZ1800はデザイン的に「画面とテレビ台の設置距離が長い」(高くなる)
  • 卓上スタンドを使用時のパネルに傾きは無い
  • スイーベル(首ふり)機能の振り幅を考慮した奥行きを意識する

 

HZ1800の寸法仕様

VIERA HZ1800の各サイズに関して、基本の寸法、重量について確認すると共に、テレビを設置する上で最低必要なスペースを理解しましょう。

 

TH-55HZ1800(55型・インチ)

55HZ1800 size
HZ1800 55型(インチ)の重量
総重量本体のみ卓上スタンドのみ
30.0kg25.0kg5.0kg
HZ1800 55型(インチ) テレビ本体の必要スペース

スイーベル(首ふり)機能を考慮して、「横幅」と「奥行き」に余裕を持たせることが肝要。

 

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,500mm
(150cm)
800mm
(80cm)
400mm
(40cm)

TH-65HZ1800(65型・インチ)

65HZ1800 size
HZ1800 65型(インチ)の重量
総重量本体のみ卓上スタンドのみ
36.0kg31.0kg5.0kg
HZ1800 65型(インチ) テレビ本体の必要スペース

スイーベル(首ふり)機能を考慮して、「横幅」と「奥行き」に余裕を持たせることが肝要。

 

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,700mm
(170cm)
950mm
(95cm)
450mm
(45cm)

HZ1800を理想的な高さで視聴できるテレビ台

ここでは、ビエラHZ1800を最適な高さに関する理由と、理想的な高さで視聴するためのテレビ台の高さに言及します。

 

サイズ別理想的なテレビスタンド高さイメージ

 

上図は、一般家庭でテレビを視聴するパターン別に、テレビサイズ毎に目線の高さをイメージした内容です。

視点の高さから左下の様にテレビ台やテレビスタンドの数値を算出していますが、基本は座椅子の高さを目線の中心線に置けば大抵のパターンに当てはまるのが分かるでしょう。

この図を参考に、HZ1800にマッチする理想的な視聴高さを探ります。

HZ1800のテレビ台を選ぶ際の注意点

最適なテレビ台のサイズについて結論を出す前に、パナソニックビエラHZ1800を設置する際の注意点を確認しましょう。

ビエラHZ1800 卓上スタンドの特殊性
えだまめくん
えだまめくん

寸法図の通り、ビエラHZ1800の卓上スタンドは省スペースタイプです。但し転倒防止の吸盤が設置されているので、テレビ台は吸着し易い表面仕上げのものを選んだ方が良いでしょう。また、ディスプレイ下部まで30mm、更にスピーカー部が47mmで合計77mmの高さがあることも要注意です。

リーズナブル派
リーズナブル派

転倒防止の吸着面はシボ(皺のよう表面デザイン)が深い場合は確認が必要ね。

えだまめくん
えだまめくん

そうですね。心配な場合はツルツルした表面のテレビ台を選びましょう。なお、画面センター位置が常に77mm上になることも忘れないで下さい。

ビエラHZ1800の卓上スタンドは重い
えだまめくん
えだまめくん

サード機のHZ1000と同仕様で、単体5kgという結構な重さがあります。転倒防止機能も備わっているので仕方無いですね。

コスト重視派
コスト重視派

パナソニックビエラの有機ELテレビは他社と比べると本体も重い方だしね。

えだまめくん
えだまめくん

そうなんです。重量級で有名な東芝のフラッグシップ機X9400と比べれば若干軽いですが、本体のみではほぼ同じです。パナソニックビエラの有機ELテレビ全般に言えることですが、重いという前提で、耐荷重性のあるテレビ台を選択することが重要です。

こだわり派
こだわり派

イネーブルドスピーカーなど、他社に無い技術が装備されているので仕方無いのだ。

えだまめくん
えだまめくん

確かにそうですね。
実際、前モデルのGZ1800と比較すると、卓上スタンド込みではほぼ変わらない重量に収めていますが、本体のみだと4kgも重くなっているのです。機能充実に伴う重量増はメーカーとしても悩ましい所でしょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

卓上スタンドを含めたHZ1800が重いことには変わりないわ。卓上スタンドを利用するテレビ台を使用する際は重量に注意してね。特に既存のテレビ台を流用する際は、必ず耐荷重性の確認を行うべきね。

 

CHECK
  • ディスプレイ下部まで高さがあることを考慮しテレビ台を選ぶ
  • 卓上スタンドを使用する場合は耐荷重性を先ず重視する
  • スイーベル(首ふり)機能が利用可能な奥行きを意識する

HZ1800 理想的なテレビ台のスペック

これまでの情報を加味すると「耐荷重」を満たすことを前提に、以下のサイズ前後が「HZ1800」では適切なテレビ台の条件と言えます。

但し、あくまでも想定は一般家庭なので、使途に合わせてサイズ調整を行いましょう。

 

サイズ 理想的な横幅 TV台
理想的高さ
理想的な奥行き 耐荷重
55v1,800mm以上
(180cm)
373mm
(37.3cm)
400mm以上
(40cm)
35kg以上
65v2,700mm以上
(270cm)
311mm
(31.1cm)
450mm以上
(45cm)
40kg以上

 

「横幅」については画面の大きさに合わせたバランスで長さを設定していますが、基本的には「耐荷重」をクリアーし、バランスよく設置できればこだわる必要はありません。

但し「奥行き」については、「耐荷重」とバランスだけでなく、スイーベル(首ふり)機能の振り幅が干渉しないテレビ台を選択しましょう。

そして、ストレス無く視聴できる高さについては、「理想的高さ」であれば一般家庭での視聴は概ね対応可能です。

和式中心、洋式中心という選択肢の中で「理想的高さ」を基準に高低を計算できるので、テレビ台選びの参考にして下さい。

HZ1800を理想的な高さで視聴できるテレビスタンド

基本的な考え方はテレビ台選びと同じです。

しかし、テレビスタンドの場合は「壁掛け」同様にテレビスタンドを接続するテレビ本体のVERSAというネジ位置が高さに影響を与えます。

ただ単に台の上に置くだけなら簡単ですが、テレビスタンドの場合、接続位置を確認するだけでは接続後のテレビ画面のセンター位置は分かりません。

各機種の各サイズでVESA位置が異なるため、テレビスタンドの選定は少し複雑なことを先ずは理解しましょう。

ビエラHZ1800とテレビスタンドの相性

パナソニックビエラHZ1800のサイズバリエーションは65/55型の2種類で、どちらも人気サイズのため適合するテレビスタンドの種類は多いです。

但し、テレビスタンドに本体を設置した際のセンター位置で最も適応範囲の多い「80cm」になる製品は限られます。

HZ1800に適合したテレビスタンドから、最適(もしくは自身が求める)な視聴高さになる製品を選びましょう。

ビエラHZ1800はテレビスタンドだと視点が高くなる
えだまめくん
えだまめくん

HZ1800のテレビスタンドは選択肢も豊富ですが、設置位置が少し高くなる傾向です。

リーズナブル派
リーズナブル派

どうして高い位置になっちゃうの?

えだまめくん
えだまめくん

テレビ背面にあるテレビスタンドと接続する「VESA位置」が影響しています。HZ1800のVESA位置はセンターより下部にあり、センターにVESAを配置した場合と比べ、テレビスタンドに設置するとテレビ本体が少し高くなるのです。

 

コスト重視派
コスト重視派

テレビ台みたいに理想のセンター位置「80cm」をクリアーする適合製品も少ないんだね?

えだまめくん
えだまめくん

そうですね、選択肢は非常に狭くなりますが、テレビ台とは違いテレビスタンドは高さ調整が出来るメリットがあります。その高さ調整を逆手に取ると、以下の製品が理想的と言えます。

 

ハヤミ工業の家庭用最高峰(最強製品)

 

えだまめくん
えだまめくん

面白いのは下方向であれば無段階に調整が可能で、最大高さの取付位置は65型で92.6cm前後、55型で94.3cm前後と多少高いですが、下限へ調整すれば全ての視聴位置でベストな状態となります。耐荷重も70kgと最高水準のレベルで安心ですね。

一方、ソファー中心なら人気のEQUALS WALLも丁度良い高さで適合します。

 

ソファー中心ならWallが適合

 

えだまめくん
えだまめくん

グッドデザイン賞を受賞したセンスの良いテレビスタンドですが、実は耐荷重60kg、80型まで対応という頼もしい製品なんです。センター位置は65型で92cm、55型で94cm前後で、低ソファー以上の目線高さであればストレス無く使用可能でしょう。上へ伸ばす分には「V3で20cm」「S1で15cm」の余裕があります。

リーズナブル派
リーズナブル派

EQUALS WALL はデザインが良いけど、全体的に高くなりやすい設計なのよね。これならリビングで使えそう。

コスト重視派
コスト重視派

テレビスタンド欲しかったけど、何が適合するか分からなかったんだ。こうやって適合する最適な製品を紹介されると選びやすいね。

えだまめくん
えだまめくん

テレビスタンドの選び方については、以下の記事で詳しく解説しているので参考にして下さい。

 

失敗しない「テレビスタンド」の選び方~7つの重要ポイントを解説

ビエラHZ1800 設置スペースの最終評価

えだまめくん
えだまめくん

それでは、HZ1800の設置スペースに関して最終評価を行って下さい。

 

テレビの設置環境の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

高級で頑丈な家具なら、重いテレビの方が安定するのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

重いけど卓上スタンド付きの65型で36kg。耐荷重40kgのテレビ台があればOKだしどうにかなるわ。ベストなテレビスタンドなら耐荷重70kgだから更に問題無いわね。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

GZ1000よりは洗練されているけど、やっぱり卓上スタンドのデザインがイマイチなんだよね。省スペースタイプだから前のテレビ台を流用できるから良いけどさ。

4K有機ELテレビHZ1800の「視聴環境」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したHZ1800の視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

 

視聴環境の総合評価

評価:4.0

こだわり派
こだわり派

前モデルのGZ1800は独特デザインで面白かったが、視聴環境的には進化したもののHZ1800は随分大人しくなったのだ。

評価: 3.5

リーズナブル派
リーズナブル派

安全性と視聴環境を広げる卓上スタンドは高評価ね。でも、最廉価機のHZ1000と同じって何か複雑な気分だわ。

評価: 2.5

コスト重視派
コスト重視派

僕はHZ1000のデザインが好みじゃないからHZ1800もあまり好きになれないな。でも、省スペースタイプの卓上スタンドは良いね。有機ELの反射対策はまだまだだけど。

 

えだまめくん
えだまめくん

デザインが少し大人しくなった感のHZ1800ですが、視聴環境に関してはとても考えられた作りでした。引続き「機能」について評価します。以下のリンクから移動して下さい。

 

Panasonic VIERA HZ1800の評価

 

今すぐ「HZ1800」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪

 

 

 

この記事も読まれています!