Amazonスマイル GW sale 4/19〜4/22 23:59まで エントリーはこちら

【アクオス FQ1】EQ1との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

本記事の一部リンクには広告が含まれています。
シャープ4K有機ELアクオス FQ1ラインレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、シャープ・アクオスの4K有機ELテレビである「FQ1」と前モデルのEQ1との違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、FQ1のおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、FQ1と同世代である2023年モデルの新4Kアクオス間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「FQ1を実際に操作」し「FQ1の機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはFQ1とEQ1の違いが知りたいね。

\ FQ1とEQ1違い /

進化ポイント残念ポイント
パネル
映像エンジン

高コントラスト/広色域
自動画質調整
音響システム
その他利便性
重量の増加
省エネ性能
違うポイント

シャープ・アクオスの4K有機ELテレビ FQ1シリーズは、映像面音響面進化しました。

その結果、本体重量と電力消費量が少しだけ増加したことが残念ポイントです。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【アクオス FQ1】EQ1との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

FQ1 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

FQ1 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格5.02.01.0
セールスポイント4.04.03.5
視聴環境・設置4.04.04.0
全機能3.03.03.0
省エネ・寿命4.01.01.0
総合評価4.0
2.8
2.5
FQ1総合評価結果

FQ1シャープ4K有機ELアクオスセカンドモデルです。

サイズ展開は55v型と65v型に絞られましたが、2世代前のフラッグシップモデル並みの映像技術を採用した高機能モデルです。

えだまめくん

FQ1の最も大きな変化ポイントは、通常の有機ELパネルからS-Brightパネルへの刷新です。

リーズナブル派

FS1同様に、画像処理エンジンもレベルアップして、音響面のクオリティーも上げてきたわね。

こだわり派

この流れは他社のセカンドモデルも同じなのだ。

FQ1のメリット・デメリット

FQ1が優れる点⤴︎

  • S-Brightパネル*
  • コントラスト/輝度/広色域がアップ*
  • 自動画質調整の強化*
  • 新映像エンジン*
  • スピーカー構成&出力upで音響強化*
  • 回転式スタンド(旧「新・回転式スタンド」)*
  • ケーブルガイド*
  • ゲーム性能(VRR/ALLM)
  • eARC対応

FQ1が劣る点⤵︎

  • スマートスピーカー連携に制約
  • Bluetoothリモコン非対応
  • EQ1に対し本体重量が重い*
  • EQ1に対し省エネ性能が低い(消費電力量)*

*前モデルEQ1と比較した場合

えだまめくん

FQ1のメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の有機ELテレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|FQ1の価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

アクオスFQ1は、シャープ・アクオスの4K有機ELテレビのセカンドモデルであり、高機能なモデルです。

各社の4K有機ELセカンドモデルの今期動向は、パネルと音響面を刷新し、新エンジンや新しいコントロール技術でそのポテンシャルを更に高める方向性が目立ちます。

パネルについては、1世代もしくは2世代前のフラッグシップモデルで採用していた高品質のパネルを採用し、音響面はハイトスピーカーやサイドスピーカーで物理的に立体音響を強化するのが主な手段。

アクオス4K有機ELテレビ FQ1ももちろんその流れに乗り、セカンドモデルながら従来のフラッグシップモデル並みのモデルに仕上がっていると言っても過言ではないでしょう。

とは言え、あくまでもセカンドモデルなので、リーズナブルな市場価格を期待してしまいます。

価格の評価

評価:5.0

こだわり派

最先端のモデルしか興味のないわしだが、最近の有機ELセカンドモデルは画質が格段に向上してコスパの良さを感じるのだ。

評価:2.0

リーズナブル派

最近のパターンだけど、前モデルから価格が常にアップするのは勘弁して欲しいわ。

評価:1.0

コスト重視派

セカンドモデルって言っても高過ぎ。ランニングコストを考えても有機ELテレビは庶民が買うものじゃないね。

えだまめくん

確かに最近はモデルチェンジのたびに価格がアップする傾向がありゲンナリしますね。最低でも進化して同じ価格が希望です。
それでは各サイズの価格推移と買い時を明確にします。

4T-C65FQ1(65v型)の価格推移と買い時

シャープ(SHARP)4K有機ELアクオス(AQUOS) 65v型 FQ1とEQ1の最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
65v EQ1 vs. FQ1最安値推移

65v型 FQ1(4T-C65FQ1)は初動値が前モデルよりも安く始まりましたが、その後は前モデルの安値を下回ることなく半年経過しています。

差異は5%〜20%ほどの割高で、発売から時間が経過するほどその差が大きくなっています。

資材高騰の時代に入り、大きな価格低下は望めない可能性が高いでしょう。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

65型のFQ1がどうしても欲しいなら

  • 320千円前後で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • EQ1の安値付近+20%の280千円前後を目安に待つ
  • ただし、250千円以下は即買いレベル

4T-C55FQ1(55v型)の価格推移と買い時

シャープ(SHARP)4K有機ELアクオス(AQUOS) 55v型 FQ1とEQ1の最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
55v EQ1 vs. FQ1最安値推移

55v型 FQ1(4T-C55FQ1)も65v型同様の動きで、初値は前モデルを下回って始まっていますが、その後はやや高い水準で推移しています。

差異は最大で15%ほどなので65v型ほど差は無く、比較的穏やかな価格帯となっています。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のFQ1がどうしても欲しいなら

  • 210千円前後の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • EQ1の安値付近から+10%、160千円前後を目安に待つ
  • ただし、価格低下が鈍い場合は180千円付近で妥協する
えだまめくん

物価高騰により原価が高くなる分が影響することは流石に避けられません。

↑ 目次へ戻る

評価②|FQ1のセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:4.0

こだわり派

パネル技術は間違いなく「過去」の最先端なのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

パネルの刷新とスピーカーの強化は十分なセールスポイントだわ。

評価:3.5

コスト重視派

セカンドモデルでも贅沢な内容だ。液晶のセカンドモデルでもこんな感じで進化しないかな?

えだまめくん

映像面、音響面の進化は大きなセールスポイントです。堂々たるセカンドモデルと言えるでしょう。

シャープ 4K有機ELアクオス FQ1とは

シャープ 4K有機ELアクオス FQ1本体正面の画像
4K有機ELアクオス FQ1

シャープ・アクオス:公式ページ

モデル2023秋(23'8月)
シリーズアクオス FQ1
分類4K有機ELテレビ
サイズ展開65v/55v

シャープ4K有機ELアクオスFQ1」は、4K有機ELアクオスのセカンドモデルです。

今期の4K有機ELアクオスは、同じサイズのフラッグシップモデル(FS1)もラインナップされています。

FQ1 3つのセールスポイント

  1. S-Brightパネル & 「Sparkling Drive EX」回路
  2. AI機能搭載の新画像処理プロセッサー「Medalist S4」
  3. スピーカーシステムのアップデート
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 前モデル有機ELパネルと新しいS-Brightパネルを比較して視聴すると明らかに輝度と色の鮮やかさの違いが実感できる
  • 他社のセカンドモデルと比較した場合でも遜色ない映像美だと感じられた
  • ハイトスピーカーによって音の厚みと広がりが感じられた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

シャープ・アクオス2023年モデル、FS1・FQ1・FN1・FN2・FL1のセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

デザインは地味だけど、映像と音は間違いのない仕上がりね。

えだまめくん

パネルは古い仕様とは言え過去のフラッグシップと同等なので、音響システムの強化を含め進化幅は大きいと言えます。

シャープ・アクオスに対応したHDDは「【アクオスに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

FQ1に適合する電源レスのコンパクトHDDがおすすめです♪

シャープ・アクオスでDVDを再生するなら「テレビで見るための【DVDプレーヤー4選】安く買って簡単に接続する方法」でまとめて紹介しています。

FQ1の受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

シャープ 4K有機ELアクオスFQ1」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2023 SUMMER(2022年「夏」)

FQ1は発売日が遅いため、夏の評価は前モデルが対象となっています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
4T-C65FQ1対象外ディスプレイ
4T-C55FQ1対象外ディスプレイ
FQ1 VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
4T-C65FQ1対象外ディスプレイ
4T-C55FQ1対象外ディスプレイ
FQ1 HiVi評価まとめ(夏)

2023 WINTER(2023年「冬」~2024年)

FQ1はセカンドモデルのため審査対象外。

VGP
機種受賞結果部門・技術
4T-C65FQ1対象外ディスプレイ
4T-C55FQ1対象外ディスプレイ
FQ1 VGP評価まとめ(冬)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
4T-C65FQ1対象外ディスプレイ
4T-C55FQ1対象外ディスプレイ
FQ1 HiVi評価まとめ(冬)

↑ 目次へ戻る

評価③|FQ1に最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:4.0

こだわり派

今期も相変わらず設置性はかなり高いと思うのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

省スペースタイプの卓上スタンドとケーブルガイド付きの首振り機能が優秀ね。一般家庭では使いやすいわ。

評価:4.0

コスト重視派

映り込みのある有機ELテレビも卓上スタンドが回転すれば調整も容易だね。

えだまめくん

フラッグシップモデル同様、重量アップのマイナス点はありますが、卓上スタンドの性能は今期も高評価です。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 首振り機能はスムーズで、正面ロックも容易に行えた
  • 卓上スタンドは省スペースタイプで設置性も安定性も良い
  • 輝度がアップし明るく視聴性が良かった

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

シャープ・アクオス2023年モデル、FS1・FQ1・FN1・FN2・FL1の試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

最上位モデルのFS1でも採用されるこの卓上スタンドはアクオスらしさが漂う感じ。省スペースタイプの卓上スタンドは首振りだし使いやすいわ。

えだまめくん

ロック機能が秀逸ですね。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

\ FQ1に適合するHDDとSTAND情報はこちら /

↑ 目次へ戻る

評価④|EQ1とFQ1の違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
FQ1機能評価

評価:3.0

こだわり派

やはり基本機能は他社が勝るものの、映像と音響はしっかり評価できるのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

まあセカンドモデルだし、総合的には高評価な内容ね。

評価:3.0

コスト重視派

なんとなくもっさり感が残るんだよな。

えだまめくん

Bluetoothの利便性など細かい詰めが来期のポイントです。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • Bluetooth非対応のリモコンはそれなりの反応

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

シャープ・アクオス2023年モデル、FS1・FQ1・FN1・FN2・FL1の基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

細かい機能はやっぱり課題が残った感じね…

えだまめくん

基本機能のみを総合的に判断すると、やはりパナソニック・ビエラやソニー・ブラビアが一歩先を歩いている感じですね。

Bluetoothで簡単にワイヤレスイヤホンも接続できます♪

ワイヤレスイヤホンを使用すれば、テレビの音量を気にせず大迫力の没入感に浸れます。

こちらのリンク→ワイヤレスイヤホン関連記事を参考にして下さい。

おすすめのワイヤレスイヤホンもレビュー!

↑ 目次へ戻る

評価⑤|FQ1の省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
FQ1省エネ性能評価

評価:4.0

こだわり派

機能が充実していれば省エネ性能なんぞ関係ないのだ。

評価:1.0

リーズナブル派

良くも悪くも普通ね。元々省エネじゃない有機ELテレビセカンドモデルの中に限ってだけど…

評価:1.0

コスト重視派

やっぱり有機ELはランニングコストが最悪だ。

消費電力と年間消費電力量の比較

FQ1ラインは前モデルEQ1ラインと比較して消費電力が少し悪化し、年間消費電力量が若干改善しています。

消費電力の比較(W)

SIZEFQ1EQ1
65v型510W500W
55v型408W390W
消費電力比較

年間消費電力量の比較(kWh)

SIZEFQ1EQ1
65v型229kWh235kWh
55v型180kWh175kWh
年間消費電力量比較

他社有機ELテレビとの比較

サイズ展開のボリュームゾーンである65v型と55v型で、他社の最新有機ELテレビと省エネ性能を比較しました。

性能を最大限発揮させた際に影響の大きい消費電力に着目すると、FQ1の省エネ性能はセカンドモデルの中で最も悪いことが分かります。

他社有機ELテレビとの比較表

上段:消費電力
下段:年間消費電力量

モデル65v型55v型
AQUOS
FS1
543W
257kWh
413W
209kWh
AQUOS
FQ1
510W
229kWh
408W
180kWh
BRAVIA
A95K
(参考)
401W
190kWh
332W
175kWh
BRAVIA
A80L
449W
214kWh
351W
187kWh
REGZA
X9900M
496W
281kWh
397W
229kWh
VIERA
MZ2500
602W
225kWh
454W
182kWh
VIERA
MZ1800
496W
208kWh
384W
167kWh
えだまめくん

昨年は他社も古いフラッグシップモデルのパネルを使用して大幅に省エネ性能を落としました。アクオスは周回遅れという感じでしょうか?

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

シャープ・アクオス2023年モデル、FS1・FQ1・FN1・FN2・FL1の省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

アクオスは省エネ性能がもう一歩って感じね。

えだまめくん

来期モデルでの進化を期待しましょう。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

シャープ 4K有機ELアクオス FQ1評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【アクオス FQ1】EQ1との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

アクオス「FQ1」は4K有機ELテレビのセカンドモデルですが、二世代前のフラッグシップモデル並みの映像と音響が魅力的な機種です。

昨今の有機ELセカンドモデルでは過去のフラッグシップモデルのパネルを採用することが主流となり、アクオスもその流れに沿った開発を行っている模様。

ブランドにこだわらないのなら、同じ流れの他社セカンドモデルもきちんと比較すべきでしょう。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

FQ1のメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

FQ1が優れる点⤴︎

  • S-Brightパネル*
  • コントラスト/輝度/広色域がアップ*
  • 自動画質調整の強化*
  • 新映像エンジン*
  • スピーカー構成&出力upで音響強化*
  • 回転式スタンド(旧「新・回転式スタンド」)*
  • ケーブルガイド*
  • ゲーム性能(VRR/ALLM)
  • eARC対応

FQ1が劣る点⤵︎

  • スマートスピーカー連携に制約
  • Bluetoothリモコン非対応
  • EQ1に対し本体重量が重い*
  • EQ1に対し省エネ性能が低い(消費電力量)*

*前モデルEQ1と比較した場合

FQ1とEQ1の違いまとめ

\ EQ1との違いまとめ /

項目EQ1FQ1
サイズ65v/55v65v/55v
高画質化有機ELパネルS-Brightパネル
「Sparkling Drive」回路「Sparkling Drive EX」回路
スマートアクティブコントラスト
Medalist S3Medalist S4
-環境センシング
4K超解像アップコンバート
リアリティ復元
ネット動画クリア補正
輝き復元
リッチカラーテクノロジープロ
HDR10/HLG
Dolby Vision
倍速駆動パネル
高音質化FRONT OPEN SOUND SYSTEM PLUSAROUND SPEAKER SYSTEM PLUS
ドルビーアトモス対応
-ハイトスピーカー
50W70W
Bluetoothオーディオ連携
Eilex PRISM™
VIR Filter™
リモコンBluetooth非対応
機能回転式スタンド
77v以外
新・回転式スタンド
省スペース設計
-ケーブルガイド
HDMI=4
4K/120p/HDR対応
VRR/ALLM
FQ1とEQ1の違い

\適合外付けHDD情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2023年シャープ・アクオス関連記事

モデル間の比較記事

モデル別レビュー記事

2023年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

FQ1と一緒に買いたい!

Sponsored Link
シャープ4K有機ELアクオス FQ1ラインレビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!