4Kチューナー内蔵テレビ|Panasonic GX850 と TOSHIBA Z720X のスペック比較

生活お得情報

Panasonic VIERA GX850 の新発売に合わせ、4Kチューナーが内蔵されていないにも係わらず大人気の同じくPanasonic製造の VIERA EX850 のスペックを比較しました。

 

結果はこの記事に書いてあるので、興味のある方こちらをご覧下さい。

 

 

Panasonic同士を比較して気づいたのは、GX850はEX850の後継機ではないということ。

 

Panasonic液晶のハイエンド機と思って購入検討している方はご注意下さい。きちんとスペックを確認しましょう。

 

EX850の後継機でなければ、既に発売中のTOSHIBA REGZA Z720X との比較も必要。

 

そこで今回はわたしの所有する「Z720X」と比較し、最終的にどちらが「買い」なのかを判断したいと思います。

 

TOSHIBA Z720X とは

こちらでレビューしていますので、興味のある方はご確認下さい。

 

少しだけおさらいしておきます。

 

2018年8月22日発売。

4Kチューナー内蔵の4Kテレビ。

 

東芝独自の「タイムシフトマシン」を搭載し、番組の見落としをなくせる便利なテレビ。

 

ここで注目したいのは、販売開始時期の価格状況です。

 

価格.comのデータを見ると「23万円~24万円」なので、比較対象であるPanasonic GX850とほぼ同じ設定で動き出しそうなのが分かるでしょう。

 

そうなると、メーカーの違いによる特性と共に、両機種のスペックをしっかり把握した上で、購入交渉の舞台に向かう必要があります。

 

Panasonic GX850 vs. TOSHIBA Z720X

メーカーとしての特性違いは後で記載するとして、先ずはスペックの比較を行います。

 

なお、未確認情報もあるので、最終的にはご自分で詳細をご確認下さい。

 

比較項目 GX850 Z720X 比較(差)
映像 パネル IPS×LED 高コントラストIPS液晶パネル 4K液晶 目視、詳細確認要
パネルサイズ 55V型 55V型
画素数(水平×垂直) 3,840×2,160 3840×2160 [4Kパネル]
音声 スピーカー 30W(15W+15W) 66W(15W+15W+8W+8W+20W) Z720X Win
放送メディア 地上デジタル放送 3 9 特性
BSデジタル放送 3 3
110度CSデジタル放送 3 3
BS4K/110度CS4K放送 1 1
CATVパススルー対応
CATV受信
機能 家庭内配信 特性
2画面機能
SD静止画再生 特性
SD動画再生 特性
無線LAN内蔵
アクトビラ ○(ビデオ・フル) 特性
DLNA
オフタイマー/オンタイマー ○/○
録画 SD録画対応
USBハードディスク録画対応※3
端子群 HDMI端子 端子数 4※4(4K入力対応) 4(4K入力対応)
ARC対応 ○(HDMI1)
HDCP2.2対応 ○(4系統全て)
USB端子 3(うち1つは、USB3.0対応) 4(タイムシフトマシン専用2/通常録画専用1/汎用1) 特性
D端子
ビデオ入力 1 1
コンポーネント入力
光デジタル音声出力 1 1
LAN端子 1 1
パソコン入力(RGB)
SDカードスロット
イヤホン端子
画面寸法 幅:1210mm 幅:1210mm
高さ:680mm 高さ:680mm
対角:1388mm 対角:1388mm
外形寸法 テレビスタンド含む テレビスタンド含む
幅:1235mm 幅:1242mm
高さ:770mm 高さ:769mm
奥行:248mm 奥行:189mm Z720X Win
使用電源 AC100V 50/60Hz AC100V 50/60Hz
質量 約24kg(テレビスタンド含む) 19.5kg(テレビスタンド含む) Z720X Win
消費電力 176W 259W(0.4W) GX850 Win
年間消費電力量 136kWh/年※5 156 kWh/年 GX850 Win

 

正直大きく違うという印象はありません。

双方の優位点を見てみましょう。

 

  • 画質については詳細スペックと目視確認が必要
  • スピーカー性能は明らかに「Z720X」の方が優位
  • 奥行と重量についても「Z720X」が優位
  • 省電力性能は「GX850」が優位

 

次にメーカー特性の違いについて比較します。

 

  • 地デジチューナー数はタイムマシンシフトという売りがある「TOSHIBA」が圧倒的
  • 家庭内の映像リンクは両社各々の特性で実行可能
  • インターネット映像配信のカバー数は「Panasonic」

 

これらの差を見る限り「大差」無いというのがわたしの結論。

あとは買う側の好みや使い勝手によって変化する程度。

 

では、Panasonic VIERA GX850 の発売日に購入を検討した場合、価格がどの程度違うかもシミュレーションしておきましょう。

 

価格.comの最安値店で買われる人は少数だと思いますので、家電量販店で買った場合を想定します。

 

  • GX850の発売時価格想定=26万円(ポイント還元などは想定しない)
  • Z720Xの直近価格推移=18万円程度(ポイント還元などは想定しない)

 

約8万円の開きが出ることが予想されます。

 

Panasonic GX850 を買うべきなのか?

スペックによる大きな差はないことが分かったので、あとは各メーカーが売りにしている技術が使用環境にマッチしているか、どうしても外せないのかで大きく違ってきます。

 

また、重要なのはやはりテレビなので「色づくり」の好みです。

 

Z720Xはレビューした通り、通常の地デジ映像も相当綺麗に修正しています。

 

GX850についてもこの点をよく比較した方がいいでしょう。EX850の映像を見る限り、Panasonicの製品で地デジを見ると相当荒れています。

 

 

新しいものが好きで、お金に十分余裕があれば8万円の差は関係ありません。

 

あえて意見を付記すると、先ずは半年程度価格推移を見守ることをお奨めします。

 

 

テレビを買うなら必ず「クレジットカード」を使いポイントの取り逃しを無くそう!