4K有機ELテレビ東芝レグザ X8400 ①セールスポイントの評価

2020-2021モデルの東芝有機ELレグザセカンド機「X8400」の評価はここから開始。

フラッグシップ機の「X9400」と何が違うのか?

ズバリ!セールスポイントとなりうる機能に大きく違いがあるのです!

一番大きな違いは東芝レグザの売りである「タイムシフトマシン」が無いこと。

そう、有機ELレグザの廉価機種として、手にの届きやすい価格になっている(はずです)。

機能の差別化が価格に見合う内容なのか?

4回にわたって全貌を解き明かして行きます。

第1回目は東芝レグザ有機ELテレビX8400の「セールスポイント」をじっくりと徹底評価。

登場人物

価格よりも機能を重視

こだわり派

こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派

リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。

機能そこそこで価格を重視

コスト重視派

コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

4Kチューナー内蔵のレグザ有機ELシリーズは2バリエーション構成。

今回は、セカンドモデルの「X8400」を解説します。

X9400 img06
Click to Contents!!

4K有機ELテレビ東芝レグザ X8400とは

X8400 img01
項目内容
モデル2020夏(20’6月)
シリーズレグザX8400
分類4K有機ELテレビ
サイズ展開55v/48v

データを見れば分かる通り、REGZAの有機ELテレビとしては2020年度で最も新しいテレビ(2020-2021モデル)。

また、東芝REGZAシリーズでの位置づけは「有機ELのセカンドモデル」です。

4K有機ELテレビ東芝レグザX8400のセールスポイント

  1. クラウドAI技術とそれを活かす高コントラスト新開発パネル
  2. 伸びやかな高画質を実現するレグザパワーオーディオX

1.クラウドAI技術&高コントラスト新開発パネル

X8400 img03
えだまめくん

ご存じ「クラウドAI」については液晶レグザでも採用している今期の「売り」です。フラッグシップ機のX9400は映像処理エンジンに「ダブルレグザエンジンCloud PRO」を採用していますが、X8400は「レグザエンジンCloud PRO」であることが大きな違いです。

リーズナブル派

なるほど~、先ずは映像エンジンでコスト差を出しているのね。でも、そんなに大きく違うのかしら?

えだまめくん

普通に考えれば処理速度が半減するわけですが、まあそんなに単純な話ではないでしょう。クラウドAIのデータ内容がより複雑化しない限り、当面は大きな違いは感じられないと思います。

重要なのは「クラウドAI技術」が利用できるか否かです。

コスト重視派

現状ではX9400がオーバースペックの場合もあるしね。でも、PC化して10年使えないテレビになったら怖いね。

こだわり派

別に構わないのだ。わしは同じテレビを10年も使わないのだ。

えだまめくん

・・・。
まあ、PC化までは行かなくともデータ処理のパワーが今後カギになるかもしれませんね。
一方、クラウドAIによる最適画像データを活かすためのパネルはX9400と同じ、高コントラスト化が進化した、放熱効果の高い新開発パネルを採用しているので安心です。但し、新パネル採用は「55型(インチ)」だけなので注意!

リーズナブル派

物理的な対応として、効率的に熱を排出して色むらの発生を抑えたわけね。画質は新たにチューニングを行って進化させたのね。

X9400 img03
クラウドAI技術&高コントラスト新開発パネル

評価:5.0

こだわり派

高画質エンジンの違いがあるも、進化は大きく評価するのだ。この先も有機EL映像をどんどん良くして欲しいのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

フラッグシップ機との違いは明確ね。でもきちんとモデルチェンジを感じさせる内容だわ。

評価:4.0

コスト重視派

今期の東芝有機ELレグザは「クラウドAI」と「新パネル」。これらがきちんと揃ってるから良いよね。

ハードディスクを強化して裏録に備えましょう♪

2.レグザパワーオーディオX

X8400 img04
えだまめくん

今期の有機ELレグザのサウンドは大幅に容量をアップしたことが注目点です。X9400は「レグザパワーオーディオX-PRO」で142Wへパワーアップ。X8400は「レグザパワーオーディオX」で72Wと、40Wから大幅アップしています。

リーズナブル派

X9400のスピーカー構成がかなり進化したから、X8400は少し見劣りするわね。

コスト重視派

あとさ、「ドルビーアトモス」はやっぱりついてない。当たり前か。

こだわり派

問題無い。アトモス対応のサウンドバーを別に買えば、スピーカー構成も含めて一石二鳥で改善するのだ。

えだまめくん

まあ、きちんと進化しているのOKでしょう。もう一つの違いが「トップツイーターを壁に反射」させるイネーブルドスピーカーのような技術が無いことですね。

レグザパワーオーディオXの評価

評価:3.5

こだわり派

出力アップは評価するが、システムの構成や音場位置などは進化をあまり感じないのだ。

評価:2.0

リーズナブル派

コスパ的にはドルビーアトモスの有無が気になる一般人です。

評価:2.0

コスト重視派

こだわり派さんの言う通り、出力の進化は単純に理解できるが、やっぱりシステム構成が古臭いかな?

大型テレビの画面って直ぐに汚れます。

更に音質を良くするならサブウーファーで低音強化!

 

えだまめくん

外付けハードディスク選びに迷ったら先ずは純正を検討。X8400をはじめ、東芝レグザにおすすめのハードディスク情報もあります。

純正ハードディスク(HD)「D3シリーズ」

タイムシフトマシンにも使える「V3シリーズ」

 

X8400に適合したHDDは「HDD東芝レグザ & ハイセンスにおすすめのテレビ録画用外付けハードディスク」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

えだまめくん

適合情報のあるハードディスクを選びましょう。
では、次にセールスポイントの評価外ですが、サイズバリエーション詳細を確認します。

その他:サイズバリエーションのミニマム化

えだまめくん

X9400は65型が無くなり48型が新たに加わりました。ソニーを筆頭に、有機ELテレビのミニマム化は今期の注目点ですね。

X8400 img05
リーズナブル派

48型(インチ)みたいな中小型サイズの投入は、液晶テレビ並に裾野を広げるための一手かもね。

えだまめくん

フラッグシップ機X9400も48型を投入し、ソニー東芝が同じようなマーケティング戦略に打って出た感じ。これは消費者ニーズの分析結果なのでしょう。
視聴環境作り(置き場所)は以下を参考に進めて下さい♪

「テレビ台」の選び方のコツはここから

「テレビスタンド」の選び方に迷ったらここ!

えだまめくん

有機ELレグザX8400に最適なおすすめのテレビスタンドも探せます♪

 

4K有機ELテレビ東芝レグザ X8400の受賞歴

TOSHIBA 有機EL REGZA X8400はAV機器を専門家が評価する「VGP」から高い評価を受けています(「Hivi」夏は選考中止)。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2020 SUMMER(2020年度「夏」)

2020年夏モデルは、クラウドAI技術が高く評価されX9400と共にVGPから総合金賞を受賞。

また、同じく東芝レグザハイエンド機に共通する「クラウドAI」「ネット動画ビューティーPRO」で技術賞と企画賞という評価を受けました。

ディスプレイ部門はハイエンド機のX9400が金賞に輝いていますが、高画質エンジンが若干劣るだけで他は共通するX8400はお得な機種と言えるでしょう。

VGPの評価

受賞受賞内容
総合金賞クラウドAI高画質技術「レグザエンジンCloud」を搭載した有機ELテレビシリーズに対して。
技術賞有機ELテレビおよび液晶テレビシリーズに搭載された、AIを活用した高画質技術に対して。
企画賞「ネット動画ビューティPRO」ノイズを抑えて精細感を高める、ネット動画に特化した映像処理技術に対して。

Hiviの評価

評価なし。

2020 WINTER(2020年度「冬」~2021年度)

VGPの評価

受賞受賞理由
受賞ディスプレイ部門
4K有機ELテレビ(50型未満)48X8400

Hiviの評価

受賞なし。

4K有機ELテレビ X8400の「セールスポイント」総合評価

えだまめくん

では、これまで確認した有機ELレグザ X8400のセールスポイントについて総合評価を行ってもらいましょう。

セールスポイントの総合評価

評価:4.3

こだわり派

有機ELテレビの美しい映像だけをシンプルに味わうなら、「クラウドAI」も備え、X8400はコスパの良い機種と言えるのだ。

評価:3.3

リーズナブル派

高画質エンジン、音響が分かり易い違いね。でも最も大きな減点はタイムシフトマシンが無いことだわ。

評価:3.3

コスト重視派

タイムシフトマシンの価値を図るのは人それぞれだけど、映像の質は他社のセカンド機よりコストダウンを行ったようには感じないね。

えだまめくん

前モデルX830もそうでしたが、有機ELレグザのセカンド機は映像品質を維持しつつコストダウンを図った機種だと感じます。引続き設置スペースなどの「視聴環境」について評価行いましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる