4K液晶テレビ ソニーブラビア X8550H ②最適な視聴環境を整える

x8550h IC 2 液晶テレビ
液晶テレビ

※当初パネル仕様を「VA」と記載しておりましたが「IPS」の誤りです。X8550Hのパネルは全サイズ「IPSパネル」を採用しております。

ソニーブラビア 液晶テレビ X8550Hの徹底評価。

前回のセールスポイントに引続き、2回目の今回は視聴環境の点から評価を行います。

 

登場人物
こだわり派

価格よりも機能を重視

こだわり派
こだわり派

価格がいくら高くても、こだわりの機能には絶対に妥協をしないのだ。


リーズナブル派

機能と価格のバランスを重視

リーズナブル派
リーズナブル派

自分の生活にマッチした買い物に拘り、価格に見合わない製品は絶対に購入しないわ。


コスト重視派

機能よりも価格を重視

コスト重視派
コスト重視派

価格が安ければ多少機能が劣っても構わない。一般家庭でハイスペックは不要だね。

 

えだまめくん
えだまめくん

では、各人の趣向を踏まえてこの製品を評価して行きましょう♪

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8550H おすすめの「視聴環境」

X8000Hと同様の内容となりますが、X8550Hは液晶テレビです。

一般的な家庭で正面から視聴する分にはパネル反射の問題などは気にする必要は無いでしょう。

スペック的にも反射対策について特別謳っていないため、従来通りハーフグレア的な対策は行っています。

但し、輝度の面についてはハイエンド機並とは行かないので、自宅の視聴環境を十分確認して下さい。

ほとんどの家庭では最大輝度で視聴することはありませんが、もし、そのような環境下なら視聴時に注意深く観察し、他製品と比較することをお勧めします。

更にもう一つの認識事項!

ソニーの液晶テレビと言えば頑なに「VAパネル」を採用していることで有名です。

しかし、4K液晶テレビ ブラビアX8550Hは「IPSパネル」を採用

ちょっとだけソニーらしさの無い製品ですが、視聴環境を評価して行きましょう。


と、ここまではX8000Hとほぼ同じ内容ですが、実は視聴環境で大きな違いが一つ

それはX8550Hのパネルが「モーションフローXR240」を搭載する「倍速駆動パネル」ということです。

X8000Hと比較すると、スポーツ観戦など早い動きが観やすくなってることが大きな優位点と言えるでしょう。

 

  • X8550Hは液晶テレビなので明るい部屋でも見やすい
  • X8550HはIPSパネルなので視野角は安心
  • X8550Hは倍速駆動パネルなので早い動きが観やすい

 

X8550Hに搭載のIPSパネルとVAパネルの違いについて

※VAパネルに関する解説は最後のコメント以外はX8000Hと同じです。

有機ELテレビと比較して、LEDバックライトの液晶テレビは一般の視聴環境では見やすさの面でメリットが上回ります。

一方で、視野角、コントラストなどは有機ELテレビ が上回ります。

これら、液晶テレビ のデメリット同時に克服できる液晶パネルはないため、そのれぞれの弱点を緩和するパネルを好みで選択するしかありません。

 

視野角が狭いという弱点を克服したIPS液晶パネル

視野角の狭さは液晶パネルの弱点として当たり前となっていました。

正面からの視認性は問題無くても、横からの視認性は暗く見難くなるという弱点を克服したのが「IPS液晶パネル」です。

IPS液晶パネルの登場で、家族が集まるリビングなど、全員が正面から視認できないシチュエーションでも綺麗な映像を見ることが可能となりました。

しかし、鮮やかな映像となる一方、黒の白浮きが出るためコントラストは犠牲になったのです。

とは言え、日本国内の視聴環境では最も適したパネルであることは間違いありません。

発売当初は高級品でしたが、一時はほんどのハイエンド液晶テレビがIPS液晶パネルを採用していました。

しかし、今期より東芝Z740Xは全てVAパネル化され、VAパネルの歴史が長いSONYの優位性が際立ち始めました

なお、IPSパネルは有機ELテレビとほぼ同じ視野角ですが、有機ELの領域までは至っていません。

 

  • 鮮やかかつ優れた色再現
  • 視野角が広い(ほぼ有機EL並)

 

  • 遮光性が低い(黒がボケる)
  • コストが高め

 

深いコントラスト表現のVA液晶パネル

VA液晶パネルはIPS液晶パネルの弱点である「コントラスト」に強みがあります。しかし、視野角が狭いのが弱点。

有機ELテレビが発売される以前より、コントラストの高さからマニア向けの機種に搭載されることが多かったのが特徴。

ソニーはこだわりを持って「VA液晶パネル」を以前から採用しています。

ちなみに、コントラストのレベルを数値化すると以下の表になります。

 

パネル方式白の明るさ黒の明るさ
有機ELパネル1,000,0001
VAパネル5,0001
IPSパネル2,0001

 

結局はコントラストでも有機ELには遠く及ばないのが液晶パネルということになりますね。

 

  • 遮光性が高く黒の表現が秀逸
    (コントラストが高い)

 

  • 視野角が狭い
  • 色再現に偏りが生じやすい

 

VA液晶パネルの視野角の狭さを改善したソニー

視野角の狭さとコントラストの低さを同時にクリアーした液晶パネルは無いと書きました。

しかし、ソニーはこの問題を前モデルのハイエンド機であるX9500Gで緩和しています(※85型と75型のみ)。

簡単に書くと、LEDバックライトの光を制御し、全ての方向からの見やすさを改善する施策を投じたのです。

※最新のX9500Hでは49型以外全てのサイズに展開(75型、65型、55型)

 

エックス ワイド アングル(X-Wide Angle)

X9500G-03

 

X8550HはIPSパネルなので関係のない技術ですが、ソニーのVAパネルはIPSパネルに劣らない視野角を実現していることをご理解下さい。

 

えだまめくん
えだまめくん

個人的には廉価機種ほど、VAパネルは色が薄く、IPSパネルは少しギラつくと感じます。この辺りは好みや感じ方に差が出ますので、必ず自身で確認をしましょう。

中途半端な位置付けであるX8550Hの比較対象は、各社の廉価機種が最適でしょう。廉価機種のX8000Hとは倍速対応以外、ほぼ何も変わらないからです。

 

  • X8550HはIPSパネルの強みと弱みがある
  • 位置付けが微妙なX8550Hは他社の廉価機種を比較対象とする
  • ソニーはVAパネルの弱点を克服しつつある

 

テレビサイズの選び方

4K液晶テレビのソニーブラビアX8550Hのサイズバリエーションはシンプルに55型と65型の二つ。

前モデルのX8550Gで展開されていた「75型」は未発表。

なお、43型と49型の小さいサイズは「X8500H」として展開されています

一つのバリエーションで幅広くサイズ展開を行う機種もありますが、細かい所で小型サイズは内容が違ってくるんですよね。

特にセールスポイントの機能が無かったりと、この様に品番を分ける方分かりやすいかもしれません(人それぞれ?)。

まあ、どうでも良いことはさておき、サイズ選びの基本は知っておいて損は無いので、主な視聴ソース(4K or HD)を基準に一般的な解釈を解説します。

 

視聴距離4KフルHD
200cm(6畳)100型(インチ)52型(インチ)
350cm(8畳)190型(インチ)94型(インチ)

 

  • 地デジ放送メインの狭い部屋であれば「55型以下」を視野に
  • それ以外の場合は「65型」がおすすめ(予算次第)

 

コスト重視派
コスト重視派

普通は地デジメインだけど、有機ELテレビより買いやすい液晶テレビであれば、事情が許す限り、出来るだけ大きなものを選びたいね。

こだわり派
こだわり派

65型までしか無いのなら、有機ELテレビを選ぶに決まっているのだ。

 

視聴距離と画面サイズの記事はこちらから‼

 

パネルの大きさと反射対策の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

しょせんは有機ELテレビに画質が劣る液晶テレビなのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

観やすさの観点から、下位機種のX8000Hには無い倍速機能に加点。サイズも65型があれば十分だわ、

評価:

コスト重視派
コスト重視派

前機種でも反射関係は特に問題を感じなかったし、サイズ的にも「買えない」「置けない」サイズは僕的には不要だから丁度良い。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8550H おすすめの「設置スペース」

ソニーブラビア X8550H を設置する際に必要となる理想的なスペースを解説します。

 

KJ-55X8550H(55型)

55X8550H size

X8550H 55型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
19.7kg18.7kg1.0kg

 

X8000H 55型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,250mm
(125cm)
800mm
(80cm)
400mm
(40cm)

 

X8000H 55型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な高さ 理想的な奥行き 耐荷重
1,800mm以上
(180cm)
360~450mm
(36~45cm)
450mm以上
(45cm)
25kg以上

 

面白いことに55型のブラビアX8550Hの重量は、同じ液晶ブラビアのハイエンド機であるX9500Hより重い

東芝レグザのハイエンド機Z740Xとほぼ同じで、今期、かなりの重量増となったパナソニックの液晶最新機種よりは大分軽いという内容。

同じソニーで有機ELテレビを視野に入れても、最新モデルとはほぼ同じ重量なのだ。

とは言え、驚くほどの重さではないので、頭の片隅にこの事実を置いて、テレビスタンドや壁掛けの検討を行えば問題無いでしょう。

KJ-65X8550H(65型)

65X8550H size

X8550H 65型(インチ)の重量

総重量本体のみ卓上スタンドのみ
26.3kg25.3kg1.0kg

 

X8550H 65型(インチ) テレビ本体の必要スペース

理想的な横幅理想的な縦幅理想的な奥行き
1,500mm
(150cm)
1000mm
(100cm)
400mm
(40cm)

 

X8550H 65型(インチ) テレビ台のサイズ

理想的な横幅 理想的な縦幅 理想的な奥行き 耐荷重
2,700mm以上
(270cm)
360~450mm
(36~45cm)
450mm以上
(45cm)
30kg以上

 

65型のブラビアX8550Hも55型同様の重量水準です。

それでも、テレビ台的には耐荷重30kg以上あれば十分なので、置き場所を選ぶということはありません。

それよりも、ソニーで最も気を付けるべきは「テレビの脚部」です。

省スペース設計ではなく、ワイドタイプなのでテレビ台は余裕を持ったサイズを選ぶようにしましょう。

なお、スタンド型のテレビ台や壁掛けに際しては、ここで紹介する製品であれば問題なく対応可能な重量です。

 

ソニーブラビアX8550H設置の注意点

X8550Hはソニーのデザインを踏襲し、スタンドの幅が広いタイプであることを先ずは認識しましょう。

そう、テレビ台を使用する場合は「置き場所を選ぶ」機種であることは65型で解説した通りです。

一方重量ですが、液晶の中では決して軽量タイプとは言えないものの、気にするほどの重さではありません

65型でも30kg以上の耐荷重があれば対応可能なので、豊富なバリエーションから設置機器の選択が行えるでしょう。

但し、30kgの耐荷重を満たせない「安物」も沢山出回っているので注意も必要です。

 

ブラビアX8550Hとテレビスタンドの相性

えだまめくん
えだまめくん

市販のテレビスタンドは最大で80型以下、50kg以下が一般的。X8550Hは65型までのサイズ展開なので、ここで紹介するコスパのよいテレビスタンドも使用可能です。こだわる人は純正品を購入しましょう。

リーズナブル派
リーズナブル派

テレビスタンドを選ぶ時に重要な、サイズも重量を条件を満たしているのね。

えだまめくん
えだまめくん

X8550Gから進化の無い機種なので、背面の接続箇所も問題ありません。

 

32~60型まで40kg以下ならV2タイプ

えだまめくん
えだまめくん

65型までのX8550Hは、最新の適応表に準拠していればOKですね。

リーズナブル派
リーズナブル派

色も選べるし、生活環境の違いは「高さ」で解決しちゃうわ。

 

ブラビア純正テレビスタンドという選択肢

えだまめくん
えだまめくん

ソニーブラビアは、純正で壁に穴を開けることなく設置できる壁寄せタイプのテレビスタンドも用意されています。

 

A9G-8

 

こだわり派
こだわり派

高級感があるし、家の壁に穴を開けないのが良いのだ。

えだまめくん
えだまめくん

10万円以上するカデンツァ製のオリジナルAVラックなので高級感はバッチリです。ソニーストアで販売されているので、気になる方は調べてみましょう。

 

ブラビアX8550Hとテレビ台の相性

えだまめくん
えだまめくん

既出の通り、ブラビアX8550Hは65型でもスタンド込みで30kg以下なので、耐荷重的に30kgまで適応するテレビ台で十分対応可能です。

リーズナブル派
リーズナブル派

耐荷重性30kgなら選択肢は多そうね。でも、安い物は「30kg」ですら満たしていない場合があるから注意が必要だわ!

えだまめくん
えだまめくん

予算のある人は高いけど高級感のあるBAROCCA(バロッカ)がおすすめですね。でも、耐荷重50kgなのでオーバースペックかもしれません。しかし、以降のテレビ買い替えでも安心して使用可能です。

コスト重視派
コスト重視派

X8550Hでブラウン管テレビ用の台を流用する際はこちらを注意!
脚が広いので使用できない場合もあるので事前にサイズを確認しないとね。

  • 卓上スタンドの脚がきちんと設置出来ること
  • 転倒防止対策が行えること

 

 

更に、天然木に拘る人には嬉しい「無垢材」を使用した製品もあります。

 

ソニーブラビア X8550H 設置スペースの最終評価

えだまめくん
えだまめくん

それでは、ソニーブラビア X8550Hの設置スペースに関して最終評価を行って下さい。

 

テレビの設置環境の評価

評価:

こだわり派
こだわり派

まあ、こんなものなのだ。

評価:

リーズナブル派
リーズナブル派

やっぱりソニーは卓上スタンドの形状が少し気になるわ・・・。

評価:

コスト重視派
コスト重視派

ブラウン管のテレビ台を流用してる僕は、ソニー全般だけど、X8550Hの卓上スタンドでは設置できないんだよね。

 

4K液晶テレビ ソニーブラビア X8550Hの「視聴環境」総合評価

えだまめくん
えだまめくん

では、これまで確認したソニーブラビア X8550H の視聴環境について総合評価を行ってもらいましょう。

 

視聴環境の総合評価

評価:3.8

こだわり派
こだわり派

液晶テレビについてはどれも同じ得点なのだ。わしのレベルになると特に大きな違いは感じられないのだ。

評価: 3.3

リーズナブル派
リーズナブル派

下位モデルのX8000Hとの違いは倍速対応だけど、点数的に差は微々たるものと感じてるわ。根本的な仕様は同じですものね。あとは価格次第かしら?

評価: 3.3

コスト重視派
コスト重視派

ソニーの卓上スタンドの形状は合わないね。貧乏人はテレビ台は流用って決まってるんだ。あっ!ソニーを買い続ければ同じことか?

 

えだまめくん
えだまめくん

下位モデルX8000Hとの大きない違いは「倍速対応」でしたが、特に大きな加点とはなっていないようです。それよりも、「卓上スタンド(脚)のデザイン」で好き嫌いがハッキリ出ました。

次は前作から特に進化が無いという「機能」について評価しましょう。以下のリンクから移動して下さい。

 

 

今すぐ「SonyブラビアX8550H」が欲しい人は価格だけでも調べましょう♪