12/2 9:00~12/8 23:59 ポイント2倍!Wポイントウィーク開催! 対象アイテムはこちら

【ビエラ LX800】JX750との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー

パナソニック4K液晶ビエラ LX800レビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事では、パナソニック・ビエラの4K液晶テレビである「LX800」と前モデルのJX750との違いを5つの視点で比較分析を行いました。

実機を確認と共に違いを分析することで妥当な市場価格を割り出し、LX800のおすすめ度を分かりやすく評価レビューします。

また、5つの各視点では、LX800と同世代である2022年モデルの新4Kビエラ間の違いも分かります。

5つの視点(評価ポイント)
  1. 価格の妥当性
  2. セールスポイントの進化
  3. 視聴性能アップの工夫
  4. 標準機能の進化
  5. 省エネ性・耐久性

わしは価格よりも機能を重視する「こだわり派」なのだ!

こだわり派

テレビ選びでこんな疑問や悩みがないだろうか?

  • メーカー別の特徴(セールスポイント)が分かりにくい
  • 自宅に設置可能なサイズで見やすいテレビが知りたい
  • 欲しい機能やスペックの調査と比較が面倒
  • 省エネ性能が高い頑丈なテレビはどれ?
  • 旧モデルや他の新しいモデルとの違いは?
  • 購入したいけど最適な価格が分からない

この記事では、そんなテレビ選びの疑問を解決できます!


私は機能と価格のバランスを重視する「リーズナブル派」よ。

リーズナブル派

実機を確認してからの執筆なので安心してね♪

\ スペックだけでは語りません! /

記事の内容は「LX800を実際に操作」し「LX800の機能を確認」を行った後なので、メーカースペックについて気になる点は忖度なしにコメントしています。


僕は機能そこそこで価格を重視する「コスト重視派」…

コスト重視派

で、簡単でいいから先ずはLX800とJX750の違いが知りたいね。

\ LX800とJX750違い /

進化ポイント残念ポイント
ゲーム性能
ドルビーアトモス対応
オートチャプター(録画)
eARC対応
省エネ性能/重量
進化が少ない点
違うポイント

今期のビエラは小規模なリニューアルに留まっており、4K液晶ビエラ LX800も進化ポイントが少ないモデルです。

ただ、注目したいのが前モデルのJX750で廃止された「ドルビーアトモス」が復活し、4Kビエラ全てで立体音響技術に再び対応した点です。

それでは、購入価格目安と実機の感想を中心に「【ビエラ LX800】JX750との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きます。

この記事の著者
筆者(えだまめくん)の画像

長年製造業に従事し豊富な知見を活かした

分析が得意なブロガー
えだまめくん
edamamekun

Sponsored Link
Click to Contents!!

LX800 総合評価(結論)

テレビレビュー評価の総合評価(結論)をイメージさせるオリジナル画像

LX800 総合評価結果


評価項目
A氏1B子1C氏1
価格3.03.02.0
セールスポイント2.03.03.0
視聴環境・設置3.03.02.0
全機能1.02.03.0
省エネ・寿命3.03.53.5
総合評価2.4
2.9
2.7
LX800総合評価結果

先ず最初に結論からお話しましょう。

LX800はモデル番号的には進化した感じですが、実際は前モデルJX750置き換わりである4K液晶ビエラで最もリーズナブルなエントリーモデルです。

最廉価なエントリーモデルなので総合的な評価は低くなりますが、価格重視でパナソニックブランドを選択する人にはおすすめのモデルでしょう。

しかし、上位モデルのLX950との違いは意外と多く、映像品質、倍速対応、音響システムの中核技術差の他、Bluetoothの活用やチューナー数など多岐にわたります。

えだまめくん

上位モデルとの差がかなり大きく、価格重視で選択するモデルと言えます。

リーズナブル派

上位モデルとの価格差を比較することが重要ね。

こだわり派

機能は豊富な方が幸せなのだ。

LX800のメリット・デメリット

LX800が優れる点⤴︎

  • 豊富なサイズバリエーション
  • ドルビーアトモス搭載*
  • ゲームコントロールボード搭載*
  • オートチャプター追加(録画機能)*
  • 2画面表示
  • eARC対応*

LX800が劣る点⤵︎

  • スィーベル(首振り)非対応
  • VAパネル
  • Dolby Vision IQ非対応
  • 4K/120p/HDR非対応
  • 倍速表示非対応
  • ゲームモードが上位モデルより劣る
  • キャリブレーション非対応
  • Bluetooth連携
  • 省エネ性能・重量の悪化*
  • チューナー数・端子数が少ない
  • 2番組同時録画不可

*前モデルJX750と比較した場合

えだまめくん

LX750のメリット・デメリットで欲しい機能に漏れがないかをしっかり確認することがポイントです。

他社の液晶テレビは以下のリンクからチェックして下さい。

では、5つの評価ポイントを細かく確認しましょう。

↑ 目次へ戻る

評価①|LX800の価格評価と買い時

テレビの価格評価と買い時をイメージさせるオリジナル画像

LX800はJX750の置き換わりのエントリー4K液晶テレビです。

全体的に上位モデルに劣るため、内容にマッチしたお手軽な市場価格が期待されるモデルでしょう。

価格の評価

評価:3.0

こだわり派

価格はタダ同然だが、前モデルより明らかに割高なのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

物価高騰の影響かしら?パナソニックは価格戦略を打ち出しているので、これからも安く買えそうに無いわね。

評価:2.0

コスト重視派

安いモデルは好きだけど、コスパの観点から見ると落第だね。

えだまめくん

2022年からパナソニックは利益確保施策として、メーカー指定価格を打ち出しています。対象は限られますが、全体的に影響を受けていることは間違いないでしょう。

TH-75LX800(75v型)の価格推移と買い時

パナソニック(Panasonic)4K液晶ビエラ(VIERA) 75v型LX800とX85Jの最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
75v X85J vs. LX800最安値推移

TH-75LX800(75v型)は前モデルに同じサイズ展開が無いため、ワンランク上ソニー4K液晶ブラビアX85Jと価格を比較して行きます。

位置付けが違うため、市場価格を比較した棒グラフは低く感じられあまり参考になりませんが、注目点は初値からの下落を表した折れ線グラフ

初値翌月には大きく市場価格が下落(▲25%)したことが見てとれますが、X85Jのトレンドと同じ動きであればあと▲5%ほどで最安値圏という位置となっています。

リーズナブル派

買い時をズバリ言うわね!

75型のLX800が直ぐにどうしても欲しいなら

  • 210千円前後の価格帯で妥協する

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • 初値翌月から▲5%の195千円以下を目安に待つ
  • 200千円前後で購入の検討を開始

TH-65LX800(65v型)の価格推移と買い時

パナソニック(Panasonic)4K液晶ビエラ(VIERA) 65v型LX800とJX750の最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
65v JX750 vs. LX800最安値推移

65v型(TH-65LX800)は初値から前モデルのJX750を15%ほど上回って最低価格が推移していますが、下落のスピードはほぼ同じです。

正直、前モデルから大きな進化が無いモデルなので、15%アップの価値を見出せるかが買い時を探るポイントとなるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

65型のLX800が直ぐにどうしても欲しいなら

  • 150千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX750の安値付近である110千円前後を目安に待つ
  • 目標価格に遠く及ばない場合は他社製品も検討する

TH-55LX800(55v型)の価格推移と買い時

パナソニック(Panasonic)4K液晶ビエラ(VIERA) 55v型LX800とJX750(58v型)の最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
55v JX750(58v) vs. LX800最安値推移

55v型(TH-55LX800)も65v型同様の動きですが、価格差は更に大きく、前モデルのJX750から30%前後と大きく上回って最低価格が推移しています。

但し、下落のスピードはやや大きい感じ。

30%アップの価値を見出せるかが買い時を探るポイントとなるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

55型のLX800が直ぐにどうしても欲しいなら

  • 120千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX750の安値付近である900千円前後を目安に待つ
  • 目標価格に遠く及ばない場合は他社製品も検討する

TH-50LX800(50v型)の価格推移と買い時

パナソニック(Panasonic)4K液晶ビエラ(VIERA) 50v型LX800とJX750の最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
50v JX750 vs. LX800最安値推移

50v型(TH-50LX800)も55v型同様、価格差は大きく、前モデルのJX750から30%前後と大きく上回って最低価格が推移しています。

但し、このサイズも下落のスピードはやや大きい感じ。

30%アップの価値を見出せるかが買い時を探るポイントとなるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

50型のLX800が直ぐにどうしても欲しいなら

  • 100千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX750の安値付近である75千円前後を目安に待つ
  • 目標価格に遠く及ばない場合は他社製品も検討する

TH-43LX800(43v型)の価格推移と買い時

パナソニック(Panasonic)4K液晶ビエラ(VIERA) 43v型LX800とJX750(40v型)の最安価格の推移を比較した独自調査データのグラフ画像。
43v JX750(40v) vs. LX800最安値推移

43v型(TH-43LX800)も50v型同様、価格差は大きく、前モデルのJX750から30〜10%前後と大きく上回って最低価格が推移しています。

但し、このサイズも下落のスピードはやや大きい感じ。

30〜10%アップの価値を見出せるかが買い時を探るポイントとなるでしょう。

リーズナブル派

買い時はズバリこうよ!

43型のLX800が直ぐにどうしても欲しいなら

  • 90千円以下の価格を狙う

機能と価格のバランスにこだわるなら

  • JX750の安値付近である65千円前後を目安に待つ
  • 目標価格に遠く及ばない場合は他社製品も検討する
えだまめくん

思いの外「高い」というのが正直な感想。ブランドにこだわらなければ、同様以上の機能で低価格な他社モデルを選ぶ方が賢明です。

↑ 目次へ戻る

評価②|LX800のセールスポイント

レビュー対象のテレビのセールスポイントをイメージさせるオリジナル画像
セールスポイントの評価

評価:3.0

こだわり派

わしが選ぶことのないモデルなのだ。

評価:4.0

リーズナブル派

スッパリと機能を削るのは良いと思うわ。

評価:3.0

コスト重視派

僕は貧乏だけど、内容的には物足りないと感じてしまう。映れば良い人向けだけど、価格とのバランスが悪いね。

えだまめくん

既に価格を見た後なので、内容的に割高感を私は感じてしまいます。

パナソニック 4K液晶ビエラ LX800とは

パナソニック4K液晶ビエラ LX800本体正面の画像

パナソニック・ビエラ:公式ページ

モデル2022夏(22'7月)
シリーズビエラ LX800
分類4K液晶テレビ
サイズ展開75v/65v/55v/50v/43v

パナソニック4K液晶ビエラ「LX800」は、4K液晶ビエラのエントリーモデルです。

機能を抑えて価格を下げたモデルですが、他社の同クラステレビと比較すると少し割高なイメージ。

LX800 3つのセールスポイント

  1. 大画面からコンパクトモデルまで幅広い選択肢
  2. ドルビーアトモスによる立体音響対応
実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • パネルがVA方式のため上位モデルより若干暗く感じた
  • また、斜め横からの視野はIPS方式の方が有利なのが比較すれば分かる
  • 音質は凡庸だが音割れは感じられなかった
  • 立体音響の効果は少し分かりにくい印象

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LZ1000・LX950・LX900・LX800のセールスポイントの違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

セールスポイントと言えるような内容じゃないわね。

えだまめくん

でもドルビーアトモス復活は素直に評価すべきでしょう。

パナソニック・ビエラに対応したHDDは「【ビエラに対応】おすすめの外付けHDDとテレビ適合情報」でまとめて紹介しています。

テレビ録画用外付けハードディスク選びの時間短縮でお使い下さい!

裏録用のハードディスクは必ず準備!

LX800の受賞歴

AV機器評価団体の受賞履歴紹介をイメージさせるオリジナル画像

パナソニック 4K液晶ビエラ「LX800」の外部評価について、有名な「VGP」「HiVi」の二団体について確認します。

なお、各団体の概要は以下の通り。

音元出版「PHILE WEB」主催のAVアワード≫VGP

1987年にスタートした国内最大級を誇るオーディオビジュアル機器の総合アワードです。プロが選んだベストセラー間違いなしのアイテムだけが、受賞の栄誉を勝ち獲ることができます。

ONGEN PUBLISHING CO.,LTD

AV専門誌「HiVi」によるアワード≫HiVi

登場したばかりのモデルを含め、現在市場に流通しているAV製品をジャンル、価格帯別に分類して真のお買い得モデル=「ベストバイ」製品を選出することが本企画の趣旨である。

Stereo Sound Publishing Inc.

AV=オーディオビジュアル

2022 SUMMER(2022年「夏」)

LX800はエントリーモデルのため個別審査は対象外(上位モデルがノミネート)ですが、新技術の「ゲームコントロールボード」がVGPで企画賞を受賞しています。

VGP
機種受賞結果部門・技術
全サイズ企画賞ゲームコントロールボード
個別サイズ審査対象外ディスプレイ
LX800 VGP評価まとめ(夏)
HiViベストバイ・ディスプレイ部門
機種受賞結果部門・技術
個別サイズ審査対象外ディスプレイ
LX800 HiVi評価まとめ(夏)

2022 WINTER(2022年「冬」~2023年)

評価が決まり次第掲載予定。

↑ 目次へ戻る

評価③|LX800に最適な視聴環境

テレビの最適な視聴環境をイメージさせるオリジナル画像
視聴環境・設置性の評価

評価:3.0

こだわり派

有機ELテレビをいつも見てるわしは少し暗く感じたのだ。

評価:3.0

リーズナブル派

オートAI画質も装備されているから、明るさに合わせて自動調整してくれるわ。ただワイドタイプの卓上スタンドがダメだわ。

評価:2.0

コスト重視派

僕はIPS方式の液晶が好きだから、VA方式のLX800には抵抗があるね。

えだまめくん

IPS方式が売りのビエラでVA方式を採用している理由は…。いや、明言するだけパナソニックは真摯かもしれません。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 重量が軽いので移動は楽
  • 卓上スタンドはワイドタイプで安定性は良い
  • VA方式という理由もあるが上位モデルより輝度が低い印象
  • オートAI画質調整は違和感が少ない感じ

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LZ1000・LX950・LX900・LX800の試聴性能の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

最近のエントリーモデルはワイドタイプの卓上スタンドが多い感じ。

えだまめくん

安全性とコストを考えたら仕方ありませんね。

テレビのサイズ選定で悩んだら「テレビのサイズは【3つの基礎知識】で決める!液晶・有機ELどっちもおすすめです♪」を参考にして下さい。

↑ 目次へ戻る

評価④|JX750とLX800の違いと機能進化

類似テレビ機種との違いと機能進化紹介をイメージさせるオリジナル画像
LX800機能評価

評価:1.0

こだわり派

何年前の機種なのだ?

評価:2.0

リーズナブル派

最近は安くて機能豊富なモデルも選べるのに…。パナソニックにこだわる人用かしら?

評価:3.0

コスト重視派

安いビエラとして割り切れば、基本機能はこんなものだよね。

えだまめくん

一つ上のモデルとは機能差が大きいです。

実機を触って分かった
ここが重要ポイント‼︎
  • 2画面対応は必要な人には便利な機能だとあらためて確認できた

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LZ1000・LX950・LX900・LX800の基本機能の違いと進化が全て確認できますよ。

リーズナブル派

こんな内容じゃ数年後には陳腐化しそうだわ。

えだまめくん

パナソニック・ビエラのエントリーモデルは、いつもガツんと機能が下がるイメージですね。

↑ 目次へ戻る

評価⑤|LX800の省エネ性能とパネル寿命

レビュー対象テレビの省エネ性能とパネル寿命の解説をイメージさせるオリジナル画像
LX800省エネ性能評価

評価:3.0

こだわり派

機能が少なければ消費電力が少なくて当たり前なのだ。

評価:3.5

リーズナブル派

消費電力はまあまあ小さいけど、上位モデルと大差ない感じで、サイズによっては悪い場合もあってガッカリ。

評価:3.5

コスト重視派

う〜ん、消費電力が凄くいいって感じじゃないんだね。

えだまめくん

高機能液晶モデルの省エネ性能が進化しているため、LX800の省エネ性能は見劣り感が否めません。

詳細は以下の記事で詳しく解説しています。

パナソニック・ビエラ2022年モデル、LZ2000・LZ1800・LZ1000・LX950・LX900・LX800の省エネ性能とパネル寿命の違いが全て確認できますよ。

リーズナブル派

LX800はイニシャルコストもランニングコストも中途半端な印象だわ。

えだまめくん

パナソニックブランドだけで選ぶような人は少なくなっているのでしょう。全モデルも短命でした。

省エネ性能の考え方は「テレビの消費電力の基礎知識を知って省エネ家電を賢く選ぼう!」で詳しく解説しています。

有機ELテレビとの違いは「有機ELテレビを買わない5つの理由|特に引退世帯にはおすすめしないメリットとデメリット」で解説。

↑ 目次へ戻る

パナソニック 4K液晶ビエラ LX800評価レビュー|まとめ

レビュー対象テレビの最終まとめ報告をイメージさせるオリジナル画像

本記事は「【ビエラ LX800】JX750との違いとモデル間の違いを5つの視点で分析しおすすめ度を評価レビュー」について書きました。

LX800は、知れば知るほど購入意欲が減退するような気がするのは何故でしょうか?

市場価格については機能に対して割高感が否めず、ランニングコストに関わる省エネ性能は普通の内容と言わざるを得ません。

LX800よりも高機能で安いモデルや省エネ性能の高いモデルは他社を探せばいくらでもあります。

パナソニック・ビエラブランドにこだわらないのなら、このクラスは別のブランドを選ぶ方が賢明でしょう。

以上、えだまめくん(@edamamekun_ns)の実機評価レビュー報告でした。良い買い物をして下さい♪

LX800のメリット・デメリットのまとめ

\ メリット・デメリット /

LX800が優れる点⤴︎

  • 豊富なサイズバリエーション
  • ドルビーアトモス搭載*
  • ゲームコントロールボード搭載*
  • オートチャプター追加(録画機能)*
  • 2画面表示
  • eARC対応*

LX800が劣る点⤵︎

  • スィーベル(首振り)非対応
  • VAパネル
  • Dolby Vision IQ非対応
  • 4K/120p/HDR非対応
  • 倍速表示非対応
  • ゲームモードが上位モデルより劣る
  • キャリブレーション非対応
  • Bluetooth連携
  • 省エネ性能・重量の悪化*
  • チューナー数・端子数が少ない
  • 2番組同時録画不可

*前モデルJX750と比較した場合

LX800とJX750の違いまとめ

\ JX750との違いまとめ /

項目JX750LX800
サイズ65v/58v/50v/40v75v/65v/55v/50v/43v
高画質化液晶ディスプレイ
VA方式
液晶ディスプレイ
VA方式
オートAI画質オートAI画質
ヘキサクロマドライブ プラスヘキサクロマドライブ プラス
ハイブリッドトーンマッピングハイブリッドトーンマッピング
AI HDRリマスターAI HDRリマスター
HDR10/HDR10+ ADAPTIVE
HLG/Dolby Vision/HLGフォト
HDR10/HDR10+ ADAPTIVE
HLG/Dolby Vision/HLGフォト
ダイナミックメタデータクリエーションダイナミックメタデータクリエーション
素材解像度検出 4Kファインリマスターエンジン素材解像度検出 4Kファインリマスターエンジン
クリアモーションクリアモーション
高音質化-ドルビーアトモス対応
20W20W
リモコンBluetooth非対応Bluetooth非対応
機能2画面表示2画面表示
-オートチャプター(録画)
HDMI=4HDMI=4
4K/60p/HDR対応4K/60p/HDR対応
-ゲームコントロールボード
-eARC対応
LX800とJX750の違い

\前モデルの情報はこちら♪ /

↑ 目次へ戻る

2022年パナソニック・ビエラ関連記事

2022年モデル・他社のテレビ記事

有機ELテレビ

液晶テレビ

Sponsored Link
パナソニック4K液晶ビエラ LX800レビュー記事用のオリジナルアイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
Click to Contents!!