4K液晶テレビ東芝レグザ Z730X ④総合評価と買い時を解説

z730x IC 4

 

TOSHIBA REGZA 液晶テレビ Z730Xシリーズの徹底評価。3回にわたり購入者目線からZ730Xの選択要素を評価してきました。

最後の4回目は、今までの総合評価と買い時を解説致します。

Click to Contents!!
Sponsored Links

4K液晶テレビ東芝レグザ Z730Xの総合評価と最適な購入者像

えだまめくん

皆さん、ここまでお付き合い頂きありがとうございます。最後に液晶テレビレグザZ730Xの総合評価と良い点、イマイチの点についてご意見下さい。最適な購入者像に関するお考えも聞かせて頂けると助かります。


評価項目
A氏1B子1C氏1
セールスポイント4.33.73.3
視聴環境・設置3.83.53.5
機能3.43.33.0
省エネ性能3.04.04.0
パネル寿命5.04.04.0
価格3.05.05.0
総合評価3.8
3.9
3.8
買い時液晶は嫌!候補ね!損は無いね

東芝レグザZ730Xこだわり派の評価

こだわり派

最新機能と装備を重視するのだ。

GOOD!!
  • 画質に「とことん」まではこだわっていない人
  • 有機ELテレビが買えない人には良い商品
BAD…
  • 有機ELテレビ一択だと比較外
  • 音質や機能はまあまあだが、液晶画質では買うに値しない商品
最適な購入者像
えだまめくん

液晶になると凄い差別だな・・・。

東芝レグザZ730Xリーズナブル派の評価

リーズナブル派

コストと機能のバランス重視よ。

GOOD!!
  • 同クラス液晶テレビではトップクラスの機能と質
  • REGZAは他社と比較して安価な販売価格で有利(割安感あれば買い)
BAD…
最適な購入者像
  • タイムシフトを駆使して過去録を視聴する人(家庭)
  • 液晶テレビにも最高水準の機能を求める人
えだまめくん

機能や画質、音質についてはトップクラスの評価。それでいてHisense傘下という悪評で市価は意外とリーズナブルなのが魅力ですね。

東芝レグザZ730Xコスト重視派の評価

コスト重視派

価格に対してお得感が重要だね。

GOOD!!
  • モリモリの機能なのに価格が安めなのがgood!
  • IPS液晶とタイムシフトは家族団らんのリビングに最適
BAD…
  • 消費電力が他社の同等品と比較して高めなのが不満
  • ドルビービジョンなど、細かい部分で若干の機能落ちがある
最適な購入者像
  • 同じ機能ならコスト重視でメーカー名などを気にしない人
  • 録画機能(タイムシフト)の良さを理解している人
えだまめくん

コスト重視でも機能的に我慢できる範囲は様々です。色々と我慢せずにフル装備を安く購入出来れば、ファミリー層にも負担は少なそうです。

4K液晶テレビ東芝レグザ Z730X の買い時は?

55型(インチ)東芝4K液晶レグザZ730Xの次期モデルであるZ740Xへのモデルチェンジまでの価格推移グラフ。
えだまめくん

上記のグラフは前モデル(Z720X)と時期を合致させて価格推移を比較したものです(55型)。
なお、2020年2月に次期モデルのZ740Xが発売されたので、このグラフが最終版となります。

初値から6ヶ月の動向を見て分かる通り、前機種Z720Xの価格推移を見事にトレース。

Z720Xの最安値は初値の59%あたりですが、約10ヶ月後に記録しています。

一方、Z730Xは5ヶ月経過時で初値比66%が最安値なので残り7%下げることが単純に期待できるのでしょうか?

もし、Z720X同様であれば13万円前半の価格帯となり、機能的、サイズ的にかなり魅力的な商品となりますね。

しかし、世の中そんなに甘くありません。その頃には新製品が出て、現在の機能も魅力に陰りが出ることは否めません。

あくまでも「最安値」での検証なので、現時点でも最安値レベルならどう対応するか考えましょう

では、65型についてはどんな状況なのか?

65型(インチ)東芝4K液晶レグザZ730Xの次期モデルであるZ740Xへのモデルチェンジまでの価格推移グラフ。
えだまめくん

65型については前機種にはバリエーションが無かったため、下位機種の前モデルM520Xを比較対象としました。

初値から6ヶ月で底値を記録し、その後は再び上昇し、8ヶ月後に次期モデルのZ740Xが発売されました。

液晶テレビ、特に65型の大型サイズを検討している人の多くが、PanasonicとSonyの同等製品との比較を行うはずです。

すると判明するのが、最安値レベルで4~5万円ほどZ730Xが安いこと。

PanasonicのGX855であればZ730Xよりも4ヶ月後に発売されているので理解出来ますが、SonyのX9500Gは同じ頃に発売されています。

また、Z730Xは65型のみVAパネルを採用し、この点でもSonyのX9500Gと同様。

その他細かく機能の相違点はあるものの、ほぼ同等スペックでこの価格差は大きいでしょう。

この先数か月間、価格PanasonicとSonyの価格が下がるのを待つか、Z730Xを購入するか、この辺りが検討に入る時期でしょうね。

但し、次期モデルのZ740Xも同じ内容をトレースするとは限りません。しかし、参考になる事実でもあります。

前機種Z720Xの負を背負うZ730X?

リーズナブル派

Z720Xで露呈したパネルの斑問題、Z730Xでも問題になってるみたいね。

えだまめくん

いやはや、Z730X発売当時は改善したと聞いていましたが、パネル製造工程の品質管理が悪いのかもしれません。現在ではLEDバックライトを各社採用してますから。REGZAだけって?

こだわり派

だからこそ、自分で発光できる有機ELテレビを選ぶべきなのだ。

コスト重視派

真っ白な画面なんてそう多くないだろ?ほとんどが色付映像なんだから、普段使用じゃ分からないし、細かいことを気にするなって感じ。

リーズナブル派

こういうことをも「コスパ」の一部として検討内容へ含めれば良い話。得をすると思う人は買います。しょせん液晶と割り切るのも大事ね。

4K液晶テレビ東芝レグザ Z730Xの買い時と注意点

えだまめくん

Z730Xは前機種のZ720Xの初値と比較して安く始まっているのは他の製品と同じ動向で、テレビの価格が下落傾向にある表れかもしれません。

リーズナブル派

それだけ大きな技術のゲームチェンジが無い証拠ね。新製品が出ても「マイナーチェンジ」っぽいもの。あっ!Z730Xも短命のZ720Xのマイナーチェンジだったわね。

えだまめくん

それでも一応「東芝液晶テレビのフラッグシップ機」です。少しは頑張って欲しいものですね。

コスト重視派

そんなに機能が変化していないなら、そりゃあ安いに越したことは無いよね。この位でテレビの機能は十分だよ。

こだわり派

忘れてはならぬ。有機ELテレビも安くなっているのだ。

えだまめくん

安めのスタート価格から始まったZ730X。買い時を探って行きましょう♪

リーズナブル派

あくまでも「リーズナブル」にね。ここは私の意見に従ってよ。

チェックポイント
  • 最安値を待つなら55型で約60%(13.5万円前後)、65型で55%(17万円前後)
  • 発売5ヶ月で70%を切っているので、同じレベルの提示があれば買いでも良い
  • Panasonic、Sonyよりも割安と思う内容で納得して購入すべし
コスト重視派

機能に大きな違いが無ければ「コスト優先」でOKだね。

リーズナブル派

ブランドイメージが悪いREGZAは、X930みたいに発売直後でも結構買い時が来るわ。Z730Xは販売店の提示タイミングを見逃さないで

えだまめくん

Z730Xも「買い時」に入っているといことで終結しましょう。問題点も含め、内容をここで熟知してから決めて行きましょう♪

 

良い買い物をして下さい♪

 

 

\この機種の最新モデル価格をチェック!!/

 

テレビに関するまとめ記事

z730x IC 4

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URL Copied!
Click to Contents!!
閉じる